「海にかかる霧」ネタバレ!あらすじや最後ラスト結末は?見所も!

映画「海にかかる霧」は、キム・ユンソク主演、シム・ソンボ監督の2014年韓国映画です。
2001年の“テチャン号事件”に基づく話を、映画化しています。

そんな、映画「海にかかる霧」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。

■ スタッフ
監督: シム・ソンボ
製作: ポン・ジュノ
製作総指揮:キム・ウテク
脚本: シム・ソンボ、ポン・ジュノ
撮影: ホン・ギョンピョ

■ 主要キャスト
カン・チョルジュ:キム・ユンソク
ドンシク:パク・ユチョン
ホヨン:キム・サンホ
チャンウク:イ・ヒジュン
ワノ機関長:ムン・ソングン
ホンメ:ハン・イェリ

スポンサーリンク

「海にかかる霧」あらすじ

「海にかかる霧」あらすじ

オンボロ漁船の船長カン・チョルジュ(キム・ユンソク)は、かつての豊漁ぶりもなりを潜め、今では船を直すお金の工面も出来ず廃船処理目前の状態。

自分の船を何としてでも守りたい彼が手を出したのは、中国からの密航者を運ぶ仕事でした。

簡単な仕事のはずだったのですが・・・

2001年に韓国で起きた≪テチャン号事件≫に基づく、衝撃作の誕生です。

「海にかかる霧」ネタバレ、最後のラスト結末は?

「海にかかる霧」ネタバレ、最後のラスト結末

大量の札束の入った袋を受け取った船長(キム・ユンソク)の仕事は、中国から韓国への密航を目指す朝鮮族を船で運ぶこと。

夜になって雨が降り出した頃、一艘の船が近付いてきます。
ロープを繋いだその船から次々と渡ってくる沢山の密航者たち。

そんな中、海に落ちてしまった女性を新人乗組員ドンシク(パク・ユチョン)が助けに飛び込むハプニングがありながらも、無事全員が渡り終えたようです。

女好きのギョング(ユ・スンモク)や性行為に興味津々のチャンウク(イ・ヒジュン)は何かと落ちた彼女の事を気にしています。

ドンシク(パク・ユチョン)もまた彼女の事が気になって仕方ありません。
落ちた事でずぶ濡れの彼女を、少しでも暖めてあげたいと、彼は女性を機関室へと案内するのでした。

警戒しながらも先ほどの礼を述べる女性。
ドンシク(パク・ユチョン)は嬉しそうにラーメンを女性に食べさせて、ニコニコしています。

美味しい、と言う彼女に、でも本当の漁師のラーメンには青唐辛子が入ってるんだと、無邪気に話すドンシク(パク・ユチョン)。
どうやら彼は彼女に恋をしてしまったようです。


夜が明けて船が見えた事に警戒した船長(キム・ユンソク)により、魚艙へと下され隠される密航者たち。

近付いて来ることもなく船が去っていった事で魚艙から出される密航者たちですが、魚艙内の匂いは酷いものでホンメ(ハン・イェリ)は吐いてしまい、ドンシク(パク・ユチョン)から機関室で休んでいるようにと勧められるのでした。

するとその時、一人の男が不満の声を上げます。
大金を払ったのだから魚艙に降りるのはもう嫌だ、と。

すると船長(キム・ユンソク)がやってきて、男を棒で滅多打ちにします。
殺してしまうのではないか、と言うほどの勢いで殴りつけた船長(キム・ユンソク)に恐れをなした密航者たちは進んで再び魚艙に降りていくのでした。


機関室にいるホンメ(ハン・イェリ)の元に布団を運び入れなにかと世話を焼くドンシク(パク・ユチョン)。
何かされるんじゃないかと警戒するホンメ(ハン・イェリ)ですが、大慌てで否定するドンシク(パク・ユチョン)を見て、そんな彼にキスをするのです。

