「沈黙の標的」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

アクション

映画「沈黙の標的」は、スティーヴン・セガール主演、マイケル・オブロウィッツ監督の2003年の映画です。

この映画「沈黙の標的」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころを紹介します。

これで「沈黙の標的」のすべてがわかります。

 

「沈黙の標的」キャスト・スタッフ

■ スタッフ
監督: マイケル・オブロウィッツ
脚本: デニス・ディムスター 他
制作: ランドール・エメット 他
製作総指揮: ダニー・ディムボート 他
音楽: ロイ・ヘイ
撮影: マーク・ヴァーゴ

■ 主要キャスト
ロバート・バーンズ: スティーヴン・セガール
エド・グレイ: コーリイ・ジョンソン
トミー・リン: ミシェル・ゴー
ウォン・ダイ: チョーイ・ケン・ペー
ディーン: マイケル・ジュニア・ハーヴェイ

 

「沈黙の標的」あらすじ

「沈黙の標的」あらすじ

人知れぬ過去を持ち、中国古美術の考古学教授として暮らすロバート・バーンズ(スティーヴン・セガール)

ある日、自分が発掘した美術品が麻薬密輸に利用されている秘密を知り、中国マフィアから命を狙われる身となってしまいます。

しかも中国軍からは麻薬密輸の容疑をかけられ・・・

この「沈黙の標的」を動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「沈黙の標的」ネタバレ

「沈黙の標的」ネタバレ

ブルガリアのあるクラブで、中国マフィアが絡んだ殺人事件が起きます。
麻薬取締局の捜査員トミー・リン(ミシェル・ボー)とエド・グレイ(こーりイ・ジョンソン)は捜査に当たります。

その事件を仕切っていたのが中国マフィアのドンであるウォン・ダイ(チョーイ・ケン・ペー)。
ウォンは中国人の組織を統合させ巨大な麻薬組織を作ろうと企んでいるのです。

 
ロバート・バートンズ(スティーヴン・セガール)は発掘作業で数々の遺跡を見つけ名誉ある賞を受賞する優秀な考古学者です。
ロバートは助手のイー(エイレン・タン)と共に、カザフスタンと中国国境付近にあるサイスン発掘現場へ向かいます。

そこでは数々の遺跡が見つかりますが、その現場でとても学者には見えない人物を発見するロバートとイー。

不審に思ったロバートが出土品が置いてある倉庫を調べると、箱の封印が解かれ、出土品に付けたタグが取られていました。
そして出土品の中には大量の麻薬が隠されていたのです。

 
ロバートとイーはその場から逃げますが、すぐに麻薬組織の追手がやってきます。

激しいカーチェイスの末、イーは追ってきた組織の人間が撃った銃弾を受け死んでしまいます。

国境まで逃げたロバートでしたが、組織の仕組んだ罠で麻薬を所持していると疑われ逮捕されてしまうのです。

麻薬が押収された事で、組織の幹部たちは焦りますが、ボスであるウォンだけは「あの教授は我々に不利な情報は持っていない」と冷静に対応します。

 
中国のスーチョウ刑務所に収監されたロバートは捜査官のエドから中国マフィアの幹部の写真を見せられ「この顔に見覚えはないか」と事情聴取を受けます。

ロバートがいくら身の潔白を訴えても全く取り合ってもらえません。
ロバートの妻マヤ(ケイタ・ドーボ)はテレビのニュースでロバートが逮捕されたことを知るのです。

スポンサーリンク

 
アメリカ麻薬取締局は、ロバートを囮に使い巨大な麻薬組織を誘き出そうという作戦を考えます。
ロバートを無罪と信じたのではなく、ロバートやその家族を犠牲にしても組織を捕まえたいと考えたからです。

ロバートは釈放されますが、その知らせはウォンの元にも届いていました。
ウォンは念のためロバートを調べるよう幹部たちに指示を出します。

 
実は、ロバートはかつて裏社会で活躍し、“亡霊”と呼ばれた泥棒だったのです。
アメリカで逮捕され、服役中に考古学を学び考古学者として活躍していたのでした。

ロバートは助手のイーの父親で中国武術の師範ダージョン(ヴィンセント・ウォン)に武術を習い、高い戦闘力を身に着けていました。
その能力で暗殺者を次々に撃退していくのです。

