「凶悪」ネタバレ!あらすじや最後ラスト結末は?見所も!

映画「凶悪」は、山田孝之主演、白石和彌監督の2013年の日本映画です。
原作は、実際に起きた凶悪殺人事件「上申書殺人事件」をもとに書かれています。

そんな、映画「凶悪」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。

スポンサーリンク

■ スタッフ
監督: 白石和彌
製作総指揮: 由里敬三、藤岡修
製作:鳥羽乾二郎、十二村幹男、赤城聡、千葉善紀、永田芳弘、齋藤寛朗
脚本: 高橋泉、白石和彌
撮影: 今井孝博
音楽: 安川午朗

■ 主要キャスト
藤井修一:山田孝之
須藤純次:ピエール瀧
木村孝雄:リリー・フランキー
藤井洋子:池脇千鶴
五十嵐邦之:小林且弥
日野佳政:斉藤悠
佐々木賢一:米村亮太朗
牛場悟:ジジ・ぶぅ
福森孝:九十九一
牛場恵美子:原扶貴子

「凶悪」あらすじ

「凶悪」あらすじ

ある日、藤井修一(山田孝之)が勤める出版社に、収監中の死刑囚・須藤純次(ピエール瀧)から手紙が届きます。

手紙を受け取ったスクープ誌[明朝24]の上司から、話を聞いて来い、と命じられ、あまり気乗りもせずに会いに行った藤井(山田孝之)に、自身の裁判でも明るみにならなかった余罪3件の殺人事件と、その首謀者である男の存在を吐き出す須藤(ピエール瀧)。

ただその記憶はあいまいで、その首謀者の事も『先生』と呼んでいたという事しか覚えておらず、藤井(山田孝之)も須藤(ピエール瀧)の話を頭から信じる気にはなれません。

しかし取材を進めていくうち、須藤(ピエール瀧)の話の信憑性に気付き『先生』と呼ばれていた男が、不動産ブローカーの木村孝雄(リリー・フランキー)だと突き止めると、一気に事件の真相解明にのめり込んでいきます。

隠された殺人事件をただ一人の記者が突き詰めていく、ホラーでもないのに心臓がヒヤリと冷たくなる物語の始まりです。

「凶悪」ネタバレ、最後のラスト結末は?

「凶悪」ネタバレ、最後のラスト結末は?

木村(リリー・フランキー)にとって、金を貸した相手を絞殺したのが第一の殺人でした。
全体重かけて首を絞めたくせに、死んでしまった被害者を見てうろたえた木村(リリー・フランキー)が助けを求めたのが須藤(ピエール瀧)でした。

須藤(ピエール瀧)と木村(リリー・フランキー)は土建業者の森田(外波山文明)に連絡し、彼の会社の焼却炉で殺してしまった被害者を燃やし、証拠隠滅を図ったのでした。

更にその後、空地の持ち主を埋めた、という須藤(ピエール瀧)のおぼろげな記憶を頼りに取材を始めた藤井(山田孝之)は、その土地の登記簿を調べた事で木村(リリー・フランキー)の名に辿り着きます。

近所に聞き込みを掛けたところ、しばらく放置されていた土地に一時期重機が入っていたことが分かり、本当に人を埋めたと確信した藤井(山田孝之)が次に訪ねたのは森田(外波山文明)の家でした。

しかし彼は、資材の下敷きになった事で寝たきりの上話が出来るような状況ではありません。
事故なのか?と問う藤井(山田孝之)に対し、森田(外波山文明)の妻はそっと目を反らす現状…。


木村(リリー・フランキー)の三番目の殺人もまた、身勝手な物でありました。
彼は借金を抱えた店の主人・牛場(ジジ・ぶぅ)の家族に目をつけ、彼を殺して保険金をだまし取ろうと画策するのです。

多額の借金に疲弊した家族は、木村(リリー・フランキー)の提案をのみ牛場(ジジ・ぶぅ)を彼に預けます。
借金返済のために仕事を用意してくれる、家族からそう木村(リリー・フランキー)を紹介された牛場(ジジ・ぶぅ)は感謝しながら頭を下げるのでした。

