「私の頭の中の消しゴム」ネタバレ!あらすじ最後ラスト結末と見所!

映画「私の頭の中の消しゴム」は、 2004年のイ・ジェハン監督の韓国映画です。
この映画「私の頭の中の消しゴム」は、日本で公開された韓国映画史上第1位の興行収入を記録しました。

そんな、映画「私の頭の中の消しゴム」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。

■ スタッフ
監督: イ・ジェハン
製作:チャ・スンジェ
脚本: イ・ジェハン
撮影: イ・ギョンジュ
音楽: キム・テウォン

■ 主要キャスト
チェ・チョルス:チョン・ウソン
キム・スジン:ソン・イェジン
ソ・ヨンミン室長(スジンの元不倫相手):ペク・チョンハク
アンナ・チョン(ヨンミン妻の同級生):イ・ソンジン
キム社長(スジン父):パク・サンギュ
スジン母 :キム・ヒリョン
チョンウン(スジン妹):ソン・ジヒョン
オ・マダム(チョルス母):キム・ブソン
ファン会長(チョルスに家の設計を依頼):イ・ハン
寺大工(チョルスの師匠): チャン・イナン
イ医学博士:クォン・ビョンギル

「私の頭の中の消しゴム」あらすじ

「私の頭の中の消しゴム」ネタバレ!あらすじ最後ラスト結末と見所!

不倫問題で左遷されるソ・ヨンミン室長(ペク・チョンハク)と駆け落ちしようと駅のホームで待つキム・スジン(ソン・イェジン)。

しかし彼は現れず、憔悴し落ち込みながらコンビニに寄った彼女は、コーラを一本買いました。

しかしそれを忘れて出てしまったスジン(ソン・イェジン)はすぐコンビニに戻ります。
すると丁度店から出てこようとしていた男性にぶつかってしまいました。

驚いて見つめあう二人。
彼はコーラを一本持っています。

それを自分が忘れた物だと勘違いしたスジン(ソン・イェジン)は彼の手からコーラを奪い、これ見よがしに缶を開けるとゴクゴクと飲んでしまいました。

当て付けのようにゲップまでしたスジン(ソン・イェジン)が店内に目をやると、レジには一本のコーラが残されています。

それを見て自分が勘違いしてしまった事に気付いたスジン(ソン・イェジン)は、さっきの男性を探しますが彼はすでに立ち去った後でした…。

こうして出会った二人は、やがて再会し、惹かれあい、そして悲しい運命に翻弄されていきます。
悲しいけれど愛に満ちた物語。是非、大切な人と一緒にご覧になって頂きたい物語です。

スポンサーリンク

「私の頭の中の消しゴム」ネタバレ、最後のラスト結末は?

「私の頭の中の消しゴム」ネタバレ!あらすじ最後ラスト結末と見所!

不倫問題で紳士服部門に配置換えされたスジン(ソン・イェジン)は、そこで最初に受け持った仕事で内装業者が逃げてしまうというトラブルを抱えてしまいます。
そこで、彼女は建設会社を経営する父に助けを求めました。

そして派遣されてきたのは、あのコンビニで出会った彼です。
チェ・チョルス(チョン・ウソン)という下働きの大工である彼は、スジン(ソン・イェジン)を見ても何の反応も示しません。

その様子に少しがっかりするスジン(ソン・イェジン)でしたが、彼女が自動販売機でコーラを買った時、それを横取りしてチョルス(チョン・ウソン)が飲み干してゲップをしたのです。
彼はスジン(ソン・イェジン)の事を覚えていたのでした。


不倫で身も心も疲れ切り、決して居心地が良いとは言えない会社で頑張るスジン(ソン・イェジン)の中で、無口だけれど優しく、建築士になりたいという夢の為に頑張るチョルス(チョン・ウソン)の存在が少しずつ大きくなってゆきます。

チョルス(チョン・ウソン)もまた、スジン(ソン・イェジン)の純粋さに惹かれ、二人の交際が始まりました。

スジン(ソン・イェジン)は結婚を意識しますが、チョルス(チョン・ウソン)は社長令嬢である彼女と、彼女の父の会社の下働きである自分の都の身分の差や、過去のトラウマにより結婚になかなか前向きになれません。

そんな彼に業を煮やしたスジン(ソン・イェジン)は、だまし討ちのような形でチョルス(チョン・ウソン)と自分の家族を会わせます。
しかし、居心地の悪いチョルス(チョン・ウソン)と、娘の恋人が下働きの大工という事にショックを受ける家族との雰囲気は最悪です。

この状況が過度のストレスとなり、スジン(ソン・イェジン)は倒れてしまうのでした。

その時、すぐに彼女を抱きかかえ、病院へと運ぶチョルス(チョン・ウソン)を見て、スジン(ソン・イェジン)の父は彼女の幸せは彼なしにはあり得ない、と悟ります。
こうして二人は結婚したのでした。