打ち解けて陸に上がった後の事について話をする二人は心を通わせた様子です。

彼女を機関室へ置いてドンソク(パク・ユチョン)が甲板に上がると巡視船が近付いてきています。
船内アチコチを見て回る警察官は何かに感づいているようですが、船長(キム・ユンソク)からの賄賂を受け取って去っていくのでした。

危険を回避して魚艙の蓋を開けた乗組員たち。
しかし中にいる密航者たちは誰一人声を返しません。

冷凍機の爆発によるフロンガスで中毒死してしまっていたのです。
一人考え込んでいた船長(キム・ユンソク)でしたが、ガスを抜いて遺体を甲板へ上げる様に命令を下します。

海には濃霧が漂っています。
太陽も沈み暗く霧のかかった甲板で船長(キム・ユンソク)が次に下した命令は残酷なものでした。

遺体に刃物を入れ、血を流させることで魚の餌にしろと言うのです。
戸惑うドンソク(パク・ユチョン)ですが、ホンメ(ハン・イェリ)の事を覚えていたチャンウク(イ・ヒジュン)の意識を反らす為に自分もまた包丁を振るうのでした。


そんな甲板の様子を見ながら涙しているホンメ(ハン・イェリ)。
全ての遺体を片付けるとワノ(ムン・ソングン)の言動がおかしくなってしまいました。
独り言を言いながら、亡くなった密航者たちの遺品を拾い集めているのです。

小さくなって隠れていたホンメ(ハン・イェリ)ですが、食事を持ってきたドンシク(パク・ユチョン)姿を見ると、私の事も殺すの?と言いながら揉みあいます。

ところがそこへワノ(ムン・ソングン)と船長(キム・ユンソク)がやってきます。
ワノ(ムン・ソングン)を宥めようとしていた船長(キム・ユンソク)ですが、密航者の遺品を集め家族に連絡してやる、と言う彼に危機感を募らせます。

ワノ(ムン・ソングン)はおかしくなったわけではありませんでした。
ただ人として当然の事を言っているだけです。
しかし船を守る事で頭がいっぱいの船長(キム・ユンソク)は彼を後ろから殴りつけて殺してしまうのでした。


その姿をすべて見ていたドンシク(パク・ユチョン)とホンメ(ハン・イェリ)。
いつも優しかったワノ(ムン・ソングン)の死を目の前で見て涙が止まらないドンソク(パク・ユチョン)をホンメ(ハン・イェリ)は優しく受け止めるのでした。

スポンサーリンク

機関長がいなくなったことで、ワノ(ムン・ソングン)の次に詳しいチャンウク(イ・ヒジュン)が機関室に籠ろうとします。

そこに彼女が隠れている事に焦るドンシク(パク・ユチョン)が彼を機関室から連れ出そうとしますが、結局ホンメ(ハン・イェリ)は見つかってしまいました。

ドンシク(パク・ユチョン)はチャンウク(イ・ヒジュン)を丸めこもうとしますが、ホンメ(ハン・イェリ)が彼を、ドンシクさん、と呼んだことでチャンウク(イ・ヒジュン)が激高。
二人が肉体関係にある事を察知したのです。

荒れるチャンウク(イ・ヒジュン)のせいでホンメ(ハン・イェリ)の存在が全員にばれてしまいます。

陸に上がったら結婚する、とホンメ(ハン・イェリ)の命乞いをするドンソク(パク・ユチョン)ですが、彼女の存在が危機にしか感じられない船長(キム・ユンソク)には通じません。

甲板へと引き上げられるホンメ(ハン・イェリ)を追うドンソク(パク・ユチョン)は、揉みあううちに甲板長ホヨン(キム・サンホ)を殺してしまいます。
しかしそこにホンメ(ハン・イェリ)はいません。

