「コロンビアーナ」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末は?

映画「コロンビアーナ」は、ゾーイ・サルダナ主演、オリヴィエ・メガトン監督の2011年のフランス・アメリカ映画です。

アバターでトップスターの仲間入りを果たしたゾーイ・サルダナが凄腕の殺し屋に扮し、アクションシーンを魅せてくれます。

そんな、映画「コロンビアーナ」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末について紹介します。

■ スタッフ
監督: オリヴィエ・メガトン
製作: リュック・ベッソン他
脚本: リュック・ベッソン他
撮影: ロマン・ラクールバ
音楽: ナサニエル・メカリー

■ 主要キャスト
カトレア・レストレポ:ゾーイ・サルダナ
マルコ:ジョルディ・モリャ
ジェームズ・ロス:レニー・ジェームズ
幼少期のカトレア:アマンドラ・ステンバーグ
ダニー・デラネイ:マイケル・ヴァルタン
エミリオ・レストレポ:クリフ・カーティス
ドン・ルイス:ベト・ベニテス

スポンサーリンク

「コロンビアーナ」あらすじ

「コロンビアーナ」あらすじ

1992年、コロンビアで、9歳のカトレアは自分の目の前で両親をマフィアから殺されてしまいます。

カトレアは必死にマフィアからの追っ手から逃げ、叔父のエミリオを頼ってアメリカのシカゴへと向かいます。

カトレアは、両親の仇を討つために、殺し屋になりたいと考えます。

彼女のすべては復讐なのです。

そして15年後、カトレアは復讐相手に必ずメッセージのカトレアの花を残していく、凄腕の暗殺者になったのでした。

「コロンビアーナ」ネタバレ

「コロンビアーナ」ネタバレ

カトレアの父親はドン・ルイス(ベト・ベニテス)と取引をした結果、用済みと判断されて命を狙われていました。

父親は家に帰って妻とカトレア(アマンドラ・ステンバーグ)に身支度をさせますがルイスの手下に囲まれ殺されます。

カトレアは父からこの後どうすべきか教わっており、動揺の色を隠してリビングに座っていると手下の一人がやってきて彼女に欲しいものは無いかと問いかけます。

彼女は「ドン・ルイスの命が欲しい」と言いながら、テーブルの下に隠してあったナイフを取り出して手の甲につきつけ、家の外へ逃げました。

叫び声を上げる手下は仲間に追わせ、石造りの家が立ち並ぶ街の屋根や道伝いに駆け抜けるカトレア…

追ってくるバイクを商店街の店にぶつけて難を逃れつつ、間一髪の所で地下に滑り込み追手を巻いたのです。


そして、アメリカ大使館へ行き、父に渡されたカードを門兵に見せて中へ。

そこで「渡したいものはあるか?」と問われたため、飲み込んでいたチップを吐き出します。

父が残したルイスに関する秘密のデータをパソコンでデータを確認した捜査官は、カトレアから詳しい事情を聞きました。

そして彼女はパスポート代わりに持たされたと伝えて、そのまま飛行機に乗せられアメリカへ…

お金を受け取ってシカゴのエミリオおじさんの元に向かい、たどり着いた先で涙を流すカトレアに対してエミリオ(クリフ・カーティス)は「もう大丈夫」と言って迎えました。

「コロンビアーナ」暗殺者の誕生

「コロンビアーナ」暗殺者の誕生

カトレアに食事が用意されておりエミリオの息子は殺されていたことと、犯人を殺して復讐を果たしていたことを知ります。

彼女は女戦死ジーナのようになりかったと語り、両親のカタキを取るため殺し屋になることを望みました。

エミリオは了承してまずは学校への入学手続きを始め、学期途中の編入は認められていない中、大金を送ることで学長の許可を得ました。

しかし、カトレアは学校に通う時間が惜しいと主張。

エミリオは道路で銃を抜き車や公共物を撃って「お前がしたいのはこういうことか?」と問います。

世の中の仕組みや人間についての基礎を知らねば5年で死ぬと断言された彼女は学校に通うことを決意しました。