スポンサーリンク

結婚してしばらくは、甘く幸せな毎日が続きます。
チョルス(チョン・ウソン)も念願の建築士になり、二人のこれからは明るい未来だと誰もが信じていました。

しかし、チョルス(チョン・ウソン)には過去のトラウマが残ったままです。
彼は幼い頃母に捨てられ、預かった寺大工に殴られながら育ったのです。

今でも母親や寺大工の事を憎んでいる彼の傷を癒そうと、スジン(ソン・イェジン)は寺大工を訪ねました。

彼女の行動がきっかけとなり、寺大工と和解したチョルス(チョン・ウソン)は母親が多額の借金を背負い、今は刑務所にいる事を知るのです。

スジン(ソン・イェジン)は母親を助けてあげたい、と言いますがチョルス(チョン・ウソン)の心は頑なです。
そんな彼にスジン(ソン・イェジン)は、不倫した自分を許してくれた家族への感謝を口にし、許す事は難しい事ではない、と説得を続けました。

これにより気持ちに変化が訪れたチョルス(チョン・ウソン)は、母親に会いに行く事を決意します。

いざ会ってみた母は口汚くチョルス(チョン・ウソン)をなじりますが、その言葉の裏に彼女の愛情を感じ取り、気持ちのこわばりが取れた彼は、家を建てる為に溜めていたお金で母の借金を清算し、無一文からの再出発を決めるのでした。


ところが、スジン(ソン・イェジン)の物忘れが徐々に酷くなっていきます。
自分に不安を感じたスジン(ソン・イェジン)は、病院で診て貰う事にしました。

そこで出会ったイ医学博士(クォン・ビョンギル)は、彼女に不可解な質問ばかりを繰り返します。
診察の結果は残酷なものでした。
彼女は若年性アルツハイマーだというのです。

『肉体的死より精神的死が先に訪れる』
その言葉にショックを受けるスジン(ソン・イェジン)は、チョルス(チョン・ウソン)に相談し仕事を辞めることを決意します。


そんな時、帰国したヨンミン(ペク・チョンハク)から電話が掛かってきました。
スジン(ソン・イェジン)が辞める事を聞き、自分のせいで辞めるのか、会って話そう、と家に押しかけてこようとする彼に、それは困る、と外で会うことを了承したスジン(ソン・イェジン)でしたが、約束の日、出先で記憶を失ってしまいます。

道に迷った彼女を警察官が保護してくれようとしたその時、ヨンミン(ペク・チョンハク)が現れ、彼女は嬉しそうに駆け寄りました。

そんな彼女を見て、もう一度やり直したい、そう告げるヨンミン(ペク・チョンハク)に対し、駆け落ちの記憶もなくしているスジン(ソン・イェジン)は不思議そうな顔で、噛み合わない会話を続けます。

ふと我に返ったスジン(ソン・イェジン)は、ヨンミン(ペク・チョンハク)といる自分に驚いてすぐさま立ち去ります。

そして、自分の記憶の不安定さに恐れを抱いた彼女は、バッティングセンターでチョルス(チョン・ウソン)に別れを切り出すのでした。

頭の中に消しゴムがある自分は、きっとあなたの事も忘れてしまう。
分からなくなってしまう。
そう泣きながら告げるスジン(ソン・イェジン)。

しかしチョルス(チョン・ウソン)は彼女を抱き締め、自分がスジン(ソン・イェジン)の記憶だと言い聞かせ、
『お前が俺を忘れた頃、また俺が現れるんだ』
『そしたら最初からまたナンパする』
『そうすれば一生恋できるぞ』
涙でグショグショになりながら笑顔を浮かべて別れを拒むのでした。


スポンサーリンク

チョルス(チョン・ウソン)は彼女の為に家じゅうにメモを貼り付け、記憶があやふやになっても困らないようにと工夫を凝らします。
そんな彼に向かって、記憶の混乱が頻発する程病気が進行したスジン(ソン・イェジン)は『ヨンミン』と呼び掛け『愛してるわ』と言うのでした。

その日はチョルス(チョン・ウソン)の母の誕生日。
お祝いの準備に張り切るスジン(ソン・イェジン)の前に、退職した彼女の私物を届けにヨンミン(ペク・チョンハク)が現れます。

再び記憶が混乱しているスジン(ソン・イェジン)は、彼を笑顔で招き入れてしまいます。
ヨンミン(ペク・チョンハク)から『君は結婚したんだ』と言い聞かされても、自分を捨てるための方便だと思い込んで泣き叫ぶスジン(ソン・イェジン)。

その最悪なタイミングでチョルス(チョン・ウソン)が帰ってきました。
状況を誤解したチョルス(チョン・ウソン)はヨンミン(ペク・チョンハク)を殴り飛ばしてしまいます。

