映画「ギフト」ネタバレ!あらすじや犯人とラスト最後の結末と見どころ!

ミステリー/ホラー

映画「ギフト」は、ケイト・ブランシェット主演、サム・ライミ監督の2000年の映画です。

この映画「ギフト」のネタバレ、あらすじや犯人、最後のラスト結末、見どころを紹介します。

これで「ギフト」のすべてがわかります。

 

「ギフト」キャスト・スタッフ

■ スタッフ
監督: サム・ライミ
脚本: トム・エッパーソン 他
制作: ジェームズ・ジャックス 他
製作総指揮: ショーン・ダニエル 他
音楽: クリストファー・ヤング
撮影: ジェイミー・アンダーソン

■ 主要キャスト
アナベル“アニー”・ウィルソン: ケイト・ブランシェット
バディー・コール: ジョバンニ・リビシ
ドニー・バークスデール: キアヌ・リーヴス
ジェシカ・キング: ケイティ・ホームズ
ウェイン・コリンズ: グレッグ・キニア
ヴァレリー・バークスデイル: ヒラリー・スワンク
リンダ: キム・ディケンズ
デヴィッド・ダンカン: ゲイリー・コール
ジェラルド・ウィームス: マイケル・ジェッター
アニーの祖母: ローズマリー・ハリス
パール・ジョンソン保安官: J・K・シモンズ

 

「ギフト」あらすじ

「ギフト」あらすじ

ジョージア州の小さな町。
夫を亡くした占い師のアニー(ケイト・ブランシェット)は、人の運命を見抜く特殊な能力を持っていました。

ある日、彼女は息子が通う学校の教師・ウェイン(グレッグ・キニア)と婚約者・ジェシカ(ケイティ・ホームズ)の結婚生活を占うことに。
そこでアニーはその占いで恐ろしい幻想を見てしまいます。

そしてそのジェシカが失踪してしまうのです。
真相はいかに?・・・

この「ギフト」を動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「ギフト」ネタバレ

「ギフト」ネタバレ

夫を亡くし女手ひとつで子供3人を育てているアナベル“アニー”・ウィルソン(ケイト・ブランシェット)は相談に来た人の未来が見える力を持っています。

彼女は生活保護のお金と、占った寄付で細々と暮らす日々。

アニーの親身な占いは良く当たると評判になっていて、近所の住民がアニーを頼って占いに通っています。

ヴァレリー・バークスデイル(ヒラリー・スワンク)は夫のドニー・バークスデール(キアヌ・リーヴス)からの暴力に怯え、毎回アニーを尋ねてきます。

アニーはドニーとは別れた方が良いとヴァレリーに伝えますが、ヴァレリーはドニーが自分を殺しに来るんじゃないかと怯え別れられないでいました。

そんなヴァレリーの未来を占ったアニーは、「ドニーには人を殺す度胸なんか無いから大丈夫よ」とヴァレリーを励まします。

 
アニーは長男のマイクの反抗期に悩みを抱えていました。
何を言っても反抗的なマイクとうまくコミュニケーションが取れずにいたのです。

そんなある日、学校からマイクの事で呼び出されます。

担任のウェイン・コリンズ(グレッグ・ギニア)から、マイクが喧嘩をして怪我をしたこと、最近成績が落ちている事を聞かされるのです。

セラピーを進められますが、アニーは話しは自分がするからと断ります。

そこへウェインの婚約者ジェシカ・キング(ケイティ・ホームズ)がウェインを尋ねてきたので、ウェインはアニーに彼女を紹介します。

ジェシカは、アニーを見て人気の占い師だと気付き、急いでいるからと帰ろうとしたアニーを引き留め自分たちが幸せになれるか占って欲しいと話します。

アニーは二人の未来を見ますが、ジェシカの足が泥で汚れている不吉な映像を見てしまいます。
しかし、幸せそうな二人にそんなことは言えず「幸せになれますよ」と嘘をついてその場を立ち去ります。

スポンサーリンク

 
車の修理工場で働くバディ・コール(ジョバンニ・リビシ)は精神病を患っていますが、いつも親身になってくれるアニーをたった一人の友達だと慕い、アニーに悩みを打ち明けます。

アニーは、自分は死ぬんじゃないかとパニックになるバディを励まし、勇気づけるのです。

その夜、ヴァレリーの夫ドニーがアニーを尋ねて家までやってきます。

ヴァレリーが大変なんだと嘘を付いて家に上がり込んだドニーは「おまえはとんだペテン師だ。黒魔術で人の女房をだましやがって。あいつに俺の悪口を言っているだろう。」とアニーを激しく攻め立てるのです。

気配を察し起きてきた子供の前でもドニーは話を止めず、「ヴァレリーと会う事を止めないとこの呪いの人形でおまえを呪う。魔女は火あぶりだ。」と言葉を残して帰っていきます。

