「電車男」ネタバレ!あらすじや最後ラスト結末は?見所も!

映画「電車男」は、山田孝之主演、2005年の日本映画です。
原作は2ちゃんねるへの書き込みを基にしたラブストーリーでベストセラーになりました。
ドラマ化もされて一大ブームになった作品です。

そんな、映画「電車男」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。

スポンサーリンク

■ スタッフ
監督: 村上正典
製作: 島谷能成、関一由、細野義朗、安永義郎
製作総指揮 : 市川南、小岩井宏悦
脚本: 金子ありさ
撮影: 村埜茂樹
音楽: 服部隆之

■ 主要キャスト
電車男:山田孝之
エルメス:中谷美紀
酔っ払い:大杉漣
エルメスの母:田島令子
エルメスの友人:西田尚美
ネットの住人達
ヒッキー・ひろふみ:瑛太
看護師・りか:国仲涼子
オタクA・よしが:岡田義徳
オタクB・たむら:三宅弘城
オタクC・むとう:坂本真
サラリーマン・ひさし:佐々木蔵之介
主婦・みちこ:木村多江

「電車男」あらすじ

「電車男」ネタバレ!あらすじや最後ラスト結末は?見所も!

彼女いない歴=年齢で、秋葉原に通い様々なグッズを買い込むことが唯一の楽しみなオタク青年(山田孝之)が、ある日秋葉原からの帰りの電車で酔っ払いに絡まれている女性(中谷美紀)を助けたことから始まる純愛ラブストーリーです。

その場限りの関係だと思っていましたが、お礼に…と彼女(中谷美紀)から届いたのはエルメスのカップ&ソーサーでした。

思わぬお礼の品に動揺してネット上の2チャンネルに助けを求めた青年(山田孝之)は、そこで自身の事を電車男(山田孝之)、彼女の事をエルメス(中谷美紀)と名付け、これからどうしていったらいいかを相談します。

そこで貰ったアドバイスの数々が電車男(山田孝之)の人生をも変える大きな波を起こす事になると誰が予想したでしょうか。

ひょんなことから始まったオタクと美女の恋物語、さてどんな風に動き出すのでしょう…?

「電車男」ネタバレ、最後のラスト結末は?

「電車男」ネタバレ!あらすじや最後ラスト結末は?見所も!
 
相談を持ちかけた電車男(山田孝之)に最初は冷やかし半分だった2チャンネルの住人たちでしたが、その中から少しずつ彼の真剣な想いに動かされていく人たちが出てきます。

別れた彼の事が忘れられない看護師のりか(国仲涼子)、引きこもりの青年ひろふみ(瑛太)、仕事に追われるサラリーマンのひさし(佐々木蔵之介)、倦怠期で夫との会話もない専業主婦のみちこ(木村多江)、そしていつもネットカフェでつるんでいるオタクな三人組よしが(岡田義則)、たむら(三宅弘城)、むとう(坂本真)、彼らは徐々に自身の人生を投影するかのように電車男(山田孝之)の恋を後押しし始めます。


彼らがまず電車男(山田孝之)に出した指示は『見た目を変えろ』という事でした。
床屋ではなく美容院へ、服は店員の意見を参考に、眼鏡ではなくコンタクトレンズに変えろ。

言われるがままに変身した電車男(山田孝之)は、多少ドギマギとした挙動の不審さを残しつつも、エルメス(中谷美紀)とのデートを重ね、遂には告白の決意を固めます。

順調に進む電車男(山田孝之)の恋を、我がことのように喜ぶ住人達、その後押しを受け、完璧な告白のシチュエーションを準備して告白の日を迎えた電車男(山田孝之)でした。


しかし、告白の事で頭がいっぱいの電車男(山田孝之)はエルメス(中谷美紀)との会話も上の空で、調べてきたワインの知識を披露したり次の場所への移動に急ぐなど若干の空回りを見せ始めます。

急いているような電車男(山田孝之)の振る舞いに着いて行くのが精いっぱいのエルメス(中谷美紀)の曇りがちな表情にも気が付きません。

完璧かに思えた準備はホロホロと崩れ、ついには『今日はもう帰ります。』とエルメスは去ってしまうのです。


告白できなかった電車男(山田孝之)は落ち込みますが、住人たちの応援を背に、エルメスの残した言葉『今度一緒にパソコンを選んで下さい』に真剣に向き合い、沢山の電器店を訪ね歩き、各パンフレットに付箋を貼って、エルメス(中谷美紀)の為のカタログを仕上げました。

そうして作った独自のカタログを持ってエルメス(中谷美紀)の勤め先を訪ねた電車男でしたが、上司と英語でサラサラと会話する彼女を見て気後れし、長くは話せないままにカタログだけを渡して走り去ります。

仕事を終え家に帰りついたエルメス(中谷美紀)は、沢山の付箋と書き込みがされたカタログを見て、彼の誠実で一生懸命な人柄に改めて惹かれ、電車男(山田孝之)の居場所を探して秋葉原の街へと走り出すのでした。


汗だくのエルメス(中谷美紀)がやっとの思いで探し出したのは、いつもの爽やかな恰好ではなく、ボサボサ頭に眼鏡のオタクな電車男(山田孝之)でしたが、泣きながら一生懸命に自分の気持ちを告白する彼を見て、エルメス(中谷美紀)は彼をそっと抱きしめます。

そして2人の想いはそこで結ばれるのでした。


終始挙動不審なほどオドオドとした態度と、それでも自分がリードせねば、と頑張る電車男(山田孝之)がとても可愛らしく、こんなに一生懸命な人に愛されるエルメス(中谷美紀)は幸せ者だなぁ、と自然に思える素敵な作品です。

スポンサーリンク

「電車男」見所ポイント!

「電車男」ネタバレ!あらすじや最後ラスト結末は?見所も!

とにかく、電車男を応援したくなる、そんな作品です。

オタクから好青年へ、の変身ぶりも山田孝之さんの確かな演技力と見た目のイメージチェンジから無理なく受け入れられ、とても綺麗な中谷美紀さんが恋をしてしまうのも頷けます。

デートでカンペをひたすら読み上げるシーンや、オタク用語を口走ってしまったりエルメス宅で角砂糖を食べてしまったりするシーンなど、作品中の各所に『ふふっ』と微笑んでしまうような楽しく可愛らしい場面が多く、それもまた電車男を応援したくなる要素なのかもしれません。


また、そんな彼を自分の事のように応援してくれる2チャンネルの住人達にも心を揺さぶられます。

失恋や引きこもり、倦怠期や軍事オタクなど、それぞれが淋しさを抱えている人たちばかりで、彼らが電車男を応援していくにつれ自分自身の進む道を探すかのように動き出すのがとても印象的でした。

住人たちの存在が、この映画を単なる恋愛映画としてではなく、再生の物語としての側面を作り出していたように思います。


またラストシーンでは、それまで色々調べ上げてデートを組み立てていた電車男に対し、基本的にニコニコと着いて行くだけだったエルメスが、泣きじゃくる彼を優しく抱きしめて言葉の先を促す姿がとても柔らかく印象的でした。

主演のお二人始め、出演されている役者さん全てが上手く絡まり合って、コンパクトにまとまったストーリーでテンポよく見られ、最後には爽快感が残る作品だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加