「ジョーズ4 復讐篇」ネタバレ!あらすじや最後ラスト結末と見所も!

映画「ジョーズ4 復讐篇」は、ロレイン・ゲイリー主演、ジョセフ・サージェント監督の1987年のアメリカ映画です。
大ヒット映画『ジョーズ』シリーズの第4作であり、完結編でもあります。

そんな、映画「ジョーズ4 復讐篇」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。

■ スタッフ
監督: ジョセフ・サージェント
製作: ジョセフ・サージェント
脚本: マイケル・デ・ガズマン
撮影: ジョン・マクファーソン
音楽: マイケル・スモール

■ 主要キャスト
エレン・ブロディ:ロレイン・ゲイリー
マイケル・ブロディ:ランス・ゲスト
ジェイク:マリオ・ヴァン・ピーブルズ
カーラ・ブロディ:カレン・ヤング
ホーギー:マイケル・ケイン
テア・ブロディ:ジュディス・バーシ
ショーン・ブロディ:ミッチェル・アンダーソン
ルイーザ:リン・ホイットフィールド
ポリー:エドナ・ピロット
市長:シプリアン・R・デューブ
マーティン・ブロディ:ロイ・シャイダー

スポンサーリンク


「ジョーズ4 復讐篇」あらすじ

「ジョーズ4 復讐篇」あらすじ

かつてアメリカの田舎町・アミティで、町を守る署長として人喰いザメと戦ったマーティンの妻・エレン・ブロディ(ロレイン・ゲイリー)。

彼女は心臓発作で夫がこの世を去った後も、次男のショーン(ミッチェル・アンダーソン)と暮らしています。

結婚間近なショーン(ミッチェル・アンダーソン)は父と同じ警察官として働いていました。

クリスマスの夜。
幸せな時間を過ごすはずだったショーン(ミッチェル・アンダーソン)を悲劇が襲ったことから物語が始まります。

果たして、再び迫る人喰いザメの恐怖にエレン(ロレイン・ゲイリー)は立ち向かう事が出来るのでしょうか―――?

「ジョーズ4 復讐篇」ネタバレ、最後のラスト結末は?

