007 ワールド・イズ・ノット・イナフのネタバレ!あらすじラスト最後の結末!

アクション

映画「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」は、ピアース・ブロスナン主演、マイケル・アプテッド監督の1999年のイギリス・アメリカ共同制作映画です。

「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」のネタバレ、キャスト、あらすじ、最後ラストの結末を紹介します。

007 ワールド・イズ・ノット・イナフは007シリーズの第19作品になります。

スポンサーリンク

 

「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」キャスト・スタッフ

■ スタッフ
監督: マイケル・アプテッド
製作:マイケル・G・ウィルソンウィルソン他
音楽: デヴィッド・アーノルド
脚本: ニール・パーヴィス他
撮影:エイドリアン・ビドル

■ 主要キャスト
ジェームズ・ボンド:ピアース・ブロスナン
エレクトラ・キング:ソフィー・マルソー
ロバート・キング:デヴィッド・カルダー
クリスマス・ジョーンズ:デニス・リチャーズ
ヴィクター・ゾーカス(通称:レナード):ロバート・カーライル
ヴァレンティン・ズコフスキー:ロビー・コルトレーン
ブル:ゴールディ
M :ジュディ・デンチ
チャールズ・ロビンソン:コリン・サーモン
Q:デスモンド・リュウェリン
R :ジョン・クリーズ
マネーペニー:サマンサ・ボンド
タナー:マイケル・キッチン
カジノの客:森川美穂
ドクター・ウォームフラッシュ:セレナ・スコット・トーマス
アーコフ博士:ジェフ・ナットール

 

「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」あらすじ

「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」あらすじ

今回のボンド(ピアース・ブロスナン)は不死身のテロリスト、レイナード(ロバート・カーライル)との闘いです。

エレクトラ・キング(ソフィー・マルソー)の警護を命じられたボンドは、レイナードを追ううちに、本当の黒幕と陰謀に気づきます。

核弾頭を盗んだレイナード。
はたしてボンドは陰謀を止めることが出来るのか?

 

「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」ネタバレ

「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」ネタバレ

MI6に所属するスパイのボンドはスイス銀行にて、ロバート・キング卿のために300万ポンドを受け取って任務を終えます。

その際に謎の女暗殺者に狙われてピンチになりますがなんとか成功します。

ロンドン本部にて上官のMとキングに挨拶を交わすボンド。

ご満悦のキングがお金を受け取りに行くと、仕掛けられた爆弾によりキングは暗殺されてしまったのでした。

 
爆発で破壊された壁の向こうから女暗殺者がボンドに狙いをつけて銃を発砲します。

間一髪、避けた彼は川でボートに乗っていた女を追いますが行く手に炎が…
ボンドはハイテクのボートで陸地も駆け抜けて彼女の前に出ます。

そして、水中追尾ミサイルを発射させますが、女は陸に上がってそのまま気球で空へ。

なんとか彼女の元にたどり着きますが、気球のガス管を爆破されてしまって彼女は自ら命を絶ちました。

スポンサーリンク

 
ボンドも怪我を負いつつ本部でキングの死についての詳細を聞きます。

どうやら彼の付けていたネクタイピンが起爆スイッチとなり、肥料爆弾となった札束によって暗殺されたとのこと…

犯人はレナードとされ、その昔キングの娘のエレクトラを誘拐した人物だと知ります。

彼女は今、油田会社を管理していますが危険があるとされたためボンドが向かいました。

 
エレクトラは現地の視察のために雪山へ行くとのこと。

ボンドも同行すべくヘリコプターに乗り、油田用のパイプの合流地点へ二人は到着しました。

スキーで滑り降りながら辺りを見ていると、そこにパラシュートを付けたスノーモービルが数機、襲ってきたのです。

ボンドはそれらを撃退してエレクトラを守りきりました。

 
そのパラシュートの破片を手がかりとし、ボンドはズコフスキーに会いに行くとロシアの反テロ部隊のモノだと分かります。

そして、エレクトラの警備主任であるダィドフの行動を怪しんだボンドは彼を暗殺し、持っていた所持品から核処理施設で何か企んでいると推理。

施設へ赴き、偽の身分証明書を使用して入ろうとしますがジョーンズ博士という女性に怪しまれてしまいます。

そのまま地下に降りたボンドはレナードを発見し、核爆弾を持ち去ろうとする一味を妨害しますがジョーンズ博士が兵を連れてやって来たことで乱戦に…

レナードと爆弾を取り逃がしてしまう中、火の手の上がる施設からジョーンズ博士と共に脱出し、エレクトラの元に向かったのでした。

 
レナードの言動から彼女の素性を怪しんだボンドは、犯罪者と時間を過ごした際に彼らに同調してしまう「ストックホルム症候群だったのでは?」と問い詰めます。

陵辱されたと怒りだしたエレクトラは、 本部からMを呼び出しました。

そして、彼女の製油所のパイプラインに爆弾が仕掛けられたことが分かり、ボンドはジョーンズ博士と共に装置を解体しに行きます。

すると、盗まれたプルトニウムが半分しか無かったことでエレクトラの罠だったと気付くのでした。

 
エレクトラはMに対し、「父と共に殺害できなかったが、今こうしてチャンスを得たのを嬉しく思っている」と告げ、そのまま連れ去ります。

そのままトルコのイスタンブールにてレナードと合流して、Mを連れて来て監禁しました。

 
その頃、ボンドはカスピ海にてズコフスキーに会い、エレクトラから得た100万ドルはなんの目的があったかを聞き出そうとします。

そこにヘリコプターで敵が襲ってきたため、ボンドは愛車から小型ミサイルを撃ったりしつつ撃墜。

逃げ回っていたズコフスキーはキャビアの中に落ちて沈みかけているのを発見し、ボンドは助ける代わりに情報を得ることに…

彼の甥がロシア軍の潜水艦の受け渡しをイスタンブールですると聞き出しました。

スポンサーリンク

 

「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」ラスト最後の結末

「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」ラスト最後の結末

ロシアの連邦保安局で原子力潜水艦の行方を追うと、エレクトラは海峡の石油運搬ルートを潰して独占を目論んでいることが判明。

また、Mが監禁されている場所も分かったことで向かおうとすると爆発が…

レナードの手下に囲まれてしまい、ボンドとジョーンズ博士は捕まります。

 
ジョーンズ博士はレナードの元へ連れていかれ、ボンドはエレクトラの元で拷問用の器具で首を締められてピンチに…

彼女はそれを見届けながら「昔、誘拐された際に父が身代金を払わなかったためにレナードと組むことにし、父を殺して石油を我が物とした」という話をするのでした。

そこにズコフスキーがやって来てボンドを救出しますが、エレクトラは彼を射殺。

拘束から解かれたボンドは彼女を追い詰めてレナードを止めるよう言い放ちます。

エレクトラはそれを拒み、ボンドに撃たれて亡くなりました。

 
彼は窓から潜水艦が潜っていくのを発見し、艦内へ忍び込んでジョーンズ博士を助けます。

操縦室を乗っ取って浮上を試みますが銃撃戦となった末に操舵不可に…

レナードもやって来て「艦を水平に!」と指示を出し、原子炉室でメルトダウンを起こそうと準備を始めました。

 
そこにたどり着いたボンドが「エレクトラは死んだ」と彼に伝えると、冷静さを失ったレナードはボンドを叩きのめします。

兵器が作動されそうになる中で、ボンドはスキをついてレナードを倒すことに成功。

メルトダウンの心配は無くなった中、ジョーンズ博士と共に潜水艦を脱出し、そのまま2人は関係を持って物語は幕を閉じます。