「フューリー」のネタバレ!あらすじや最後ラスト結末は?見所も!

映画「フューリー」は、ブラッド・ピット主演、2014年のアメリカ映画です。
「フューリー」は、デヴィッド・エアー監督作品で、第2次世界大戦末期にナチスドイツ相手に戦車で戦いを挑む男たちの姿を描く戦争映画です。

そんな、映画「フューリー」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。

■ スタッフ
監督: デヴィッド・エアー
製作: ビル・ブロック、デヴィッド・エアー、イーサン・スミス、ジョン・レッシャー
製作総指揮 : ブラッド・ピット、サーシャ・シャピロ、アントン・レッシン、アレックス・オット、ベン・ウェイスブレン
脚本: デヴィッド・エアー
撮影: ローマン・ヴァシャノフ
音楽: スティーヴン・プライス

■ 主要キャスト
ドン:ブラッド・ピット
バイブル:シャイア・ラブーフ
ノーマン:ローガン・ラーマン
ゴルド:マイケル・ペーニャ
クーンアス:ジョン・バーンサル

「フューリー」あらすじ

「フューリー」のネタバレ!あらすじや最後ラスト結末は?見所も!

1945年4月、連合国の第2機甲師団第66機甲連隊に所属する、ドン(ブラッド・ピット)、砲手のバイブル(シャイア・ラブーフ)、装填手のクーンアス(ジョン・バーンサル)、操縦手のゴルド(マイケル・ペーニャ)。

彼らは、アメリカ製の戦車、M4A3E8シャーマンの「フューリー」号に乗り込み、ナチスドイツと戦っていました。

そして新しくフューリーに配属された新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)。
彼は銃すら撃った事の無い、まったくの新人兵でした。


そんな彼らに作戦が与えられます。
4両の戦車で出発した作戦でしたが、途中で3両が破壊され、残ったのはドン(ブラッド・ピット)率いるフューリーのみになってしまいます。

それでも、作戦を成功させるため、このフューリー1両で、敵ナチスドイツ軍と戦います。
はたして彼らの運命は?・・・

スポンサーリンク

「フューリー」ネタバレ、最後のラスト結末は?

「フューリー」のネタバレ!あらすじや最後ラスト結末は?見所も!

フューリー号は、なんとか目的地に到着する事ができます。
しかし、故障によって動かなくなってしまうのです。

そこに現れるのが、ナチスドイツの軍隊です。
ドン(ブラッド・ピット)は「俺はここで戦うから、お前らは逃げろ」と言います。

しかし、メンバーは全員残り、戦う事を決意します。
完全に負け戦と思われる状況でした。


隊員達は最後まで勇敢に戦いますが、結局ノーマン(ローガン・ラーマン)以外は戦死してしまいます・・・

ただひとり生き残ったノーマンは、フューリー号の脱出口から逃げます。
そしてフューリー号の真下の地面の窪みに身を隠すのです。
しかし、探索に来たナチスドイツ兵に見つかってしまいます。

万事休す・・・
と思いきや、そのナチスドイツ兵は、なんとノーマンを見逃してやるのです!


ナチスドイツの軍隊が去り、後から連合軍が来て、ノーマンは救助されます。
「お前はヒーローだ」と救助兵に言われて車に乗せられたところでTHE ENDです。

最後はボロボロになったフューリーのアップから、カメラが段々引いていくのですが、いろいろな思いを馳せる事が出来るエンディングで印象的でした。

スポンサーリンク

「フューリー」見所ポイント!

「フューリー」のネタバレ!あらすじや最後ラスト結末は?見所も!

映画フューリーの見所は、マニアにはたまらない戦車などのミリタリーなのでしょうが、そっちに興味の無い人は、新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)の変化でしょう。

敵を銃で撃つことすらできなかったノーマンですが、ナチスドイツ兵の残虐さに憎しみが芽生えていくのです。

映画の冒頭でドン(ブラッド・ピット)が「戦争は人間を残酷にする」と言っていたのを思い出しました・・・

最後の戦闘で、ドン(ブラッド・ピット)が「一人で戦うからお前たちは逃げろ」と言った時も、真っ先に残って戦うと言ったのはノーマンでした。


映画の中で終始タフで強いドン(ブラッド・ピット)が描かれていますが、映画の序盤でドンが誰にも見られないように隠れて苦悩の表情を浮かべるシーンがあります。

実はドン(ブラッド・ピット)も恐怖と戦っているのです。
弱い本当のドンの姿を序盤で見せておくことで、劇中のドンの心中を察する事が出来ます。
強い男を演じなければいけない立場なのです・・・


最初にクーンアス(ジョン・バーンサル)が倒れ、ゴルド(マイケル・ペーニャ)は戦車の中で爆発しそうな手榴弾に覆いかぶさり戦死、バイブル(シャイア・ラブーフ)も頭部に銃弾を浴びて・・・

ドン(ブラッド・ピット)も銃弾を多数受けていて息も絶え絶えです。
最後はノーマンを脱出口から逃がし、自分は爆弾によってやられてしまうのです。

絶望的な状況、戦争の悲惨さ、醜さ、この映画を安倍総理にも見せてやりたい・・・


唯一の救いは、敵であるドイツ兵が、ノーマンを発見しながらも、見逃した事ですね。
なぜかの理由は描かれていませんが、映画を見た方がそれぞれ感じればいいのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ記事


おすすめ記事