ロバートが倒した暗殺者には共通点があり、全員手首にタトゥーが入っていました。

 
ある日の夜中、不穏な気配を感じたロバートは、家の周辺を調べます。

家を離れたその瞬間、爆弾によって家は吹き飛ばされてしまうのです。
家ではマヤが眠っていて、爆弾の犠牲になってしまいました。

マヤを殺されたロバートは、同じく娘を殺されたダージョンを尋ね、「妻の葬儀までに復讐する」と誓います。

過去を捨て新しい生活をマヤと共に幸せに過ごしていたロバートでしたが、また過去の自分に戻りマフィアと対決する決心をするのです。

ダージョンは「無事を祈っている。復讐を果たしてくれ。成功のカギは連中の手首にあるタトゥーだ。」とロバートに告げるのでした。

 
ロバートは情報を得ながら一人ずつウォンの組織の幹部を殺していきます。
復讐劇の最中、ロバートを尾行している捜査官のトミーと遭遇し、「君らの仕事は俺が徹底的にやる。だから邪魔をするな」と告げるのです。

次々に幹部が殺され、ウォンは焦ります。
なぜなら、組織の統合の象徴ともなる大きな密輸の仕事がすぐに迫っていたからです。

ウォンはどんな犠牲を払ってでもこの仕事を成功させようと躍起になります。

スポンサーリンク

 

「沈黙の標的」ラスト最後の結末

「沈黙の標的」ラスト最後の結末

ロバートは倒した幹部が残した帳簿と手首のタトゥーを照らし合わせ、次々と幹部がいる場所を捜し当てます。
そして、幹部を殺した現場には、トミーへ彼らの情報を残すのです。

情報を基に、麻薬売買の現場を押さえようとやってきたトミーとエドでしたが、正体がバレ絶体絶命の危機に。
そこへロバートが現れ、間一髪その場を制圧することに成功します。

 
ロバートはトミーにウォンの居場所が分かる暗号を渡し、それと引き換えに妻のマヤを殺したサイ・ロの居場所を聞き出します。

サイ・ロを倒し、ウォンの居場所を突き止めることに成功します。

ウォンの潜伏先へ向かったロバートでしたが、これまでの幹部殺しは全てウォンの筋書き通りだったのです。
自分にとって邪魔な者を、わざとロバートに見つかるように仕向け殺させていたのでした。

そしてそのことはロバートも気付いていました。
あえて幹部たちを殺し、ウォンの元へ来たのです。

 
ウォンは爆弾を放ってその場から逃走しますが、ロバートが投げた刀で首を斬られ息絶えます。

ロバートはウォンの部屋にあった金庫のロックを、幹部たちのタトゥーで解き隠されていた証拠を全て持ち去るのです。

そして「奴の野望を白日にさらせ」と言ってその証拠をトミーに渡します。

ロバートは約束通り、マヤの葬儀までに復讐を果たすのでした。

スポンサーリンク

 

「沈黙の標的」見どころ

「沈黙の標的」見どころ

スティーヴン・セガール主演の「沈黙」シリーズ7作目!

頭をからっぽにしてアクションを楽しみたい方にオススメです!

スティーヴン・セガールのアクションシーンが最大の見どころ。
めちゃくちゃ最強な男なのです!

 
中国マフィアが敵ということもあって、中国武術が楽しめるのが良いですね!
くるくる回ったり、空中で攻撃したりと、ワイヤーを使ったアクションシーンが盛り沢山なのです。

 
シンプルで分かりやすいストーリーなので、疲れたときでもスカッと爽快な気分になれる作品です。
ちょっとご都合主義な展開もありますが(笑)

とにかく、カーチェイスからガンアクション、そして中国武術と沢山のアクションシーンが楽しめる映画になっています!

この「沈黙の標的」はU-NEXT で無料で見れます。
さらに31日間無料体験できますので、思う存分色々な作品を見ても、期間内に解約すれば一切お金はかかりません。
タイトルとURLをコピーしました