「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」ネタバレ!あらすじ最後のラスト結末!

映画「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」は、マシュー・マコノヒー主演、ブレック・アイズナー監督の2005年のアメリカ映画です。

原作はクライブ・カッスラーの小説『ダーク・ピット』シリーズの『死のサハラを脱出せよ!』です。

そんな、映画「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。

■ スタッフ
監督: ブレック・アイズナー
製作:メイス・ニューフェルド
製作総指揮:ヴィッキー・ディー・ロック
脚本: トーマス・ディーン・ドネリー他
撮影: シェイマス・マクガーヴェイ
音楽: クリント・マンセル

■ 主要キャスト
ダーク・ピット:マシュー・マコノヒー
アル・ジョルディーノ:スティーヴ・ザーン
エヴァ・ロハス:ペネロペ・クルス
ジェームズ・サンデッカー提督:ウィリアム・H・メイシー
ルディ・ガン:レイン・ウィルソン
カール:デルロイ・リンドー
イヴ・マサード:ランベール・ウィルソン
ザテッド・カジーム将軍:レニー・ジェームズ
フランク・ホッパー博士:グリン・ターマン

スポンサーリンク


「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」あらすじ

「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」あらすじ

国家海洋水中機関、通称NUMAで働くダーク(マシュー・マコノヒー)は、元海軍特殊部隊員。

しかし海底に沈む過去の遺物を引き上げる楽しみを知った彼は職を変え、海に潜る毎日を送っているのです。

そんな彼が追い続ける遺物・・・
それは南北戦争末期の1865年に姿を消した装甲艦テキサス。

提督(ウィリアム・H・メイシー)には聞き飽きたと相手にして貰えない幻の艦ですが、あるとき遂にその装甲艦に繋がる金貨を手に入れたダーク(マシュー・マコノヒー)。

彼は金貨を発見した人物を訪ねる為、提督(ウィリアム・H・メイシー)から三日間の猶予を貰いました。

そこに、謎の疫病の発生源を探すWHOの職員エヴァ(ペネロペ・クルス)が加わって、彼らの命をかけた砂漠の旅が始まるのです。

果たしてダーク(マシュー・マコノヒー)は装甲艦を見つけ、無事帰還することができるのでしょうか―――?

「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」ネタバレ、最後のラスト結末は?

「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」ネタバレ、最後のラスト結末

ナイジェリアのラゴスで、フランク博士(グリン・ターマン)と共に病人を見て回っていたエヴァ(ペネロペ・クルス)は、濁った目で痛みを訴える患者が続く事に疫病の蔓延を危惧しています。

患者たちが皆マリという国に行っていた事を聞いた彼女は、病の発生源を探りに行きたいと言い出しました。

ところがそんな彼女を尾行しているターバンの男が・・・。

彼女は男により襲われ、ナイフで殺されそうになってしまいます。
そこに駆けつけたのがダーク(マシュー・マコノヒー)でした。

彼はあっという間に彼女を助けると、自分の所属するNUMAの船に気を失ったエヴァ(ペネロペ・クルス)を連れて行きます。


エヴァ(ペネロペ・クルス)が目覚めた時、ちょうど彼は海底からバティーン王の棺と一緒に引き上げられていました。

そしてそのまま、その夜のパーティーにと誘われたエヴァ(ペネロペ・クルス)。

フランク(グリン・ターマン)と一緒に参加した彼女は、事情を話していた提督(ウィリアム・Hメイシー)からイヴ(ランベール・ウィルソン)という実業家を紹介されます。

アフリカで事業を展開している彼がマリでもビジネスを行っているからです。

何とかしてマリに行けないかと頼み込むエヴァ(ペネロペ・クルス)ですが、イヴ(ランベル・ウィルソン)からは穏やかな表情で言外にその願いを断られてしまいました。

軍閥に支配されているマリは、大統領を暗殺してトップに立ったカジーム将軍(レニー・ジェームズ)による独裁政治が続き、それでも支配しきれない部分はもう無法地帯のため、外国人が行くには非常に危険だというのです。


エヴァ(ペネロペ・クルス)が会場を後にした直後、外に出ていたダーク(マシュー・マコノヒー)が駆け込んできます。
彼は独自のルートで、南北戦争時代に消息を絶った装甲艦テキサスに繋がる金貨を持ってきたのです。