15年後、カリフォルニアでフィリップスと偽名を使っていたカトレア(ゾーイ・サルダナ)は、飲酒運転でパトカーに車をぶつけたため取り調べを受けていました。

酔っぱらって免許不所得という罪から一晩拘留されることになり、その同時刻にリッツォという罪人が送還されたのです。

狙いはリッツォの暗殺でした。

彼女は隠し持っていた針で牢の鍵を解除し、その先の休憩室の水をコップに入れてスプーンも持って電気室へ。

機器に上手く設置しダクトを通って換気用のプロペラの手前までたどり着いた時に、ちょうど電気室の仕掛けが働いてプロペラが停止。

その向こうのリッツォが収容されている場所へ到着したカトレアは彼を銃で射殺し、急いで収容元に戻って寝たふりをするのでした。


スポンサーリンク

警察はリッツォの殺人を内部の犯行だと考えて調査を始めますが、その頃にはカトレアは釈放されエミリオと合流していました。

実は彼女はルイスを狙っていると示すため、この4年で22件も殺害した相手に「カトレアの花」の絵を残していたのです。

そのことが報道されたため、エミリオはこれまでの暗殺稼業によりお金を得ていましたが、自分達の身の危険もあることから止めるよう言うのでした。


カトレアに命じられた次のターゲットはマルチ商法で稼いだ後に雲隠れをした男…

彼女は豪邸に忍び込み警備を殺して男をプールへおびき出すことに成功。

そして男の足や肩を撃ってプールへ落とし、飼われていたサメに男は食われて死亡。

任務は遂行されました。

「コロンビアーナ」ドン・ルイス

「コロンビアーナ」ドン・ルイス

その頃、ルイスは徐々にカトレアの居場所を突き止めつつあり、エミリオの友人が殺されるにまで到ったのです。

そのためエミリオは仕事を与えることを止め、家にも戻るなど言い放ちました。

カトレアは涙を流し、恋人のダニー(マイケル・ヴァルタン)を想います。


画家のダニーはカトレアの素性を知らず、彼女に話してもらおうとしたために距離を置かれていました。

しかし、ダニーがこっそり撮っていた寝顔の写真が、警察のデータベースに載ったために事態は急変。

ダニーが手かがりと知った警察はカトレアが電話をかけた際に逆探知に成功し、SWATを配置したのです。


包囲されたと気付いた彼女は急いで部屋を出て下の階へ行き、SWATが部屋のドアを爆破すると同時にエレベーターへの壁を同じく爆破します。

そこから吹抜を降りて駐車場から地下鉄へつながる通路から逃げ切りました。

そして、エミリオの家に赴きますが、彼らはルイスの手下に殺されていたのです…

カトレアは声を上げて泣きました。


彼女は警察のロス(レニー・ジェームズ)という男の家に訪れて、これまでの経緯を話し、後が無いことを語りました。

そして、ルイスを秘密裏に保護していたCIAのリチャードに居場所を教わるよう指示。

失敗すればロスの家族の命は無いと告げます。

ロスはリチャードに頼みにいきますがあしらわれてしまい、そこにカトレアから電話を受けて遠方からリチャードを狙っていると伝えます。

リチャードは命惜しさにルイスの居場所を言いました。

「コロンビアーナ」ラスト最後の結末

「コロンビアーナ」ラスト最後の結末

カトレアは最後の戦いと心して装備を万全に整えてルイスの屋敷へ車を走らせます。

そして屋敷の正面からミサイルを撃ち込み手下たちを次々倒していきました。

ルイスの側近のマルコ(ジョルディ・モリャ)と対峙し、互角に戦ってようやく勝利。

しかし、隠れていたルイスは車で逃亡してしまったのです。


彼女はマルコの電話でルイスにかけると「今度は逆に狩ってやるからな!」と怒鳴られましたが、カトレアは「私はそこにいる」と告げます。

車内には彼女がしつけていた2匹の大型犬が待機しており、「お食べ」と電話越しに命令したためルイスは殺されるのでした。

カトレアは最後にダニーに電話をかけ、彼に別れを告げて物語は幕を閉じます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