 
後日、ドニーのことを謝りにきたヴァレリーは私の忠告を聞いてというアニーに「彼とは別れられないの。あなたからの希望になる言葉が欲しいの」と話します。
しかし、そこにドニーがやって来てアニーに暴力をふるい、ヴァレリーの髪を掴みアニーの家から連れ去ってしまうのです。

そんな騒動があった後アニーの前に、亡くなった祖母が現れます。
祖母がアニーに「嵐が近づいているわ。」と言うと、女性が殺される映像が見えます。

そんなアニーに祖母は「あなたの力を活かすのよ。感じたままを信じて。」と告げ消えてしまうのでした。

 
友人に誘われて参加したパーティで、マイクの担任教師ウェインと婚約者のジェシカと遭遇したアニー。

パウダールームに向かったアニーはそこでジェシカが浮気をしている現場を目撃してしまうのです。
しかしジェシカはそのことをウェインに言えずに内緒にしてしまいます。

パーティの帰り、預けていた子供たちを連れ家に戻ったアニーでしたが、誰もいるはずのない家に灯りがついていました。

子供たちを外で待たせそっと家に入ると、窓がこじ開けられていてベッドにはサタンと言う文字がカードで書かれていたのです。

ドニーの仕業だと感じたアニーは警察に通報しますが、家にきた刑事はドニーの友人で、「ドニーはキレやすい性格だけどこんなことはしない。」と取り合ってもらえません。

しかし、その後もドニーは家に脅迫電話を掛けてきたり、次男のミラーにアニーのことを魔女と言って脅したりと、嫌がらせを止める気配はありませんでした。

スポンサーリンク

 
ある日、ジェシカが失踪したとニュースになります。
ジェシカの父ケネス・キング(チェルシー・ロス)はアニーに捜査の協力をしてくれないかと話します。

アニーの家にやってきたキング、ウェイン、パール・ジョンソン保安官(J・K・シモンズ)は、ジェシカの手掛かりは酒場で見つかったジェシカの車だが、店の客は誰もジェシカを目撃していないのだと話します。

ジェシカについて何も知らないアニーは、カードを読むことでしか協力できないと伝え、ジェシカの運命をカードで読み取ります。
「大きな柵があるわ。そしてゲート。そこには白い花が沢山咲いている。」と言い今はこれしか見えないと話すアニー。

その夜、不気味な夢を見たアニー。

森の中にある大きな柵を抜けた先に、血が滴る鎖を見つけます。
その先にバイオリンを弾く男性がいるのを見つけるのです。
その夢を見て起きたアニーは心を落ち着けるため、外に出て飼い犬と戯れます。
その時、ジェシカが片目を潰され半裸の状態になっている姿が脳裏に過るのです。

 
翌日パール保安官にそのことを話しに行きますが、アニーのいう事を信じられないパール保安官は、アニーが何か隠しているのではと疑います。

アニーが夢で見た物で見当がつく場所と関連するバイオリン弾きの事を尋ねると、その男はトミー・リー・バラード(ダニー・エルフマン)という男で、彼が住んでいる土地の隣の土地を所有しているのがドニーでした。

アニーはパール保安官やウェイン達とともにその場所へ向かいます。
すると夢で見たのと同じゲートがあったのです。

捜査員たちが、ゲート先にある池をくまなく捜索しますが、中々ジェシカに繋がる物は見つかりません。

そこへドニーがやって来て、自分の土地で勝手になにしているのかとパール保安官を怒鳴りつけ、その場にいたアニーを見つけると「やっぱりおまえか!」と言いアニーのお腹を殴りつけます。

ドニーはウェインに殴られパール保安官に銃を向けられやっと大人しくなりますが、その時池からジェシカの遺体が見つかるのです。

 
ドニーが逮捕され裁判が始まるという事で、アニーは検事に呼び出されます。
そこにいたデヴィッド・ダンカン検事はパーティでジェシカと浮気をしていた男性でした。

アニーは、遺体からはドニーの皮膚が検出されたので証拠としては十分だが、アニーが遺体を見つけた方法が問題になると聞かされます。
検事はアニーとドニーが浮気関係にあり、ジェシカとの事にも何か関係しているのではと疑っていたのです。

アニーは言葉を失いますが、「何もないわ。」と答え退室するのでした。

スポンサーリンク

 
ジェシカ殺しの裁判が始まり、それを傍聴するアニー。
その帰り、突然バディに話しかけられます。

バディは「なぜ父さんの事を考えたり青いダイヤモンドを見ると自分の体が変になってしまうんだろう。」と不安を話しますが、アニーはそれどころではなく、「青いダイヤモンドを見てももう大丈夫。」と話しを打ちきりバディを置いて帰ってしまうのです。