追ってきた船長(キム・サンホ)らから逃げ込んだ操舵室で海洋警察に連絡を入れるドンソク(パク・ユチョン)でしたが、窓をけ破られて捕まり魚艙に入れられてしまいます。
しかしそこに彼女は逃げ込んでいたのでした。固く抱き合う二人。


しかししつこいチャンウク(イ・ヒジュン)とギョング(ユ・スンモク)に襲われてしまいます。
こうなってくると最早正気を保っている者は一人もいません。

ギョング(ユ・スンモク)は日頃のストレスを溜めこんでいたチャンウク(イ・ヒジュン)によって殺されてしまいます。
チャンウク(イ・ヒジュン)にはホンメ(ハン・イェリ)しか見えていないのです。

女を犯す事、その一点にのみ血走った欲望をぶつけようとするチャンウク(イ・ヒジュン)を殴り飛ばし、ドンソク(パク・ユチョン)達は甲板にでるのでした。

ここに居ろ、とホンメ(ハン・イェリ)に言い置いて、船のエンジンを壊しに行ったドンソク(パク・ユチョン)に襲い掛かるのは船長(キム・ユンソク)です。
大切な船が壊された事に怒り狂っている彼にとっての執着はもう船しかありません。
彼もまたおかしくなってしまっているのです。


力任せにドンソク(パク・ユチョン)を殴り飛ばしながら、一緒に船を守ろうと頑なに言い続ける船長(キム・ユンソク)ですが、深い霧で周りが見えない状況だったため、貨物船と接触してしまいます。

どんどん浸水してくる船を助ける為に、いなくなってしまった船員たちの声をかけ続ける船長(キム・ユンソク)。
そこへ海洋警察の警備艇から声が聴こえてきます。

海に飛び込むドンシク(パク・ユチョン)とホンメ(ハン・イェリ)。
船長(キム・ユンソク)は魚艙に閉じ込められたチャンウク(イ・ヒジュン)と共に海に沈んでいくのでした。

波に揺られて浜辺に打ち上げられたドンシク(パク・ユチョン)たち。
しかし彼が目を覚ました時に彼女はもういません。
ありがとう、と言う言葉を残して消えてしまったのでした。


六年後―――
建設現場での仕事を終えたドンシク(パク・ユチョン)はラーメンを食べに店に入ります。
そこで青唐辛子を注文する女性がいました。
女の子を連れた女性の顔は見えません。
それでもドンシク(パク・ユチョン)は彼女から目が離せないのでした。

「海にかかる霧」見所ポイント!

「海にかかる霧」見所ポイント

実際に起きた≪テチャン号事件≫から着想を得ているものの、実際は密航者ほぼ死亡、ではなく60人中25人が、ガス中毒ではなく窒息死をしたのだそうです。

今作のように乗組員全員が狂気に狂ったのではなかったのだな、と一瞬思い掛けましたが、しかし実際の事件も亡くなった方を海に捨てたそうなので、やはりどこか人間として大切なものが欠落してしまっていたのかもしれませんね。

作品自体は、とても上手く練られて繋がっており、全員がそれぞれおかしくなっていく様がとても自然に、自然であるが故の恐怖を感じさせながら進むので本当に見応えがありました。


浅学の為存じ上げなかったのですが、ドンシク役のパク・ユチョンさんは、元東方神起、現JYJのメンバーなんだそうですね。
ホンメと話せることが嬉しい表情情などがとても可愛くて気になったので調べてみてびっくりしました。

歌声が素晴らしくて格好良い…。
あんなにバキバキに踊れる人が、あそこまでオーラを消して純朴な漁師を演じているギャップにやられてしまいます。


ラストシーンは希望が持てるような未来に続く明るさと言うよりは、ドンシクが六年経った今でもあのときに縛られているようで切なくなりました。

R指定がつく作品ですし、目を背けたくなるキツイ場面も少なくありませんが、物語への惹きこみ方が秀逸な作品です。

何度も見返したくなる軽さはありませんが、見て損は無い物語だと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ記事


おすすめ記事