ミッションインポッシブル ローグネイションのネタバレ!あらすじ

映画「ミッションインポッシブル ローグネイション」は、トム・クルーズ主演、2015年のアメリカ映画です。

「ミッションインポッシブル ローグネイション」は、クリストファー・マッカリー監督作品で、ミッション:インポッシブルシリーズの5作目にあたります。

そんな、映画「ミッションインポッシブル ローグネイション」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。

■ スタッフ
監督: クリストファー・マッカリー
製作総指揮 : ジェイク・マイヤーズ
脚本: クリストファー・マッカリー
撮影: ロバート・エルスウィット
音楽: ジョー・クレイマー

■ 主要キャスト
イーサン・ハント:トム・クルーズ
ウィリアム・ブラント:ジェレミー・レナー
ベンジー・ダン:サイモン・ペグ
イルサ・ファウスト:レベッカ・ファーガソン
ルーサー・スティッケル:ヴィング・レイムス
ソロモン・レーン:ショーン・ハリス
アトリー:サイモン・マクバーニー
アラン・ハンリー:アレック・ボールドウィン

「ミッションインポッシブル ローグネイション」あらすじ

ミッションインポッシブル ローグネイションのネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所

イーサン(トム・クルーズ)は指令を受けるためにIMFのロンドン支部を訪れますが、そこで敵の罠にかかってしまいます。

拘束されたイーサンは、正体不明の女イルサ(レベッカ・ファーガソン)によって逃がされ命を救われます。
その後、その組織が謎のシンジケートであることも掴みました。

その頃、CIA長官アラン・ハンリー(アレック・ボールドウィン)によって、IMFは政府から解体を命じられてしまいます。

しかも、過去に数々の騒動に関わっていたイーサンは、CIAによる国際手配を受けて追われる身になってしまいます。

イーサンはCIAから身を隠しながら、独自に「シンジケート」を追い続けます。
かつての仲間、ベンジー(サイモン・ペグ)、ウィリアム(ジェレミー・レナー)、ルーサー(ヴィング・レイムス)の手を借りて、シンジケートの中心人物であるソロモン・レーン(ショーン・ハリス)を追います。

数々のミッションをクリアして、イーサンは、レーンを倒す事ができるのか?
シンジケートの目的は?
ルイサの正体は?
黒幕は?・・・

スポンサーリンク

「ミッションインポッシブル ローグネイション」ネタバレ、最後のラスト結末は?

ミッションインポッシブル ローグネイションのネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所

このシンジケートの黒幕はMI6長官のアトリー(サイモン・マクバーニー)でした。

イギリス首相からはストップがかかっていた、シンジケート(死んだと思われている各国のスパイ達を集めて組織にする)をアトリーが独断で進めていたのです。

その途中で、レーンが裏切り、単独行動するようになってしまったので、その尻ぬぐいの為に密かにルイサに潜入捜査をさせていたのです。
つまり、シンジケートとMi6の長官との癒着でした。

ルイサもイーサンを助けつつ、自分のミッションもこなさなきゃいけない立場で、板挟みだったわけです。

最初にイーサンが捕らわれた時も逃がし、水中デジタル金庫でイーサンが溺れたときもルイサが助けました。しかし、重要機密のメモリーはアトリーに渡さなければいけませんからね。

最終的にはイーサンを裏切ってメモリーを手に入れる事になります。
でもベンジーはしっかりとコピーを取っていました。


しかし、このメモリーを開くにはイギリス首相の瞳孔、指紋、声が必要でした。
ベンジーが人質として捕らわれ、イーサン達がメモリーを開くべく、イギリス首相の拉致へと向かいます。

ココでイーサンお得意の変装トリックが登場。
ついにMI6長官のアトリーの陰謀が、イギリス首相の前で暴かれます。

メモリーの内容は莫大な資金のありかでした。
シンジケートが十数年は活動していける額です・・・


最後のメモリーを巡る戦いでは、ベンジーを人質に取られながらも、メモリーの内容をすべてイーサンが記憶し、そのメモリーは壊してしまうという勝負に出ました。

イーサンが死ねば、メモリーの内容は知る事が出来ない・・・

そしてイーサンとレーンの一騎打ちです。
レーンの圧倒的有利に進んでいましたが、これもイーサンの作戦だったのでしょうか、見事レーンを防弾ガラスケースの中に誘いこみ、閉じ込めて決着です。

最後はイーサンが映画の序盤でやられたように、ガスを充満させてレーンを倒しました。


ミッションインポッシブル ローグネイションの最後のラストは、舞台がアメリカ政府委員会に戻ります。

アラン・ハンリー(アレック・ボールドウィン)が委員会にIMFの復活を提案します。
その横にはウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)です。

イギリス首相を助け、MI6長官のアトリーの陰謀も暴いた手柄をアラン・ハンリーに譲りましたからね。

最後はブラント(ジェレミー・レナー)がアラン・ハンリー(アレック・ボールドウィン)に「ようこそIMFへ」と話し、新IMF長官にアラン・ハンリーがなるだろうと予測させてTHE ENDです。

スポンサーリンク

「ミッションインポッシブル ローグネイション」見所ポイント!

ミッションインポッシブル ローグネイションのネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所

個人的にシリーズでは、今回のローグネイションが一番面白かったですね。

そもそもこのシリーズは1作ごとにテイストが違う事が魅力の一つです。
「1」では東欧を舞台とした疑心暗鬼のスパイ劇、
「2」ではヒッチコックの「汚名」をアクションとしてリメイクしたラブストーリーもの、
「3」では再びチームミッションに標準を合わせた男と男の復讐劇、
「4」は趣向を凝らしたミッションが見どころのバランスの良いアクション映画。
そして今回の「5」なんですが、今までの良いところを全て詰め込んだかのようなバランス感覚が素晴らしい作品と言えます。

映画の冒頭からパワー全開でした。

飛行機のシーン、オペラ座のシーン、水中のシーン・・・
たまにクスッと笑える小ネタも、アクションの間でバランスが良かったです。

シンジケート内部に潜入している英国諜報員イルサ(レベッカ・ファーガソン)の思惑が最後までわからないところが非常にスリリングでした。


アクションも特筆でした。
特にアクション映画のお約束?のカーチェイス。
ともすればマンネリな時間帯になってしまうのですが、このチェイスは凄かった!
カメラワークが素晴らしいからでしょう、圧倒されます。

後半のバイクチェイスに至っては、久しぶりに手に汗握りました(笑)
ベストチェイスの5本に間違いなく入ります。


劇中、イルサ(レベッカ・ファーガソン)がイーサンに何もかも捨てて一緒に逃げようと誘う、駆け引きのシーンがあります。
でもミッションインポッシブルファンはイーサンが絶対に行かないと思ったでしょう。

だってイーサンにはジュリアという愛する奥さんがいますから・・・


また今作はベンジー(サイモン・ペグ)が大活躍でした。
この人、これから出演作が増えると思いますよ。きっと。

そして、まだこのミッションインポッシブルシリーズは続きそうです・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ記事


おすすめ記事