「ジーサンズ はじめての強盗」ネタバレ!あらすじや最後のラスト結末と動画は?

映画「ジーサンズ はじめての強盗」は、マイケル・ケイン主演、ザック・ブラフ監督の2017年のアメリカ映画です。

この「ジーサンズ はじめての強盗」は、1979年の映画「お達者コメディ/シルバー・ギャング」のリメイク作品です。

そんな、映画「ジーサンズ はじめての強盗」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末について紹介します。

動画はdTVで見る事が出来ます。

■ スタッフ
監督: ザック・ブラフ
製作: ドナルド・デ・ライン
脚本: セオドア・メルフィ
撮影: ロドニー・チャーターズ
音楽: ロブ・シモンセン

■ 主要キャスト
ウィリー・デイビス:モーガン・フリーマン
ジョー・ハーディング:マイケル・ケイン
アルバート・ガーナー:アラン・アーキン
ブルックリン・ハーディング:ジョーイ・キング
アーレン・ヘイマー:マット・ディロン
アニー・サントーリ:アン=マーグレット
ミルトン・カプチャク:クリストファー・ロイド
キース・ショーンフェルド店長:キーナン・トンプソン
ミッツィ:シオバン・ファロン
ヘスース:ジョン・オーティス
マーフィー:ピーター・セラフィノウィッツ

スポンサーリンク

「ジーサンズ はじめての強盗」あらすじ

「ジーサンズ はじめての強盗」あらすじ

ハーディング(マイケル・ケイン)、ウイリー(モーガン・フリーマン)、アル(アラン・アーキン)は40年間会社勤めをし、もうじき定年で年金生活を送るはずでした。

ところが会社の経営者が変わり、年金がもらえない事に・・・

お金に困ったハーディングは銀行へ行きますが、そこで銀行強盗と遭遇します。
その手口のなんと鮮やかなことか・・・

ハーディングは仲間たちと銀行強盗を企てるのですが・・・

おじいさんだらけの銀行強盗、上手く行くのでしょうか?