「ジョーズ4 復讐篇」ネタバレ、最後のラスト結末

陽気でいつも朗らかなショーン(ミッチェル・アンダーソン)。
しかし彼は、婚約者と母が待っている家に帰る事が出来ませんでした。

航路標に枯木が引っかかって邪魔になっているという通報を受け、一人海へ出たショーン(ミッチェル・アンダーソン)はそこで巨大なホオジロザメに襲われてしまったのです。

助けを求めても、港ではクリスマスの音楽が流れ彼の悲鳴に気付く者は誰一人ありません。

彼はサメによって海へと引きずり込まれ、破損した船も沈んだ海に浮かぶのは、赤く広がる血液だけなのでした。


翌日、知らせを受け駆けつけたエレン(ロレイン・ゲイリー)は、変わり果てた姿の息子と無言の対面を果たします。

思わず目を背けたくなるほどの亡骸・・・。

知らせを受け長男のマイケル(ランス・ゲスト)が妻子をつれて帰国しました。

彼は学位を取るためバハマの海で研究をしているのです。
母を固く抱きしめるマイケル(ランス・ゲスト)。

そんな彼にエレン(ロレイン・ゲイリー)は、あの子を狙ってきたのよ・・・と呟くのでした。


エレン(ロレイン・ゲイリー)はマイケル(ランス・ゲスト)に仕事を辞めて欲しいと言い出しました。
彼女にとって海はサメの恐怖から逃れられない場所。

夫も息子もサメに殺されたと興奮気味で訴えるエレン(ロレイン・ゲイリー)にマイケル(ランス・ゲスト)は面食らってしまいます。

サメは人を選んで襲ってきたりしないし、第一父さんの死因は心臓発作だと宥めても、エレン(ロレイン・ゲイリー)には同じこと。

夫の心臓発作もサメによる恐怖からだったと言い切る彼女は、これ以上家族を失いたくない一心で必死なのです。

ショーン(ミッチェル・アンダーソン)の葬儀を終えたマイケル(ランス・ゲスト)は、エレン(ロレイン・ゲイリー)を自分の住むバハマへと誘いました。

あの島の海は熱帯でサメはいないし、何よりも気落ちした状態の母を残していく事が出来なかったからです。

こうしてエレン(ロレイン・ゲイリー)はアミティの町を出たのでした。

スポンサーリンク

美しい遠浅の海に囲まれたバハマへは、小型のセスナに乗って向かいます。
操縦士は陽気なホギー(マイケル・ケイン)。彼の軽快なトークに孫のシアは大喜びです。

到着したマイケル(ランス・ゲスト)の家は、裏庭がそのまま海に繋がっている作りでした。
帰宅してすぐ、海へとせり出したブランコに乗って遊び始めたシア。

それを見てエレン(ロレイン・ゲイリー)は顔色を変えます。
降りなさいと叫ぶのです。

ここは忌まわしいアミティの海ではないのに、どうしてもサメの恐怖から逃れられないエレン(ロレイン・ゲイリー)。
しかしサメへの恐怖を無理やり抑えこもうとしてもうまくいきません。


芸術家のカーラ(カレン・ヤング・マイケル)が役所から注文されて製作中のオブジェを見ても、まるでサメの口のような禍々しい形に言葉を失ってしまうし、眠っていてもサメに襲われる夢を見て飛び起きる始末・・・。

それは、マイケル(ランス・ゲスト)が仕事の相棒・ジェイク(マリオ・ヴァン・ピーブルズ)をホームパーティーに招いた時にも、エレン(ロレイン・ゲイリー)の態度に現れてしまいます。

にこやかにパーティーを楽しんでいても、ショーン(ミッチェル・アンダーソン)の名前が出たとたん笑顔が消えてしまうのです。

やはりマイケル(ランス・ゲスト)には別の仕事に就いて欲しいと願っているエレン(ロレイン・ゲイリー)。

彼の仕事が巻貝の移動と繁殖の調査という地味なものであっても、海で仕事をしている限り彼女にとって安心は出来ないのです。


そんなエレン(ロレイン・ゲイリー)に変化をもたらしたのは、なんとホギー(マイケル・ケイン)でした。

浜辺でシアと遊ぶエレン(ロレイン・ゲイリー)に会いに来た彼と、波打ち際を散策しながら話します。

彼女は、似たような歳の彼に自分の恐怖を話す事が出来たのです。
サメは私の家族を狙って襲っている・・・と。

そんな彼女をホギー(マイケル・ケイン)は島の祭りに誘います。
あっという間に距離を縮める二人。

楽しく祭りに参加して一緒にダンスを踊り、帰宅する頃には二人の間に友情を超えた空気が流れているのでした。


そんな母の変化を感じ取っているマイケル(ランス・ゲスト)。

彼は自宅近くの浜辺でエレン(ロレイン・ゲイリー)とホギー(マイケル・ケイン)の姿を見て少し複雑な気分・・・。

それでも仕事はしなくてはいけません。

学位を取るための調査といえども、予算のないバハマ水産庁からの依頼ということでやる気のないジェイク(マリオ・ヴァン・ピープルズ)の尻を叩きながら調査を続けています。

この日は、簡易潜水艇に入ってジェイク(マリオ・ヴァン・ピープルズ)が海底の調査をする事になっていました。

するとそこへ、今まで見たこともないような大きなサメが!

サメは潜水艇に体当たりすると、そのまま海面に飛び出し船にかじりついたのです!!

それはまるでマイケル(ランス・ゲスト)を狙っているかのように・・・。


船に帰ってきたジェイク(マリオ・ヴァン・ピープルズ)は興奮状態です。

呆然としているマイケル(ランス・ゲスト)には構いもせず双眼鏡を取り出すと、すぐにサメの行方を追い始めました。

しかしもうすでにその姿はなく・・・。

ジェイク(マリオ・ヴァン・ピープルズ)は、あのサメを捕まえる気満々。

暑い海にはいないはずのサメが希に見る大きさで現れた、これをチャンスだと捉えているのです。

そんな彼にマイケル(ランス・ゲスト)は、母には言わないでくれ、とサメの出現の口止めをする事だけで精一杯なのでした。


エレン(ロレイン・ゲイリー)に秘密を抱えたまま年が明け、今日はニューイヤーパーティーです。
ジェイク(マリ・ヴァン・ピープルズ)達とパーティー会場にやってきたエレン(ロレイン・ゲイリー)はそこでホギー(マイケル・ケイン)の姿を見つけました。