それは南部連合軍が発行した金貨。当時の南部は造幣局を破壊され金貨の製造など出来たはずがない―――
それが一般常識でした。

しかし本当は大統領が作った金貨が五枚だけ存在した・・・

ダーク(マシュー・マコノヒー)は、その金貨の一枚を当時のテキサス艦長が貰い受けていたと話し、金貨が見つかったというマリのラベザンカへ行きたいと提督(ウィリアム・H・メイシー)に訴えます。

アフリカに来る度テキサスの話ばかりする彼にやや食傷気味だった提督(ウィリアム・H・メイシー)ですが、証拠とも行ける金貨を見せられては強く拒否もできません。

私艇のカリオペ号を貸し出しテキサスが通ったとされるニジェール川への捜索を許可したのです。

スポンサーリンク

ただし、本来は明日にはここを立つ予定だった彼ら。
ダーク(マシュー・マコノヒー)に与えられたのはたったの72時間しかありません。

翌日、準備を整えた彼は親友のアル(アウティーヴ・ザーン)と同僚のルディ(レイン・ウィルソン)と共に、カリオペ号を停泊している河川へとやってきました。

するとそこにはエヴァ(ペネロペ・クルス)とフランク(グリン・ターマン)の姿が・・・。

提督(ウィリアム・H・メイシー)から誘いを受けた彼らも同行する事になっていたのです。

五人でマリのラベザンカに到着した一行。
ここからは病気の発生源だと考えるアッセラーまで車で移動するエヴァ(ペネロペ・クルス)達と別行動です。

車に乗り込む彼女に、戻ってからの約束を取り付けるダーク(マシュー・マコノヒー)。
二人は笑顔で再会を約束したのでした。


ダーク(マシュー・マコノヒー)達は、金貨を見つけたという人物を探しますが彼は亡くなっており、手掛かりを失ってしまいます。

そこで彼は町の長老を訪ね、140年前の1865年、嵐により川の水位が増したその時にやってきた船について教えて欲しいと頼みに行きます。

大量の巻物が保管された部屋で長老は、当時の記録を見つけてくれました。

嵐の六日後、帆のない黒い船が星の旗を掲げてやってきた、と記録されたその巻物には、病を運んだその船を死の船として伝え書かれています。

それを聞いたダーク(マシュー・マコノヒー)は、その病が蔓延し大勢の人がなくなったというガオを目指す、とアル(アウティーヴ・ザーン)達に宣言。
そのまま川を上り始めます。


ソナーを引きずりながら船を進めていると反応が・・・
引き揚げたそれには赤藻がついていました。

淡水の革のはずなのにおかしい、と辺りを見回すダーク(マシュー・マコノヒー)。

川に船を浮かべ、赤藻の標本を作っていたダーク(マシュー・マコノヒー)達に、一艘のボートが近付いてきます。

マリの民間監視局と名乗りながら近付くそのボートは、ダーク(マシュー・マコノヒー)達がマリの領域を侵犯していると忠告に来たのです。

そして医者はどこだ、女を探している、と吠えたてます。

その声はたまたま電話をかけてきていた提督(ウィリアム・H・メイシー)の耳にも届いていました。

隙を見て軍人たちのボートをひっくり返し急発進したダーク(マシュー・マコノヒー)達ですが、しかし敵はその一艘だけではありません。
ボートだけでなく陸からもトラックに乗って銃撃してくる軍人たちに抵抗するダーク(マシュー・マコノヒー)達ですが、如何せん武器の数が全く違います。

撃ち込み続ける彼らを相手に逃げ切る方法としてダーク(マシュー・マコノヒー)が選択したのが、作戦名「パナマ」。

それは相手をも巻き込む形でボートを爆発させる半自爆作戦とも言えるものでしたが、ボートにある材料で準備を整えた彼らは、次々に川に飛び込んで身の安全を図りながら、ボートを真っすぐ敵に突っ込ませる事で作戦を成功させたのでした。

電話が繋がったままの提督(ウィリアム・H・メイシー)に、彼のボートが爆発する音を聞かせながら・・・。


岸にたどり着いた三人は、ここで道を分ける事にします。

ルディ(レイン・ウィルソン)を提督(ウィリアム・H・メイシー)への報告にと帰し、ダーク(マシュー・マコノヒー)とアル(アウティーヴ・バーン)はアッセラーに向かう事にしたのです。