その夜。
牛場を歓迎する会、と称して木村(リリー・フランキー)達は彼に大量の酒を呑ませます。
持病を抱える牛場(ジジ・ぶぅ)にとって飲酒は命を縮める行為に他なりません。

最初のうちは気持ちよく飲んでいた牛場でしたが、次第に苦痛を訴え始めます。
ここに至って家族に売られた事を知る牛場(ジジ・ぶぅ)。

保険金の為回りくどい殺し方をしなくてはならずストレスを溜めていた須藤(ピエール瀧)の元に、彼が服役していたころ知り合った別の組のヤクザ・佐々木賢一(米村亮太朗)がやってきます。

佐々木(米村亮太朗)を可愛がっていた須藤(ピエール瀧)は、彼が自分の組でないがしろにされているという訴えを聞いて、彼の組に乗り込む気満々です。

しかし腰が引けている佐々木(米村亮太朗)は組との和解を伝え須藤(ピエール瀧)を止めようとしますが、頑なまでに仲間想いな彼は耳を貸そうとしません。

うろたえる佐々木(米村亮太朗)を家に残し、舎弟の五十嵐邦之(小林且弥)を伴って奇襲をかけるのです。

正面から堂々と殴り込み行った須藤(ピエール瀧)でしたが、殴りつけた相手の言葉と佐々木(米村亮太朗)の言葉が噛み合いません。

出所後に支払うと言われていた金を出し渋られだけでなく、反対に金を要求されたと嘆いていた佐々木(米村亮太朗)の言葉は嘘だったのです。

騙されていたことに気付いた須藤(ピエール瀧)は怒り狂いながら家に戻りますが、そこに佐々木(米村亮太朗)の姿はありません。

牛場(ジジ・ぶぅ)の見張りを兼ねて酒を飲ませ続けろと命じられていた日野佳政(斉藤悠)が居眠りをしていた為、佐々木(米村亮太朗)は逃げ出していたのです。

怒り狂った須藤(ピエール瀧)は町中を駆け回り佐々木(米村亮太朗)を見付け、橋の上から冬の海に突き落として殺してしまったのでした。

スポンサーリンク

家族の元に帰りたいと訴える牛場(ジジ・ぶぅ)でしたが、電話で確認を取る木村(リリー・フランキー)に家族は受け入れを拒否します。
そして今度こそ、本当の地獄が始まるのでした。

死にたくないと繰り返す牛場(ジジ・ぶぅ)に無理やり酒を呑ませながら笑い転げる須藤(ピエール瀧)と木村(リリー・フランキー)。

感電させて震える牛馬(ジジ・ぶぅ)の姿に大笑いし、アルコール度数95度のスピリタスを一気飲みさせる木村(リリー・フランキー)の姿は本当に楽しそうで、まさに生き地獄と言った様相でした。

壮絶な死を遂げた牛場(ジジ・ぶぅ)の遺体は、行き倒れたかのように見せかけて林の中に放置されます。

遺体の角度を指示する木村(リリー・フランキー)達を見ながら、須藤(ピエール瀧)から佐々木(米村亮太朗)を逃がした罰を科すことを宣言された日野(斉藤悠)。
血相を変えて逃げ出した日野(斉藤悠)でしたが、須藤(ピエール瀧)に見付かり火をかけて殺されてしまったのでした。


この事件により指名手配された須藤(ピエール瀧)と五十嵐(小林且弥)でしたが、木村(リリー・フランキー)から、五十嵐(小林且弥)が自分を裏切って一人で逃げようとしている、と聞かされた須藤(ピエール瀧)は、一番可愛がっていた五十嵐(小林且弥)ですら殺してしまいます。

逃げきれないと観念した須藤(ピエール瀧)に木村(リリー・フランキー)は、彼の身内の面倒は自分が引き受けると約束して見送るのでした。

しかし、五十嵐(小林且弥)の裏切りは木村(リリー・フランキー)の嘘だったのです。
そればかりか、須藤(ピエール瀧)家族の面倒も全く気にかけていません。

須藤(ピエール瀧)は、自分だけが堕ちて行くのではなく木村(リリー・フランキー)も巻き込んでやりたい、その復讐心から告白したのでした。


のめり込むようにして事件の真相を調べ上げていく藤井(山田孝之)ですが、家では認知症を発症した自分の母親を妻・洋子(池脇千鶴)一人に押し付けています。
母親が洋子(池脇千鶴)に手を上げる姿を見ても、目の前の問題に向き合おうとせず仕事に逃げていたのです。