二人はダンスホールへ降りていき・・・
その様子をマイケル(ランス・ゲスト)は苦い表情で見ています。

彼にとってホギー(マイケル・ケイン)は母親に言い寄る得体の知れない男なのです。

しかしそれとなく注意をするマイケル(ランス・ゲスト)にエレン(ロレイン・ゲイリー)は、もう馬鹿なことは言わないわ、と返します。

彼女はホギー(マイケル・ケイン)のおかげでサメへの恐怖を払拭していたのでした。


サメの追跡に全く乗り気でないマイケル(ランス・ゲスト)ですが、ジェイク(マリオ・ヴァン・ピープルズ)の熱意に押され、巻貝の調査の傍らサメを負う事になってしまいます。

彼らは血のしたたる肉を海に撒いてサメを呼び寄せる事にしました。

ジェイク(マリオ・ヴァン・ピープルズ)お手製の追跡装置をもりの先に取り付けサメの出現を待つのです。

そうして躍り出たのはやはりあの大きなサメ!

装置の取り付けに成功した事で、サメの出現や移動場所の特定が出来るようになりました。
とはいえ、簡易装置ですからせいぜい範囲は3マイルほど・・・。

スポンサーリンク

マイケル(ランス・ゲスト)がそんな事態に手を出しているなどと知りもしないエレン(ロレイン・ゲイリー)は、ホギー(マイケル・ケイン)とのデートを重ねています。

ついにキスした二人・・・。
しかしそれでもエレン(ロレイン・ゲイリー)はホギー(マイケル・ケイン)との交際に二の足を踏んでいる様子。

この年になって、と今になって芽生えた恋心に戸惑っているのでした。

サメに装置を取り付けたことで、いい事もありました。
巻貝の調査中にもサメの気配を科学的に察知できるようになったからです。


マイケル(ランス・ゲスト)が潜っている時でした。
モニターにサメの信号が現れたのです。

慌てて海から上がるよう指示するジェイク(マリオ・ヴァン・ピープルズ)。
しかし時すでに遅し。

サメはマイケル(ランス・ゲスト)のすぐ側まで来ていたのです。
彼の乗り込んでいる簡易潜水艇に噛み付き、襲いかかってくるサメ。

明らかにマイケル(ランス・ゲスト)を狙っています。

なんとか隙をついて潜水艇から逃げ出した彼は、沈没した船の中に逃げ込みますが、サメはその中までも追ってきます。

執念にも似たその執拗さに、マイケル(ランス・ゲスト)はボンベから空気を抜く浮力を利用する事でなんとか船に逃げ帰れたのでした。


帰宅後も彼はなかなか寝付けません。

サメによって負った傷に巻いた包帯・・・眠るカーラ(カレン・ヤング・マイケル)のとなりをそっと抜け出し、鏡に向かい自分の顔を見つめるマイケル(ランス・ゲスト)。

彼はその翌日もまた海に潜る決意を固めます。

その行動はジェイク(マリオ・ヴァン・ピープルズ)を大いに戸惑わせるのです。

今日はカーラ(カレン・ヤング・マイケル)の制作したオブジェの除幕式もあるし、第一潜るのは自分の順番だと話すジェイク(マリオ・ヴァン・ピープルズ)。

しかしマイケル(ランス・ゲスト)の決意は硬く、このままじゃダメになる・・・そう呟く彼には、ジェイク(マリオ・ヴァン・ピープルズ)もそれ以上は言えないのでした。


マイケル(ランス・ゲスト)が恐怖心を押さえ込むべく海に潜っている頃、浜辺では除幕式が始まっています。

式にはカーラ(カレン・ヤング・マイケル)はもちろんエレン(ロレイン・ゲイリー)やシアも参列しています。

しかし長々と続く挨拶に飽きたシアは、あっという間に海へと走ってしまいました。
バナナボートに乗る彼女を心そうに見ているエレン(ロレイン・ゲイリー)。

サメへの恐怖を克服したといえど、やはり海は気になるのです。

そして彼女は見たのです。
いるはずのないサメが波間に背びれを出してバナナボートに迫る姿を・・・!


