「007 オクトパシー」ネタバレ!あらすじやキャストとラスト最後の結末!

アクション

映画「007 オクトパシー」は、ロジャー・ムーア主演、ジョン・グレン監督の1983年のアメリカ映画です。
この「007 オクトパシー」ネタバレ、キャスト、あらすじ、最後ラストの結末や見どころを紹介します。

「007 オクトパシー」は、映画007シリーズの第13作目になります。

 

「007 オクトパシー」のキャスト・スタッフ

■ スタッフ
監督: ジョン・グレン
製作: アルバート・R・ブロッコリ
製作総指揮:マイケル・G・ウィルソン
脚本: リチャード・メイボーム他
撮影:アラン・ヒューム
音楽:ジョン・バリー

■ 主要キャスト
ジェームズ・ボンド:ロジャー・ムーア
オクトパシー:モード・アダムス
カマル・カーン:ルイ・ジュールダン
オルロフ将軍:スティーヴン・バーコフ
マグダ:クリスティナ・ウェイボーン
ミーシカ:デビッド・マイヤー
グリーシカ:アンソニー・マイヤー
ゴビンダ:カビール・ベディ
M:ロバート・ブラウン
Q:デスモンド・リュウェリン
マニーペニー:ロイス・マクスウェル
ビジャイ:ビジャイ・アムリトラジ
ゴゴール将軍:ウォルター・ゴテル

 

「007 オクトパシー」あらすじ

「007 オクトパシー」あらすじ

殺された情報部員009の任務をフォローすることになった007、ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)

謎の男カマル・カーン(ルイ・ジュールダン)の後を追い、インドへ向かった彼は、そこで宝石強盗団の女首領オクトパシー(モード・アダムス)と出会う。

同じ頃、ソ連ではタカ派のオルロフ将軍(スティーヴン・バーコフ)が、第三次世界大戦を引き起こす陰謀を企んでいた。

陰謀の本当の目的は?そして黒幕は?

 

「007 オクトパシー」ネタバレ

「007 オクトパシー」ネタバレ

ボンドはトロ名乗ってとある軍の基地に潜入。

しかし、本物のトロに見つかってしまい、逃走劇を繰り広げます。

戦闘機に乗って追手をかわそうと空を駆け抜け、攻撃を受けつつもなんとか逃げ仰せたのです。

 
そんな彼は「007」と呼ばれるスパイ。

次の任務のため上官から「宝石作戦」について説明を受けることに。

ファペルジュの卵の偽物が出回っている中で、本物が競売に出る…
それを競り落とす者を探すようにとのことでした。

スポンサーリンク

 
ボンドは競売へ行き、ファペルジュの卵の落札の際に美女を連れた男が値を吊り上げているのを発見。

そこでボンドも値を上げていき、最終的には男が50万ポンドで落札。

しかし、ボンドが競売時に品物を手にして見せてもらった際に、偽物とすり替えていたのです。

落札した男を調べると、その男はカマルといい、インドのカジノの常連客だと分かってボンドは彼の元へ。

 
カマルに賭けを挑み、担保に本物のファペルジュの卵を渡すと言って勝負を挑みました。

カマルがダイスでイカサマをしていたのに気づいていたボンドはそのダイスを逆に使って勝利。

カマルは自身が競り落としたファペルジュの卵が偽物だと気付き、カジノを去っていくボンドに追っ手を差し向けます。

 
ボンドは仲間と共にタクシーで街を駆け抜け、追っ手と戦いながらも祭りに乗じて逃走に成功。

スパイのアジトへ行ってファペルジュの卵に小型マイクを取り付けてもらい、他のスパイグッズをいくつか装備してホテルへ帰りました。

そこでカマルの使いの女が現れて「卵を帰せば命は助ける」と言われてそのまま部屋へ…

 
ボンドは彼女とベッドを共にし、朝を迎えます。

彼女はファペルジュの卵を持って颯爽と部屋を去り、それを見送るボンド。

罠にかけたと思いきや、再び追手がやって来たため捕まることになったのです。

スポンサーリンク

 
カマルの元で部屋に閉じ込められたボンドはスパイグッズを使って窓の鉄格子を溶かして外壁を伝い、仕掛けたマイクを辿って卵を保存してる部屋へ。

そこではカマルが量産した偽物をオルロフ将軍と取引しており、ファペルジュの卵もクレムリン美術収蔵所から盗もうとしていたことが分かります。

二人の悪事を知ったボンドですが、見つかりそうになったため近くに積まれた死体袋に入って外へ逃げたのですが、またもや追手に発見されて追われる羽目に。

像に乗って追ってくる者たちや、ジャングルのような周囲にいたヒルやワニ、ヘビに襲われながらも観光客の一団に紛れてなんとか逃げ切るのでした。

 
カマルは取引相手でもあるオクトパシーの元へ報告すると、そこにボンドがいたことで驚きます。

ボンドはカマルの取引相手ある彼女に会いに来て、オクトパシーは「あなたは自分に似ている」と感じ、彼を気に入ったことでカマルは引き下がりました。

彼女はタコの権威だった亡き父の威厳を継ぎ、「オクトパシー」と名乗っていたのですが、遺産を使い切ったため密輸の仕事を始めていたと語ります。

 
オクトパシーの部屋でひと時を過ごすボンドでしたが、敵がやって来たため脱出。

彼は外の水辺から逃げた後、オクトパシーの部屋でサーカスのチラシを見たことから、そこで身寄りのない人を活用していると判断し、見に行ってみるとナイフ投げの妙技や人間ロケットによる曲芸により大賑わい。

そこでボンドはスタッフに扮して潜入し、サーカスに大砲などを運ぶ列車で怪しげな影を発見します。

ロマノフの星と呼ばれる宝石の受け渡しと共に、大砲の台座にタイマー付きの爆弾を取り付けているのを目撃したのです。

スポンサーリンク

 

「007 オクトパシー」ラスト最後の結末

「007 オクトパシー」ラスト最後の結末

オルロフ将軍は宝石の取引に乗じて「事故」に見せかけてサーカスの開催地である米軍基地を爆破しようとしていました。

ボンドは彼を捕まえようとしますが、手下に襲われて走行中の列車の上で死闘を繰り広げますが彼は落下。

サーカス会場へ急いで向かってピエロに変装し、会場にいたオクトパシーに爆弾が仕掛けられたことを伝えて、台座の爆弾の解除に取り掛かります。

カウントダウンが残り数秒となる中、寸でのところで解除に成功したボンド…

一方、企てていたオルロフ将軍は軍に見つかり、身勝手に暗躍して去ろうとしたため、射殺されてしまいました。

 
カマルは屋敷で国外逃亡の準備を進めていましたが、裏切られたオクトパシーはサーカス団と共に総出で潜入を試みます。

女性陣達が踊りで男を誘惑したり、組体操やロープ渡りの要領でカマルの元に到着した彼女でしたが、囲まれてしまったことで人質に…

連れ去られた彼女をボンドは追いますが小型の飛行機で逃げようとする彼らは離陸寸前。

ボンドは諦めずに飛び乗り、外からエンジンの片方を止めますが敵の一人がやって来てナイフを振り回します。

しかしボンドは不意をついて男を飛行機から落とし、不安定になって着陸寸前の機体からオクトパシーを連れて脱出。

 
断崖絶壁から落ちる飛行機でしたが、着陸時に飛び降りたボンドたちはなんとか助かりました。

その後、重症を負って絶対安静を命じられたボンドはオクトパシーとひと時を共にして物語は幕を閉じます。


 

タイトルとURLをコピーしました