「タイムリーパーズ」ネタバレ!あらすじや最後ラスト結末と見所!

映画「タイムリーパーズ」は、イアン・ロバートソン主演、ジェイソン・バトラー監督の2013年のポルトガル・アイルランド映画です。
人類滅亡後の地球を舞台にしたSFサバイバルアクション映画。

そんな、映画「タイムリーパーズ」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。

スポンサーリンク

■ スタッフ
監督: ジェイソン・バトラー
製作: ヌーノ・ベルナルド、トリオナ・キャンベル、ジョン・マクドネル
脚本: ヌーノ・ベルナルド
撮影: エレノア・ボウマン
音楽: イーナ・ヒッキー、ロス・ドーリング

■ 主要キャスト
ピーター・アンセイ:イアン・ロバートソン
ルーク・スペンサー:ジェイミー・マクラクラン
フィオナ・マーフィ:ルーシー・カデン
カルロス:マルコ・コスタ
ルシア:テレサ・タヴァレル
アリーシャ:ベラ・ヒーソム

「タイムリーパーズ」あらすじ

「タイムリーパーズ」ネタバレ!あらすじや最後ラスト結末と見所!

アリーシャ(ベラ・ヒーソム)が目を覚ますと、そこは見知らぬ建物の中でした。
そこにはアリーシャを含め5人の男女。

誰もが何故この場所にいるかがわからずにます。
しかも、それぞれ全く違う年代・場所にいたという事もわかります。

そのうち防護服を着たピーター(イアン・ロバートソン)という男が現れ、この事態についての真相を語ります。
ここは2018年の地球で、人類は隕石の衝突によって数年前に滅亡していると・・・

そしてピーター(イアン・ロバートソン)は2012年からタイムマシンに乗ってやって来たと言います。
信じられない面々・・・

この5人の運命は、いったいどうなるのでしょうか?・・・


スポンサーリンク

「タイムリーパーズ」ネタバレ、最後のラスト結末は?

「タイムリーパーズ」ネタバレ!あらすじや最後ラスト結末と見所!

ピーター(イアン・ロバートソン)は、科学者でタイムマシンの実験をしていました。
その実験のせいで、色々な時代の色々な場所の人々を巻き込んでしまったようなのです。

ピーター(イアン・ロバートソン)は、2018年の未来で人類が滅亡したと言います。
原因は、隕石の衝突によって起きたウィルスのパンデミック(爆発的感染)でした。

ピーター(イアン・ロバートソン)は、過去に戻って、パンデミックの発生を阻止する研究を進めれば、それを防ぐことが出来ると言います。

それにはタイムマシンを起動させなければいけません。
起動するには、ここから離れた所にある電源を立ち上げる必要があります。

しかしそこまでに行くには数々の危険がありました。
外はウィルスの猛威。
なぜか死霊が徘徊する危険地帯。


途中で判明する6人の素性は、
・ルシア(テレサ・タヴァレル)は、崩壊後の時代からやってきた。
・アリーシャ(ベラ・ヒーソム)は、記憶の特殊能力を持っている事。
・フィオナ(ルーシー・カデン)は、タイムスリップシステムの開発関係者。
・ルーク(ジェイミー・マクラクラン)は警察の爆発物処理班。
この能力を生かして数々のピンチを切り抜けます。

結局のところ、カルロス(マルコ・コスタ)とルシア(テレサ・タヴァレル)は途中で死んでしまいますが・・・
しかし、なんとかタイムスリップに成功!

映画「タイムリーパーズ」のラストは、6名全員が2013年のスイスのレストランで再会するシーンでTHE ENDです。
パンデミックは防げたという事でしょう。

「タイムリーパーズ」見所ポイント!

「タイムリーパーズ」ネタバレ!あらすじや最後ラスト結末と見所!

舞台はほぼ室内。
シュチエーションSFなのですが、ソコが少々残念です。

それと映画の結末でも、不明な事ばかりです。
カルロス(マルコ・コスタ)とルシア(テレサ・タヴァレル)は死んだはずでしたが、2013年には生きていました。
過去に戻ったからなのでしょうが、それならなぜ、6人の記憶があるのか?

未来に会うべき6人を知るハズがないと思うのですが・・・
そして死霊や生存者の謎もそのままです。


それと無造作にタイムスリップして集まったような6人でしたが、タイムスリップシステムの開発関係者や地球崩壊後の人間など都合の良い人が集まりました(笑)

なんらかの意志があってのコトだったのでしょうか?

とにかくツッコミ所の多い映画でした。
そんな細かいコト無しで、娯楽作品として楽しむなら問題ないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ記事


おすすめ記事