大声を上げて浜辺を走り出したエレン(ロレイン・ゲイリー)によってサメの出現を知ったビーチは一気にパニックに陥ります。

娘の危機にカーラ(カレン・ヤング・マイケル)も駆け寄りますが、浜にいる彼女たちに出来ることはありません。

ただサメがボートに突進するのを見ているしかないのです。
大きく口を開け、牙を向いてシアに襲いかかるサメ。

しかし犠牲になったのはシアの後ろにいた女性でした。

ギリギリの状態でシアを抱きしめたカーラ(カレン・ヤング・マイケル)。

悠々と海へ帰るサメを見ていたエレン(ロレイン・ゲイリー)の瞳に強い光が宿ります。

彼女は一人、船に乗り込むと海に出て、サメを追い始めたのでした。


帰宅したマイケル(ランス・ゲイリー)は、シアの身に起こった事を聞いて頭を垂れます。
自分がサメを追っていたせいだ、と・・・。

しかしそこで彼は気付きました。
母がいないことに・・・。

慌てて家を飛び出たマイケル(ランス・ゲスト)。
隣の家のジェイク(マリオ・ヴァン・ピープルズ)に声をかけ、海に出たのです。


しかしエレン(ロレイン・ゲイリー)を探すには海は広すぎます。

しかも彼らの船はエレン(ロレイン・ゲイリー)が乗って行ってしまった為、遅いボートで追うしかありません。

たまたま小舟で釣りをしているホギー(マイケル・ケイン)に出会った事で、三人は彼のセスナを使って空から彼女を探す事にしました。

スポンサーリンク

一方エレン(ロレイン・ゲイリー)は、ついにサメと対峙しています。

大きな背びれを見せながら迫るサメ。

ちょうどその時、彼女の船を見つけたマイケル(ランス・ゲスト)たち。

船に襲い掛かるサメに向かって超低空飛行でもって威嚇した彼らは、そのまま着水するとエレン(ロレイン・ゲイリー)の船に向かって泳いで乗り込みます。

ところが、最後に残ったホギー(マイケル・ケイン)が乗っているセスナにサメが襲いかかってしまいました。

そのまま巨体でのしかかるようにしながらセスナを沈めたサメ。

浮かんでこないホギー(マイケル・ケイン)にエレン(ロレイン・ゲイリー)は泣き崩れます。

どうして連れてきたの!と胸を叩いてくる母親を抱きしめるしかないマイケル(ランス・ゲスト)。
しかしホギー(マイケル・ケイン)は生きていたのです。

船に自力で這い上がってきた彼は、ここから離れるべく準備を始めました。

ジェイク(マリオ・ヴァン・ピープルズ)は懐中電灯を使った武器を自作しています。

モニターにはサメの信号が流れてるのです。
彼は船の先端のマストに腰掛け、サメの登場に備えるのでした。


そこへ急に現れたサメ!
驚きながらももりに付けていた懐中電灯をサメの口に押し込みます。

しかしそのままサメに横っ腹を食われて海に転落してしまったジェイク(マリオ・ヴァン・ピープルズ)。

目の前の惨劇に呆然とするマイケル(ランス・ゲスト)ですが、船は浸水もしておりゆっくりしている暇はありません。

水を汲みだしてエンジンをかけようと奔走するホギー(マイケル・ケイン)を横目にマイケル(ランス・ゲスト)は、ジェイク(マリオ・ヴァン・ピープルズ)の作っていた懐中電灯をもう一度構えます。

彼の敵とばかりに、再び襲いかかってきたサメに突き刺したのです。
爆発して一気に弾け飛ぶサメ。

その衝撃で海に投げ出された三人ですが、もう海は安全です。

ブロディ一家を殲滅すべく襲い続けていたサメはもういません。

そしてブロディ家でなかったことが幸いしたのか、ジェイク(マリオ・ヴァン・ピープルズ)も生きていたのです。

血まみれではあるものの、しっかりと意識もある彼を見てマイケル(ランス・ゲスト)達にも歓喜の表情が浮かぶのでした。


サメとの戦いを終えた数日後、エレン(ロレイン・ゲイリー)は自分の家へと帰ります。

彼らはやっとサメの呪縛を解いたのです。

ホギー(マイケル・ケイン)の操縦するセスナに乗り込んだ彼女も、見送るマイケル(ランス・ゲスト)も晴れやかな表情をしています。

新しいブロディ家の門出を、美しい海の夕景も祝福しているようでした。

「ジョーズ4 復讐篇」見所ポイント!

「ジョーズ4 復讐篇」見所

一作目で活躍したマーティン・ブロディ所長の家族が活躍する物語ということで、3よりずっと面白い作品でした。

徹底してブロディ家の血しか追わないサメという設定も、多少の無理はあれど面白く見る事が出来ます。

なによりサメの躍動感というか・・・
3では明らかに機械的な動きをしていたサメが、1に近い不気味な目をして迫るのが、恐怖心を煽りました。

夏休みを迎える今、お子さんには刺激が少し強いかもしれませんので、気をつけてご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