銃を持って執拗に追い掛けてくる軍人達がエヴァ(ペネロペ・クルス)を探していた事に危機感を募らせる二人。

らくだを調達してくると、ターバンを巻いて先を急ぐのでした。


その頃のエヴァ(ペネロペ・クルス)達。
病気で亡くなった多くの遺体を埋葬した翌朝、彼女達は井戸水の採取に取り掛かります。

最近になって埋められたらしい井戸・・・
やはり疫病の発生源は水なのか―――

その疑念を確かめるため井戸に降りていくエヴァ(ペネロペ・クルス)。

井戸の底を掘り返し水を採取する彼女ですが、急に外から銃撃の音が聞こえてきました。

彼女を探してヘリで降り立った将軍(レニー・ジェームズ)により案内人が二人殺されてしまったのです。

彼はマリに会社を持っているイヴ(ランベール・ウィルソン)と繋がっており、彼らは病気の発生源を探すエヴァ(ペネロペ・クルス)達を快く思っていません。

エヴァ(ペネロペ・クルス)がダーク(マシュー・マコノヒー)と出会うきっかけともなった襲撃も、実はイヴ(ランベール・ウィルソン)による指示でした。

唯一残したフランク(グリン・ターマン)にエヴァ(ペネロペ・クルス)の行き先を聞く将軍(レニー・ジェームズ)。

しかしフランク(グリン・ターマン)は彼女の居場所を吐く事なくかばい続け、そのまま殺されてしまいました。


その様子は、井戸の中で息を殺しているエヴァ(ペネロペ・クルス)にも、遠くから様子を伺っているダーク(マシュー・マコノヒー)達にも伝わっています。

彼らは将軍(レニー・ジェームズ)が立ち去ったのを見てエヴァ(ペネロペ・クルス)を救出してくれました。

軍人から奪ったトラックでこのままナイジェリアに入れば・・・と走るダーク(マシュー・マコノヒー)ですが、途中の切り立った崖に挟まれた道で急に車を停めます。

武器を全て手放し、両手を多角化がけた状態で車から降りたった三人を取り囲んだのはトゥレアグ族の兵士達でした。


彼らの本拠地に連れて行かれた三人。
そこで医者を名乗ったエヴァ(ペネロペ・クルス)を、族長・モディボは大量の病人が横たわる部屋へ案内します。

彼らは皆、エヴァ(ペネロペ・クルス)が危惧する疫病患者たちでした。

ところが、採血し調査した結果、これらの病は疫病ではない事が発覚します。

なんと原因は毒だったのです。
彼らはその結果をモディボに知らせます。

病気の原因はベンジン・重金属・硝酸などの毒、要するに水が汚染されていると。

スポンサーリンク

その頃、子供達とサッカーをしていたアル(アウティーヴ・ザーン)が、ボールを追いかけてとある物を発見しました。

嬉しそうに駆け込んできた彼に連れられたダーク(マシュー・マコノヒー)が見たのは、船が描かれた壁画。
それは装甲艦デキサスの姿です。

今は砂漠だが、昔は緑生い茂る川があったと確信しているダーク(マシュー・マコノヒー)は、その壁画からテキサスがなにかの建物の横で砂に埋もれていると読み解きます。

そして彼は閃いたのです。
150年前地上を流れていた川は今も地下に水脈を残し、それが汚染されて井戸から汚染水が摘出された―――ということはテキサスを見つければ地下の川が見つかり、川が見つかれば汚染源が分かる・・・。


そこで、らくだに乗って砂漠を移動する三人。
洞窟の絵の場所としてたどり着いたのはかつての遺跡。

そこから遠くに見えるのは太陽光発電所のような場所です。
しかし集光塔はあれども外に送電線が出ていません。

社名はマサード。
イヴ(ランベール・ウィルソン)の会社です。

厳重な警備に取り囲まれたその施設になんとか忍び込んだ三人は、ここが化学廃棄物を太陽熱で加熱して毒物を気化させている施設だと知ります。

するとエヴァ(ペネロペ・クルス)があるタンクに目を留めました。


タンクのあとを追う三人。

そこには無闇矢鱈と積み上げられ破損して中身が漏れ出しているおびただしい数のタンクが・・・
これこそが汚染の原因だったのです。

そこではトゥアレグ族の人々が強制労働させられていました。

味方を呼ばねば、と元来た道を戻ろうとした三人ですが、そこにはイヴ(ランベール・ウィルソン)がいます。
遂にダーク(マシュー・マコノヒー)達は捕まってしまったのです。


