リプレイスメントキラーのネタバレ!あらすじ最後ラスト結末と見所!

映画「リプレイスメントキラー」は、 1998年のチョウ・ユンファ主演、アントワーン・フークア監督のアメリカ映画です。
チョウ・ユンファは、この映画でハリウッドデビューを果たしました。

そんな、映画「リプレイスメントキラー」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。

■ スタッフ
監督: アントワーン・フークア
製作:ブラッド・グレイ、バーリン・ブリスタイン
製作総指揮:ジョン・ウー、テレンス・チャン、クリストファー・ゴドシック、マシュー・ベアー
脚本: ケン・サンゼル
撮影: ピーター・ライオンズ・コリスター
音楽: ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

■ 主要キャスト
ジョン・リー:チョウ・ユンファ
メグ・コバーン:ミラ・ソルヴィノ
スタン・ジーコフ:マイケル・ルーカー
テレンス・ウェイ:ケネス・ツァン
マイケル・コーガン:ユルゲン・プロホノフ
リカー:ティル・シュヴァイガー
コリンズ:ダニー・トレホ
ロコ:クリフトン・コリンズ・Jr

スポンサーリンク

「リプレイスメントキラー」あらすじ

「リプレイスメントキラー」あらすじ

ジョン・リー(チョウ・ユンファ)は、凄腕の殺し屋です。
しかし、実はチャイニーズ・マフィアのボス、テレンス・ウェイ(ケネス・ツァン)に家族を狙われ、しかたなく仕事をしています。

ある日、ボス、テレンス・ウェイ(ケネス・ツァン)の息子が取引中に、ジーコフ刑事(マイケル・ルーカー)に現場を押さえられ逃亡の末、射殺されてしまいます。

ジーコフ刑事に復讐するために、テレンス・ウェイ(ケネス・ツァン)は、ジョン・リー(チョウ・ユンファ)に仕事を依頼します。

自分と同じように息子を亡くす悲しみを味わらせるため、ジーコフ刑事の息子を狙うように指示するのです。

しかし、ジョン・リー(チョウ・ユンファ)は、すんでの所で、思い留まります。
彼には子供を撃つ事が出来なかったのです・・・

今度は裏切者として、命を狙われる事になってしまったジョン・リー(チョウ・ユンファ)
果たして家族を守れるのか?・・・
組織との対決はいかに?・・・

「リプレイスメントキラー」ネタバレ、最後のラスト結末は?

「リプレイスメントキラー」ネタバレ、最後のラスト結末

ジーコフ刑事(マイケル・ルーカー)の息子を撃つことが出来なかったジョン・リー(チョウ・ユンファ)は、裏切者として狙われることを確信します。

家族を守らなければならない・・・
心を許せる友人アランに中国にいる母と妹を安全な場所に逃がしてもらえるように頼みます。

そして自分もすぐに中国に行くために偽造のパスポートを作りに行くのでした。


その偽造パスポート屋のメグ・コバーン(ミラ・ソルヴィノ)の事務所では、ボス、テレンス・ウェイの手下、マイケル・コーガン(ユルゲン・プロホノフ)が襲撃してきます。

何とか逃げるジョン・リー(チョウ・ユンファ)とメグ・コバーン(ミラ・ソルヴィノ)
逃げる途中でメグ・コバーンは、警察に捕まってしまいます。

取り調べはジーコフ刑事でした。
ジョン・リー(チョウ・ユンファ)について聞かれますが、彼女は何も話さず釈放されます。

ジーコフ刑事がメグ・コバーンを泳がせることにしたのです。


メチャメチャになった事務所に、逃げる支度に戻ったメグ・コバーン。
そこにはジョン・リー(チョウ・ユンファ)がいました。

「パスポートが欲しい」
半ば脅されながらも、ジョン・リー(チョウ・ユンファ)と行動を共にするメグ・コバーン。

銃器ブローカーのエディの所へ向かいますが、そこにはエディの死体とマイケル・コーガン(ユルゲン・プロホノフ)達が・・・

激しい銃撃戦に突入です。
洗車場での戦いを制し、再びメグ・コバーンと逃亡するのでした。

スポンサーリンク

その頃、警察ではメグ・コバーンの事務所から押収したパソコンから、ジョン・リー(チョウ・ユンファ)の顔写真を復元していました。
ジーコフ刑事もジョン・リー(チョウ・ユンファ)を追い始めるのです。