 
その夜、バディの母親から電話があり、バディが父親を殺すと喚いてると聞き急いでバディの元に向かいます。
アニーが到着すると、バディは父親を縛り上げ殴りつけながら暴言を吐いていたのです。

どうにか落ち着かせようとアニーが話しかけますが、バディは「もう遅いんだよ!」とアニーを怒鳴りつけ、母親には「知っていたくせに見て見ぬふりをしやがって。」と罵り、父親には「お前のせいで人生が台無しだ!なぜ子供だった俺を弄んだんだ!」と怒鳴りガソリンをまきます。

「なぜ俺を見捨てたんだ!おれにはもう友達はいない!」と言ってガソリンに火をつけるのです。

バディはアニーに、父親の臍にある青いダイヤモンドの刺青を指し「あれを見ろ!あれを見てあんたはどう思う!」と叫ぶのでした。

その後父親は救急車で運ばれ、バディは逮捕され連行されて行くのです。

 
翌日の裁判では、アニーが証言台に立ちます。
ドニー側の弁護士はアニーの能力について執拗に質問をぶつけわざとアニーを煽ります。

証言台に立ったドニーはジェシカと浮気関係にあった事を認めますが、殺していないと容疑を否認します。
しかし、ドニーが検事からの質問に感情的になり騒ぎ立てたため、裁判はドニーを犯人として結審してしまうのです。

しかしアニーは、犯人はドニーではなく他に真犯人がいるのではと考えていたためこの終わり方にモヤモヤとしてしまいます。

スポンサーリンク

 

「ギフト」ラスト最後の結末

「ギフト」ラスト最後の結末

それから少しして、ジェシカの亡霊を見たアニーはウェインを尋ねます。
ウェインはひどくやつれ憔悴しきっていました。

アニーはウェインに「犯人はドニーではなく、他にいると思う。」と話します。

アニーは誰かに殴られる映像を見て、ダンカン検事を尋ねドニーは犯人ではないと話します。

裁判をやり直して欲しいと言うアニーにダンカン検事は、そんなことは出来ないと話しますが、アニーから「あなたがジェシカと関係があったことを知っている。」と言われたダンカン検事は「金か?」と答えますが、アニーは「自分のせいで無実の人が刑務所に入るのは良心が許さないの。」と言い再審するための手を考えて欲しいと話すのです。

 
その夜、ウェインがアニーを尋ねて来て犯人を捜して欲しいと頼まれます。

カードを読みますが何も見えません。

するとウェインは池に行ってみようと言われ同行することに。
池に着くと、自分が殴られている時の映像が流れ、そしてジェシカを殺害している時の映像が映し出されるのです。

ジェシカを殺したのはウェインでした。
ウェインはジェシカの浮気に激怒し殺してしまったのです。

 
ウェインはアニーがそのことに気付いたのだと察しアニーを追い詰めます。

ウェインは逃げようとしたアニーを殴り、最後のトドメをさそうとしますが、そこへバディが現れウェインを殴り助けてくれるのです。

倒れたウェインをバディと一緒に車のトランクに入れたアニーは病院から抜け出してきたというバディに「力になれなくてごめんなさい。」と謝罪します。
バディは「あなたが大好きです。あなたはこの町の人の支えです。」と話すのです。

涙を流すアニーにバディは「ちゃんと洗っておきました。」と言ってアニーが以前バディに貸したハンカチを渡すのでした。

 
警察に車を引き渡したアニーはバディがいない事に気付きます。

パール保安官にウェインとの事を話している時に、助けてくれたのはバディだと話しますが、パール保安官はバディであるはずがないんだと話します。

なぜなら、バディはその日の夕方6時に病院で自ら命を絶っていたのです。
アニーは自分の手にバディから渡されたハンカチがあることを確かめます。

全てが終わりアニーにはまた静かな暮らしが戻るのでした。

スポンサーリンク

 

「ギフト」見どころ

「ギフト」見どころ

主演のケイト・ブランシェットの繊細な演技が素晴らしいです!
優しく温かい演技は、どこか神秘的な雰囲気の役柄にピッタリでした!

 
そして、キアヌ・リーブスがかなりのダメ男を演じているのも見どころのひとつ!
とにかくゲス男っぷりが凄いです!

こんなキアヌが見られるのも貴重かもしれませんね。

 
先が気になるストーリーは、どんどんハマってしまう内容です。

バンッ!と怖い映像が出てくるのでビク!となってしまうシーンもありますが、それもサスペンスやミステリー作品の良さですよね!

最後のどんでん返しも面白くて、最初から最後まで存分に楽しめる作品になっています!

この「ギフト」はU-NEXT で無料で見れます。
さらに31日間無料体験できますので、思う存分色々な作品を見ても、期間内に解約すれば一切お金はかかりません。
タイトルとURLをコピーしました