「ジーサンズ はじめての強盗」ネタバレ

「ジーサンズ はじめての強盗」ネタバレ

高齢のハーディングはウィリアムズバーグ銀行に赴いていました。

理由はローンの返済額が3倍になり、貸付当初の金利の契約時に担当だったチャックに話を聞くため…

金利が上がることは、まず無いと言っていたの彼に詰め寄りましたがチャックは悪びれるそぶりもなくあしらいます。

そんな時、3人の銀行強盗がやってきて、マシンガンを天井に向けて発泡しつつスマートにお金を回収していくのでした。

仰向けになって両手足を挙げさせられたため、ジョーは姿勢が辛くなって強盗に降ろしてもらうようお願いし、「年寄りを敬うのは社会の義務だ」そう気遣われたのです。


強盗が去った後、警察の事情聴取でハーディングは強盗の首にあったタトゥーについて説明しました。

160万ドルを盗んでった強盗はその後も捕まらず…


ハーディングの定年退職前に共に働いていたウィリーとアルの3人で会ったり、ゲートボールなどをしつつ、いつも通り過ごします。

そんな折、家のローンの督促状が黄色から赤に変わったため、差し押さえられてしまう危機に陥ったのです。

さらに働いていた工場がベトナムに移転するため、年金の支払いをセムテック会社はしないと言い切ったため、大変なことに…

スポンサーリンク

悪い知らせは続き、ウィリーは医者にかかった際に腎臓移植の必要があると言われ、高齢なことから優先順位は低いと言われてしまいます。

医師に家族の知り合いを当たるように勧められましたが、彼はそのことを胸に秘めたまま過ごします。

一方で、アルはサックスをエズラという子供に教えていましたが、彼はダンスやりたいと言い出したため勝手にさせることに。

彼の祖母のアニーからは言い寄られるようになっていました。


ある日、ハーディングは決断したかのように2人へ銀行強盗をしようと提案します。

彼は家の差し押さえの猶予である30日以内にお金を用意をする必要がありました。

また、ウィリーは遠方に住む孫娘から誕生日プレゼントに写真入りの腕時計をもらったばかり…

もっと会いたいと望み、失った年金分だけもらおうと賛同します。

しかし、アニーは協力しないと言いつつも、ハーディング達が強盗の予行練習のためスーパーで万引きをする際の見送りに付き合うことに…

ハーディングは服の下に大量の食べ物を隠しますが、あまりの怪しさに警備員が追ってきてあっさりと捕まってしまい、店の事務所で叱られてしまいました。

高齢なこともあって見逃されたものの、今回のを教訓にプロの助けが必要と認識。

そこで、ハーディングは義理の息子であり、養育費を払わず別居しているマーフィーの元へ。

彼の裏の関係からペットショップのヘスースを紹介されます。


その頃、アルはアニーの家に通うようになって親密に…

そして、銀行が彼らの年金を横取りすると知って怒り、銀行強盗の手伝いをすると志願しました。

ヘスースは銀行強盗の手引きを的確に行い、自分の銀行を襲わないのがセオリーと言うものの、今回は無視して銀行の監視カメラや警備員の場所を確認し始めます。

「ジーサンズ はじめての強盗」ネタバレ

そして、ハーディング達も身体を鍛え、逃走車の選定やアリバイ作りのための慈善カーニバルの準備も進めていきました。

スポンサーリンク

銀行の下見で強盗時のルートをたどると、5分弱かかっていたのが3分ほどまでタイムを縮め、いよいよ決行の日が近づきます。

ある日、マーフィーと孫娘を送り迎えをした際に、彼女に「お前は幸せになれる」と伝えます。

「もしかしたら一生刑務所暮らしかもしれない」と思ったため伝えた言葉でしたが、孫娘からは様子が変だと思われてガンを疑われ、ピンピンしていることを告げてたのです。

彼女の父であるマーフィーに、何かあったらあとは任せると伝えていよいよ時間となりました。


慈善カーニバルが始まって3人は祭りの手伝いをしつつも、こっそり銀行へ向かうための車へ。

そして覆面を付けて銃を構えつつ、銀行に入って中の人々に動かないよう指示。

窓口で追跡用の札束を入れさせないよう金を集めていきます。

そんな折、ウィリーが具合を悪くし、それを気遣った女の子がマスクを少し外してしまうというアクシデントが…
なんとか立ち直って、お金を集め終わった三人は出口へ向かいます。

そこで、銀行員のチャックが警備員の銃を奪って発泡してきたのです。

ですが弾は一発も当たらず、アルは彼に向って空砲を何発も放って脅し返し、銀行を後にしたのです。

4分で完了したこの事件は、警察が捜査を進めている最中に資金洗浄を頼むことで完遂するはずでした。


その間に3人は、好きなだけパイを食べてお酒を飲み、歌いながら夜道を歩いたりして楽しみます。

突然、ウィリーが痛みを訴えて倒れたため病院へ。

腎臓を移殖しないと生きて病院は出れないと医師に言われてしまうのでした。

またもや悪いことは続き、以前スーパーで万引きした際の防犯カメラの録画により、アルの走り方が一致するとのことで、FBIが事情聴取に来たのです。

スポンサーリンク

しかし、カーニバル当日、ハーディングはチケット売り場にいたと証言。

実は彼はグレーのハンチング帽子を他の仲間に被せてアリバイを作っていたのです。

同じく、アルはミルトンという痴呆気味の男性と話し、綿アメを売っていたことを証言。

FBIはミルトンに聞きますが、当てにならない証言を聞くハメに。

最後にウィリーは催し物であるお化け屋敷で、フランケンシュタインをずっと演じていたと言いました。

実はこっそり裏口から逃げていたのです。

そして、強盗後には製鉄所でマスクや銃を溶解し証拠を隠滅したためアリバイは完璧。

FBIはその手堅さを褒める一方で、「犯人は必ず一つバカなミスをする」と言い放ちました。


彼らは切り札としてウィリーを助けようとした女の子を連れてきたのです。

その子に犯人の顔と一致する者を見つけてもらおうとしたのですが、彼女はウィリーを見ても「ここにはいない」と断言し、助けてくれたのです。

「ジーサンズ はじめての強盗」ラスト最後の結末

「ジーサンズ はじめての強盗」ラスト最後の結末

ひと段落して、ハーディングはカフェでヘスースから孫にプレゼントするための犬をキャリーハウスごと引き取ります。

そこにはヘスースにより資金洗浄が済んだ大金が入っていたのです。

彼は「年寄り敬うのは社会の義務だから」と言い、ハーディングが出会った強盗だったと分かります。

タトゥーをヘナで描いたこと、それで警察を誘導したことを明かした彼ですが、そこにFBIのヘイマー捜査官がハーディングに忘れ物を届けに来たことで場に緊張感が…

捜査官は犬に興味を持って近づくと、子犬が噛み付いたおかげで場が解散となったのです。

今度こそ一件落着となり、ウィリーはアルから腎臓を移殖してもらい、アルはアニーと結婚式を挙げ、ハーディングは家を取り戻して3人は楽しく暮らし始めた所で物語は終わります。


この「ジーサンズ はじめての強盗」はdTVで無料で見る事ができます。

31日間は無料体験できますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