そこへ誕生日会の主役であるチョルス(チョン・ウソン)の母親やスジン(ソン・イェジン)の家族が集まってきました。
血まみれのヨンミン(ペク・チョンハク)に驚く一同、そしてスジン(ソン・イェジン)は気絶してしまいます。

チョルス(チョン・ウソン)はスジン(ソン・イェジン)の病気を家族の前で告白します。
するとスジン(ソン・イェジン)の父は、君はまだ若い、娘の面倒は我々がみよう、と家に連れて帰る事を提案しますが、チョルス(チョン・ウソン)は納得しません。
彼の、自分が側にいるという強い決意は揺らがないのでした。


そんなある日、スジン(ソン・イェジン)は突然記憶を取り戻します。
自分が酷くチョルス(チョン・ウソン)を傷つけた事まで思い出し、泣きながら彼に手紙を書くスジン(ソン・イェジン)。

『私が愛しているのはあなただけよ』
そう書き残した彼女はそのまま家を出て、二度と彼の元には帰って来なかったのでした。


しかしそれでも諦めきれないチョルス(チョン・ウソン)の元に、ある日一通の手紙が届きます。
『今日は不思議と記憶がはっきりしているので、記念に手紙を書くわ』

そんな書き出しで始まった手紙には、スジン(ソン・イェジン)からの大きな愛が綴られていました。
『あなたの事を忘れた私を、貴方も忘れて。』
『良い人と出会って幸せになって。』
『私を探さないで。』

そう書かれてあった手紙を元に、チョルス(チョン・ウソン)は彼女を探し出します。

しかし、カンヌン(江稜)の介護施設に入っていたスジン(ソン・イェジン)にはもう、チョルス(チョン・ウソン)の事が誰なのか思い出せません。

そんな彼女を連れて、チョルス(チョン・ウソン)は初めて出会ったコンビニ目指してソウルへと走ります。
コンビニには店員に扮したイ医学博士(クォン・ビョンギル)を始め、チョルス(チョン・ウソン)の母や、スジン(ソン・イェジン)の家族がそれぞれ客に扮して集まっています。

『ここは、天国かしら』
そう言ってチョルス(チョン・ウソン)を振り返る彼女と共に、再び車に戻り走り出す二人。

チョルス(チョン・ウソン)はスジン(ソン・イェジン)に、初めて『愛してる』と言葉にして伝えたのでした。

幸せそうに微笑みながらチョルス(チョン・ウソン)を抱き締めるスジン(ソン・イェジン)。
二人の乗った車が走り抜けていくシーンで物語は終わりを迎えます。


スポンサーリンク

「私の頭の中の消しゴム」見所ポイント!

「私の頭の中の消しゴム」ネタバレ!あらすじ最後ラスト結末と見所!

とても悲しく、さびしく、そして幸せな物語だと思います。
記憶を無くしていく、肉体は生きているのに精神的に死んでしまう、そんな悲しい病気に壊されてしまう主人公二人の未来ですが、しかしこんなにも誰かを強く愛し、愛される、そこには確かな幸せがあったのでは、と感じられるからです。

涙が止まらないシーンが沢山あるのですが、個人的に一番切なかったのが、スジンがチョルスを『ヨンミン』と呼び愛を伝えるシーンです。
この時のチョン・ウソンさんの表情に涙腺を壊されてしまいました。

愛する人に名前どころか存在自体を間違われ、彼女の中に自分がいない事を突き付けられる。
しかしそれでも、彼女を傷つけないように涙を堪えて振り返り、ヨンミンのつもりで返事をするその顔に涙が止まりませんでした。

このシーンがあったからこそ、あとのスジンが一瞬記憶を取り戻し、彼を傷つけたと取り乱す姿がより引き立ちこちらの胸を打ったのだと思います。

この物語は当時もの凄くヒットしましたが、ご覧になった多くの方が韓国映画として認識れたのではないか、と思います。
しかし、もともとは2001年に製作された日本のTVドラマ『Pure Soul~君が僕を忘れても~』が原作なんだそうです。
【私の頭の中の消しゴム】というタイトルも、このドラマの中で主人公を演じた永作博美さんが口にしたセリフからとられたんだそう。

【私の頭の中の消しゴム】は、同じタイトルで日本でもドラマが再制作されましたが、大元のTVドラマを見直してみるのも、色々と比較できて楽しいかもしれませんね。

韓国映画としては日本NO.1のこの物語、切なくて涙が止まらず翌日の目元が大変なことになる可能性が高いですが、未見の方にはぜひ一度、この素晴らしい愛に満ちた物語をご覧になって頂きたいと思います。

この「私の頭の中の消しゴム」はU-NEXTで見れます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加