その頃、やっとの思いで提督(ウィリアム・H・メイシー)のもとに帰り着いたルディ(レイン・ウィルソン)は、持ち帰った赤藻の標本を調べることで、ニジェール川の汚染に気付きます。

その結果を持ち二人が向かったのは大使館。

今はマリ国内で収まっているが、すぐにここにもやって来る―――
ほうっておけば一週間で大西洋に浸出し、海水と混ざり合ったことでより毒性を激増させると報告したのです。

世界規模の憂慮事項を前に、しかし新任の大使は他国の内政干渉になると及び腰の様子。
原因もはっきりしていない以上、了解をとるのは難しいというのです。

提督(ウィリアム・H・メイシー)は、あまり当てにできない政府高官を呆れた顔で見るしかないのでした。


捉えられたダーク(マシュー・マコノヒー)とアル(アウティーヴ・ザーン)は、軍人たちのトラックに乗せられ砂漠を走っています。

しかしイヴ(ランベール・ウィルソン)はエヴァ(ペネロペ・クルス)だけは側に置いておくことにしたのです。
将軍(レニー・ジェームズ)への報告も、銃撃戦の末彼女は死んだと嘘をついてまで・・・。

このまま処分されるのを待つだけかに思えたダーク(マシュー・マコノヒー)達ですが、あの金貨を使ってトラックの荷台のネジを回し脱出を成功させます。

しかし荷台に繋がれた手錠までは外せず・・・
彼らは荷台を担ぎながら歩いて進むしかないのでした。


その頃ラゴスではダーク(マシュー・マコノヒー)達の身を案じた提督(ウィリアム・H・メイシー)がCIAのカール(デルロイ・リンドー)にダーク(マシュー・マコノヒー)達の救出を要請していました。

独自に動いてくれていたカール(デルロイ・リンドー)からの報告は、将軍(レニー・ジェームズ)が二人を探しているというもの・・・。

将軍(レニー・ジェームズ)に見つかる前にその捜索を急ぎたい提督(ウィリアム・H・メイシー)ですが、しかしダーク(マシュー・マコノヒー)たちの行方まではカール(デルロイ・リンドー)にも掴めないのでした。

そんな提督(ウィリアム・H・メイシー)に居場所を知らせてきたのは、ダーク(マシュー・マコノヒー)本人でした。

太陽の照りつける砂漠を歩き続けていた彼らは、残骸となって放置されていた飛行機を工夫してヨット化させることで、砂の海を進み公衆電話までたどり着いていたのです。


ダーク(マシュー・マコノヒー)は、汚染の原因がマサード社であること、そこにエヴァ(ペネロペ・クルス)が捕らえられている事を伝え、自分たちもそこへ向かうと電話を切ったのでした。

ダーク(マシュー・マコノヒー)はそのままモディボを訪ね、彼が所有する将軍(レニー・ジョーンズ)の愛車を借り受けます。

この車に乗る事でイヴ(ランベール・ウィルソン)の会社の門番を油断させ、最初の時のような苦労をすることなく乗り込む事に成功したのです。

ところが、彼らの侵入を知ったイヴ(ランベール・ウィルソン)はエヴァ(ペネロペ・クルス)を連れてその場を離れてしまい、社内を進むダーク(マシュー・マコノヒー)達の前には誰も現れません。

無人の社長室で、世界最悪の汚染源がバレそうになった時人はどうするかを考えたダーク(マシュー・マコノヒー)。
彼が導きだした答えは、工場を爆破する、というものでした。

証拠を隠す為事故に見せかけて・・・

という事は仕掛けられた爆弾があるはずです。

アル(アウティーヴ・ザーン)は、自分が爆弾を探すから、とダーク(マシュー・マコノヒー)をエヴァ(ペネロペ・クルス)搜索に向かわせたのでした。

スポンサーリンク

屋上にはエヴァ(ペネロペ・クルス)を連れて今まさに逃げ出さんとするイヴ(ランベール・ウィルソン)がいました。

助けに向かったダーク(マシュー・マコノヒー)ですが、組み付いてくるターバンの男が振り切れずなかなか彼女を救い出せません。

そこでエヴァ(ペネロペ・クルス)は、自身も抵抗してイヴ(ランベール・ウィルソン)を突き飛ばしてヘリから飛び降ります。

彼女を諦めヘリを飛ばしたイヴ(ランベール・ウィルソン)は、パソコンを使って爆弾のタイマーを入れます。
爆弾を見つけたアル(アウティーブ・ザーン)はタンクにナイフを突き立て、中身を暴こうとしていました。