そうやって問題をすり替えるようにして事件に熱くなっていった藤井(山田孝之)は、木村(リリー・フランキー)の家に押しかけ、不法侵入により警察に拘束されてしまったのでした。

それをきっかけに、駆けつけた上司と共に資料を警察に提出し、再捜査を訴えかける藤井(山田孝之)。
済んでしまった事件についての捜査、という事であまり乗り気でない警察でしたが、藤井(山田孝之)の書いた記事が出るや否や事件は世間を大きく騒がし、遂に木村(リリー・フランキー)も逮捕されたのでした。


木村(リリー・フランキー)が逮捕された事に加え、自分の告白を聞いて動いてくれた藤井(山田孝之)の存在や、拘置所を訪れる牧師との出会いにより、見違えるように穏やかになっていく須藤(ピエール瀧)。
最近では俳句を覚え、心静かに過ごしているようです。

その姿を見詰める藤井(山田孝之)の表情は、最初の頃と全く違う印象になっているのでした。


そんな最中に始まった木村(リリー・フランキー)の裁判。

須藤(ピエール瀧)に続き証言台に立った藤井(山田孝之)は、自分の意見陳述が終わり退席する際、急に足を止めます。
そして声高に須藤(ピエール瀧)を糾弾するのです。

『穏やかになんか過ごすな!』そう叫ぶ藤井(山田孝之)の姿には、大した理由もなく簡単に殺されていった幾人もの被害者の無念が覆いかぶさってくるようでした。

「凶悪」見所ポイント!

「凶悪」見所ポイント!

予想していた通り、いえそれ以上の鋭さを持って、鑑賞中は肌がピリピリするような緊張感が最初から最後まで続く恐ろしい作品でした。

その恐さを作り上げた大黒柱は、山田孝之と言う若手俳優きっての演技者、カメレオン俳優の存在がともすれば霞んで見えるほどのキャラクター像を作り上げたリリー・フランキーさんだったように思います。

とにかく怖い。
笑っているのに怖い。
腹の底から笑いながら、死にたくない、と繰り返す被害者に子供のような無邪気さで高度数の酒を流し込む様など、普通の顔して行動が異常な光景と言うのはこれほどまでに恐ろしい事かと、まざまざと見せつけられたような気さえします。

この年のリリーさんは【凶悪】と【そして父になる】も公開になりましたが、その振り幅の大きさに改めて感服する思いです。

残虐性と身内びいきな優しさの二面性の苛烈な差異を上手く体現したピエール瀧さんといい、本職が俳優でない俳優さんの底力に触れられる作品でした。

また一番長く嬲られるシーンがあった牛場ですが、演じられたジジ・ぶぅさんを失礼ながら存じ上げなかったので、余計に臨場感があり芯が冷えます。

これはドキュメンタリーなのか?というくらいの生々しさに目を背けたくなるシーンが続きました。


藤井の家も現代の闇・介護問題を抱えていたりと、どこにも気持ちの逃げ場のない作品です。
笑えるシーンなど皆無です。

出演者の皆さんも、わずか三週間で撮り終えられた作品にもかかわらず、とにかく辛かったと口を揃えます。

キャラクターの心情変化の表し方や、水を4リットル近く飲み続けるような肉体的苦労もある上に、題材が題材ですから心理負担もさぞ大きかっただろうと思います。

実際ピエール瀧さんは、間接的とはいえ死刑囚や遺族との関係を持つのが嫌だったけれど、リリーさんに道連れにされた事を打ち明けています。

この作品は2013年12月にはアメリカのロサンゼルスで開催されたLA EigaFest2013に招待作品として上映されたそうです。

猟奇的事件や残虐映画に事欠かないアメリカで、日本の冷たい緊張感とまとわりつくような恐怖がどのような反応えたのかが気になりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ記事


おすすめ記事