そしてテレンス・ウェイも新たな刺客を二人呼んでいました。


逃亡中にジョン・リー(チョウ・ユンファ)の素性を知り、味方になっていくメグ・コバーン。
いつの間にか相棒のような間柄になっていきます。

ふたりはパスポートに使う写真を撮りにゲームセンターへ向かいますが、そこにもボス、テレンス・ウェイの手が・・・

新しい二人の刺客が襲い掛かります。
ここでまた激しいガンアクションです。

かろうじて逃げ延びるジョン・リー(チョウ・ユンファ)とメグ・コバーンなのでした。


母と妹を逃がしてくれたアランの家を訪れたジョン・リー(チョウ・ユンファ)とメグ・コバーン(ミラ・ソルヴィノ)
しかし、そこには行き絶え絶えになったアランが倒れていました。

怒りに燃えるジョン・リー(チョウ・ユンファ)でしたが、偽造パスポートを完成させ、中国に渡る事を優先します。
ジーコフ刑事の息子は殺されてしまうでしょう。

葛藤の末、ジョン・リー(チョウ・ユンファ)は、ジーコフ刑事の息子を助け、組織と対決する決断をします。
武器はメグ・コバーン(ミラ・ソルヴィノ)の知り合いのギャングのリーダーから奪いました。


その頃、ジーコフ刑事は息子と映画館にいました。
そこにはマフィアの手下たちも・・・

その情報を知ったジョン・リー(チョウ・ユンファ)とメグ・コバーン(ミラ・ソルヴィノ)は、ふたりを助けに向かいます。

再び映画館で激しい銃撃戦になります。
ギリギリのところで、ジーコフ親子を救ったジョン・リー(チョウ・ユンファ)。

刺客のひとりを倒し、ここで初めてジーコフ刑事とジョン・リー(チョウ・ユンファ)は互いに顔を見合うのです。
そこで、自分と息子はあの二人に助けられたと確信したジーコフ刑事は、本当の敵は他にいると悟ります。

スポンサーリンク

ジョン・リー(チョウ・ユンファ)はボスを倒しに向かいます。
ボスはジーコフ刑事にも真実がバレた事を知り、海外に逃亡しようと車に乗ります。

扉を開けたその時に、そこに立っていたのは、ジョン・リー(チョウ・ユンファ)でした。
ジョン・リー(チョウ・ユンファ)の2丁拳銃が火を噴きます。

バタバタと倒れていくマフィア達。
間一髪の所もありましたが、メグ・コバーン(ミラ・ソルヴィノ)がトラックで突っ込み援護します。

銃撃戦の終盤、メグ・コバーン(ミラ・ソルヴィノ)がマイケル・コーガン(ユルゲン・プロホノフ)を倒し、ジョン・リー(チョウ・ユンファ)が刺客とボス、テレンス・ウェイ(ケネス・ツァン)を倒して終了です。

すべて終わった後にジーコフ刑事がやってきます(あんた遅すぎ)
階段でついにジョン・リー(チョウ・ユンファ)とジーコフ刑事が銃を構えあって対峙します。

しかし、ジーコフ刑事はジョン・リー(チョウ・ユンファ)を逃がすのでした。


映画のラストは空港です。
ジョン・リー(チョウ・ユンファ)とメグ・コバーン(ミラ・ソルヴィノ)が別れの会話を交わします。

人込みに紛れていくジョン・リー(チョウ・ユンファ)
振り返りサングラスをかけて微笑みます。

次の瞬間、ジョン・リー(チョウ・ユンファ)は忽然と姿を消していました。

「リプレイスメントキラー」見所ポイント!

「リプレイスメントキラー」見所

しょっぱなから、チョウ・ユンファのガンアクションが見られます。
相変わらずの2丁拳銃です。

あのチョウ・ユンファの出世作「男たちの挽歌」を思い出します。
よくよくキャストを見れば、製作総指揮に「ジョン・ウー」の名前が・・・
納得しました。

しかも嬉しい事にガンアクションは「男たちの挽歌」よりもあって、かっちょいいチョウ・ユンファがたっぷりと見れます。
サングラスも決まってます。

チョウ・ユンファのファン、必見の映画です!


迷惑な客から、ヤバイ客、そしてだんだん親密になっていくジョン・リー(チョウ・ユンファ)とメグ・コバーン(ミラ・ソルヴィノ)ですが、チョウ・ユンファ映画の王道どおり?男女の仲には最後までなりません。

そこがまたいいんですよね。
チョウ・ユンファは・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ記事


おすすめ記事