しかし外ではミラーの配置が開始され、工場をぐるりと取り囲むように設置されたミラーが太陽光を集め始めてしまいます。
焦るアル(アウティーヴ・ザーン)。

しかしその動きはダーク(マシュー・マコノヒー)にとっては救いとなります。

彼は動き出した集光塔のミラーを利用することでターバンの男の裏をかいて組み付き、男を塔から突き落とすことでやっと勝つ事が出来たのでした。


一方のアル(アウティーノ・ザーン)も、時間ギリギリでタンクの中に設置されたダイナマイトを持ち出し、なんとか爆発を防ぎます。

なんとか最悪の事態の回避を達成した三人。
車に乗りこんで会社を後にした時でした。
空からヘリに乗った将軍(レニー・ジェームズ)が攻撃してきたのです。

遺跡に辿り着き身を隠しながらアル(アウティーヴ・ザーン)が持つ銃一丁で抵抗する三人。

持ち出したダイナマイトを使って爆発を起こし、その粉塵と爆風でヘリを遠ざけた時、砂煙が去ったそこに現れたのはなんとテキサス!

装甲艦はここに埋まっていたのです。


その中に逃げ込んだダーク(マシュー・マコノヒー)は、150年前の大砲を前に目を輝かせます。
これで反撃しようというのです。

下手したら自分たちが吹き飛ぶ!
そう叫ぶアル(アウティーヴ・ザーン)ですが、しかし他に手立てはありません。

必死で砲撃の準備をしている彼らの前には、将軍(レニー・ジェームズ)の軍隊が戦隊を組んで向かってきます。

砲撃を受け装甲艦はあちこちボロボロ。
それでも必死で抵抗する三人は、狙いを将軍(レニー・ジェームズ)に絞ってヘリを狙います。

将軍(レニー・ジェームズ)が自分の手で三人を抹殺しようと、大砲のまん前にヘリを飛ばせた瞬間でした。
ダーク(マシュー・マコノヒー)は大砲を撃ち込んだのです。

見事命中。
彼らはなんとか勝ち抜いたのです。


その後、イヴ(ランベール・ウィルソン)の会社は閉鎖され、毒物の流出も防がれました。

病を訴える各地にはWHOの職員を派遣してエヴァ(ペネロペ・クルス)が処方した解毒剤の投与が始まっています。

それらの報告を受ける提督(ウィリアム・H・メイシー)は、この騒動の最中に見つかった装甲艦の存在を聞かれてもしらばっくれて隠し通しました。

たった五枚しか作られなかったというあの幻の金が大量に眠っているテキサス。

装甲艦はアル(アウティーヴ・ザーン)の監視により、あの壁画の部屋に運び込まれ保管されているのです。


イヴ(ランベール・ウィルソン)は、弁護士を立てなんとか起訴を逃れようとしていますが、その話をウェイターに化けたカール(デルロイ・リンドー)が聞いていたからには、その企みが上手くいく事はないでしょう。

まさかCIAに張られているとは・・・
イヴ(ランベール・ウィルソン)にその警戒心は全くないのでした。


ダーク(マシュー・マコノヒー)とエヴァ(ペネロペ・クルス)は二人でモンデレー湾に来ています。

再会を約束した場所で、懐かしの砂漠の話を始めたダーク(マシュー・マコノヒー)。

楽しそうに思い出話をして、海になだれ込んでキスする二人には幸せの空気が満ちているのでした。

「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」見所ポイント!

「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」見所

まるでB級映画のようなタイトルですが、思っていた以上に見応えのある作品でした。

砂漠といえば【ハムナプトラ】のような遺跡発掘に古代ロマンを重ねた娯楽映画が浮かびますが、今回は過去の遺物発掘と現代の参拝問題を絡めており、新しい作品のように感じます。

ところどころ説明台詞も多いですが、【ダラス・バイヤーズクラブ】でげっそりと痩せこけ、色男の風貌を消し去っていたマシューのイケメン姿が拝めるだけでも画面を見続ける楽しみがありますよ。


また個人的にマシューよりもツボだったのがアウティーヴ・ザーン。
コミカルな部分の多くを彼が担ってくれたため、ちょっと展開に無理がある場面でも和んで許せました。

長身のマシューと並ぶとより可愛いので、是非彼の活躍にも注目してご覧くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ記事


おすすめ記事