「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」ネタバレ!ラスト最後の結末!

映画「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」は、クレヨンしんちゃんシリーズの22作目になります。

この「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」のネタバレ、キャスト、あらすじや最後ラストの結末を紹介します。

スポンサーリンク

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃんのキャスト・スタッフ

■ スタッフ
監督: 高橋渉
製作: シンエイ動画他
脚本: 中島かずき
音楽: 荒川敏行

■ 主要キャスト
野原しんのすけ – 矢島晶子
野原みさえ – ならはしみき
野原ひろし – 森川智之
野原ひまわり – こおろぎさとみ
シロ / 風間トオル – 真柴摩利
段々原照代 – 武井咲
頑馬博士 – コロッケ
鉄拳寺堂勝 – 大和田伸也

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃんのあらすじ

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃんのあらすじ

家庭での立場が弱くなってしまった日本の父親達の復権を目論む組織「父ゆれ同盟」

ひろしはこの父ゆれ同盟によってロボットにされてしまいます。

それはひろしだけではありませんでした・・・
正気を失った父親たちによる“父親革命”が勃発し、春日部が大混乱に!

巨大な陰謀を阻止すべく、ロボとーちゃんとしんのすけが立ち上がる!

ガチンコ!逆襲のロボとーちゃんのネタバレ

ガチンコ!逆襲のロボとーちゃんのネタバレ

ジョン青年とガンダムロボJrの映画を見終わった野原一家。

ヒロシは「いくつになってもロボットはいいなぁ」と言い、しんちゃんを肩車をしようとしますが腰を痛めてしまいます。


ミサエは溜まった家事があるのにとボヤき、テレビのアンテナを直して欲しがる子供達…

ヒロシは仕方なく病院に向かいましたが日曜なので定休日でした。

帰り道に公園で休憩すると、居場所を無くした父親がたくさん…

そこに主婦と子供がやって来て彼らを追い出すという出来事を目の当たりにします。


そのまま帰路をたどるヒロシとしんちゃん。

すると、ヒロシにアンケートを頼んできた蘭々という女性が現れ、そのまま「ビューティフルダディ」というメンズエステに招待されました。

腰の痛みを治すためと思いながら、美人の蘭々にデレデレしていたヒロシはそのまま眠らされてしまい、目覚めて家に戻ると家族に驚かれます。

彼の見た目はロボットになっていたため、しんちゃんは「ロボとーちゃんだ!」と喜びますが、ミサエは「こんな、パパじゃないの!」とニセモノだと言って追い立てるのでした。

スポンサーリンク


ロボとーちゃんはショックを受け、もう一度エステへ行きますが、お店が見当たりません…

ミサエは警察署に赴き、署長の黒岩に話を聞いてもらって、段々原という婦警が各ビューティーサロンに聞き込みをし始めるのでした。


家ではヒロシが燃料である灯油給油し、庭をキレイにし、シロの家、雨樋やアンテナまで直して大活躍。

しかし、ひまわりのイタズラでロケットパンチを放ってしまい、ミサエから危険視されてしまいます。


次の日、親子同伴の遠足だったためミサエとしんちゃんは「リバーサイド・ドデカシティ」という、ロボットによる世界一安全な建設現場の見学へ。

そこでガンマ博士に案内を受け、しんちゃんと子供達はロボットの案内で高所へ…

すると、その先は道が無くて大慌て!

しんちゃん達は空を行き来するクレーンで吊るされた鉄骨に飛び乗りますが、段々傾いていってピンチに…

ついに落ちてしまった子供達を助けたのは、なんとコッソリ付いてきていたロボとーちゃんだったのです!


彼は空を飛んで皆を助け、感謝されましたがこれは黒幕の仕業…

このドデカシティを運営していた鉄拳寺が彼らの絆を深めさせ、父親としての信頼を得るためだったのです。


鉄拳寺は再び蘭々を仕向けて、今度はしんちゃんに「付け髭」を渡してロボとーちゃんへプレゼントを促しました。

それは「頑固オヤジ」になる装置であり、一変したロボとーちゃんは公園で暇を持て余す父親たちを「勇気をもって立ち上がれ」と叱咤。

そして、威厳を取り戻させて同盟を組み、怒れる父の群れは拡大していったのです。

スポンサーリンク


ロボとーちゃんを元に戻そうとしんちゃんは、風間君たちと協力してヒゲを奪取するのに成功しましたが、ロボとーちゃんは自分で発射したロケットパンチに当たってダウン…

そこに鉄拳寺が現れて彼を廃棄するためのトラックに乗せ、自ら同盟で集まった父親たちを先導して市庁舎の占拠に向かいます。


しんちゃんはロボとーちゃんを助けるため、廃棄場へ。

そして、焼却炉に入れられる寸前に、ロボとーちゃんの首だけ救うことができました。

試しに施設内にあったルンバに首を差し込んでみると、動き出すロボとーちゃん…

その言動から元に戻ったと一安心し、二人はその先の部屋に行くとなんと、人間のヒロシが閉じ込められていたのです。


そして、ロボとーちゃんは「俺がコピーだった…?」と言ってショックを受けますが、元のロボットの姿に戻りヒロシに負けないよう父親としての自覚を持ち続けました。

しんちゃんとヒロシと共に外に出ると、市庁舎が掌握されており、鉄拳寺が頑固親父を蘇らせるための指揮を執っていたのに気づきます。

彼を止めに赴き、ロボとーちゃんは新しい身体に備わっていたビーム兵器で鉄拳寺を撃退。

集まっていた者も解散し、ミサエはヒロシが戻ったことに喜びました。


家に戻ると黒岩署長が「国家内乱罪」であると言って野原一家を逮捕しに来ます。

そうして連れていかれた先はドデカシティの研究所…

実はロボットである鉄拳寺を操っていたのは、黒岩署長であり「大日本しつけ直し計画」を企んでいたと言うのです。

そして、ヒロシをロボットの素材として選んだのは、なんの取り柄もないから…

そう語る黒岩署長は自身が家庭で下げずまれていたことで、日本全国の父親の威厳を取り戻そうとしていました。

スポンサーリンク

ガチンコ!逆襲のロボとーちゃんのラスト最後の結末

ガチンコ!逆襲のロボとーちゃんのラスト最後の結末

すると、しんちゃんは「カッコ悪い!」と言うと彼は怒り出し、ロボとーちゃんの人格を消去してお仕置きとしてピーマンを食べさせます。

ピーマンが嫌いなしんちゃんでしたが、「食べるから、元に戻れ!」と体を張ってロボとーちゃんを目覚めさせようと努力し、意識を目覚めさせることができました。

黒岩署長は再びロボットを操作してビームを乱発。

そのせいで研究所が爆発し、野原一家はクレーンにぶら下がって外へ。

すると巨大な「五木ひろしロボ」を黒岩署長は操って襲い、ロボとーちゃんはしんちゃんと協力して巨大ロボを創作して奮闘。

なんとか勝利を収めて黒岩署長は逮捕され、ロボとーちゃんは戦いの末に身体のほとんどが壊れてしまいます。


彼は最後の力を振り絞って彼はヒロシに腕相撲の勝負を挑み、その勝負はヒロシが勝ちましたが、「俺の分までしっかり頼むぞ」とロボとーちゃんは言います。

しんちゃんは「どっちも好きなとーちゃんだ!」と最期に伝えて彼は動かなくなったのです。

野原一家に元通りの日常に戻り、物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