レゴバットマン ザ・ムービーのネタバレ!あらすじやラスト最後の結末!

映画「レゴバットマン ザ・ムービー」は、レゴブロックの世界を舞台にしたCGアニメ映画です。

クリス・マッケイ監督の2013年のアメリカ映画で、コメディタッチの内容になっています。

通常のバットマンのイメージとは程遠いテイストになっています。
しかしながら、従来のファンも納得するストーリーに仕上がっています。

たくさんのヒーロー、悪役が登場することでも話題になりました。

そんな、映画「レゴバットマン ザ・ムービー」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末について紹介します。

■ スタッフ
監督: クリス・マッケイ
製作: ダン・リン他
脚本: セス・グレアム=スミス他
音楽: ローン・バルフェ

■ 主要キャスト
ブルース・ウェイン / バットマン:ウィル・アーネット
ジョーカー:ザック・ガリフィアナキス
ディック・グレイソン / ロビン:マイケル・セラ
バーバラ・ゴードン / バットガール:ロザリオ・ドーソン

スポンサーリンク

「レゴバットマン ザ・ムービー」あらすじ

「レゴバットマン ザ・ムービー」あらすじ

バットマンのもとに、バットマンに憧れるロビンこと少年ディックがやってきます。

ロビンのせいでペースを乱されるバットマンだったが、さらにそこへ、宿敵ジョーカーが宇宙に閉じ込められていた悪者たちを脱走させ、ゴッサムシティを混乱に陥れる事態が発生。

街のピンチを救うため、いつも一人で戦っていたバットマンが、他のヒーローと協力をして・・・

「レゴバットマン ザ・ムービー」ネタバレ

「レゴバットマン ザ・ムービー」ネタバレ

マガフィン空港118便はダイナマイト1100万本と爆薬のC4が8トンを積んでおり、管制室上空の飛行の許可を求めていました。

パイロットが仲良しなら大丈夫だろうと許可しましたが、悪人たちが上空から乗り込んできて機長のデールは飛行機から落とされてしまいます。

もう一人のパイロットの元に悪人のジョーカーが現れて、爆弾ごと奪われてしまうのでした。


その頃、ジョーカーと協力する悪人たちがゴッサム発電所を乗っ取ろうとしていました。

リドラー、クレイフェイス、ポイズン・アイビーなどの多くのZ級の悪者軍団は上手くことを運び、ジョーカーと合流します。

警察署のゴートンはバットマンに助けてもらおうと屋上のバッドシグナルを灯そうとしますが、エッグヘッドにより妨害されてしまいました。

そこでSWATを緊急配備して包囲、乗っ取った悪人は5分以内に市長を呼ばなければ爆破すると言います。

市長は自らヘリコプターに乗り込み赴きますが、実は変装したバットマンだったのです。


自慢の秘密兵器である車や武器を披露しつつ悪人をやっつけていき、最後にジョーカーを捕まえようとします。

ジョーカーは自らの行いを誇り、バットマンの最大の敵で特別な存在であることを認めさせようとしました。

しかしバットマンはベインやスーパーマンが最大の敵であり、特別ではないと主張。

最後には誰にも興味はないと断言したため、ジョーカーはとても悲しい顔をして空へ逃げます。


爆弾を解除したバットマンは街の救世主として市民に讃えられ、孤児院でもグッズやお金を配布して人気者。

しかし、ひとたびウェイン島のハイテク機器が整備された自宅に帰ると孤独になります。

住んでいるのは執事のアルフレッド…
バットマンことブルース・ウェインは両親を亡くし、家族や友人を持つことを恐れていたのでした。


ゴードン本部長の引退パーティーに呼ばれたウェインは、会場で孤児のいじめられっ子のディックに質問攻めに合います。

そして、新しい本部長の発表となり、ゴードンの娘であるバーバラの演説が始まって、バットマンは悪人を捕まえられず自警団として活動は良くないと言うのでした。

ウェインはショックを受けますが、そこにジョーカーと悪人たちが乗り込み、ウェインはバットマンになって臨戦態勢を整えました。

しかし、ジョーカーは悪人たちと共に自首すると言いだしたのです。


犯罪が無くなって喜ぶ市民とは対象に、やることの無くなったバットマンはジョーカーの監視を始めます。

収容所で大人しくしていたジョーカーですが、何かしでかすのではと不安に駆られて異次元空間の収容所である「ファントムゾーン」に送ろうと作戦を立てるのでした。


バットマンが帰宅するとアルフレッドに養子をどうするのかと問われます。

先日のパーティーでディックは養子になりたいと言った際に、うわの空で了承していたためです。

屋敷に来たディックはバットマンの秘密基地であるバットケイブに訪れ、たくさんのハイテク機械に嬉々とします。

バットマンは元いた場所に返そうと思いましたが、ファントムゾーンを開くための転送装置を入手すべく利用することに決めました。

スポンサーリンク

ディックにレゲエマンの衣装を着させて、バットモービルに乗り込み転送装置の在り処であるスーパーマンの孤独の要塞へ向かいます。

バットマンは正面から訪問するとスーパーマンはジャスティスリーグ57周年記念のパーティーを開催していました。

たくさんのヒーローが集う中、バットマンはディックに通信し転送装置の場所へ潜り込めたか尋ねます。

転送装置はエネルギーシールドに守られていると知り、バットマンは管理室に行ってその装置を解除、ディックは彼の指示通りに動いて罠をかわして転送装置を入手します。


作戦が成功した2人はアーカム刑務所にこっそり忍び込もうとした所をバーバラに見つかってしまうのでした。

怪しまれたことで取調室に呼ばれ、持ち物を検査された際に転送装置が見つかり、バットマンたちは強行突破。

ジョーカーの収容される牢獄で転送装置を作動させて彼をファントムゾーンへ送ります。


バーバラはバットマンの身勝手な行動から逮捕。

バットマンはこれでジョーカーが2度と悪事を働けないと確信します。

しかし、ジョーカーは極悪人たちに会ってゾーンから逃がす代わりに協力を要請。

その頃、警察の保管庫に移される転送装置を悪人のハーレークインが奪取します。

そして転送装置を使ってファントムゾーンと地上をつなぎ、魔法を操るヴォルデモート、大型のキングコングなどの多くの極悪人が降り立ったのです。

そして、遠くまで見通すことができるサウロンは、ブルース・ウェイン邸にバットマンがいるとジョーカーに伝え、彼らは乗り込みます。


ゴッサムシティの危機にバーバラはバットマンに協力を申し出て、ディックとアルフレッドとチームを組んで戦闘機に乗りこみウェイン邸を目指すのでした。

その途中、多くの極悪人が邪魔をしに来てはバットマンが倒していくのですが、ピンチになったためアルフレッドが助けようとし、戦闘機から落ちてしまいます。

バーバラが操縦を代わってなんとか助けることができ、その後は息の合ったチームによりサウロンを撃破。

それぞれの活躍を喜び、集合写真を撮るのですが、バットマンは亡くなった家族を思い出します。


そしてこれ以上チームを危険にさらせないと思い、ウェイン邸に着いた際にバーバラたちをそのまま戦闘機に乗せて自動操縦にし、安全地帯へ送るのでした。

そして単身で乗り込みましたが、ヴォルデモートの魔法で動きを止められ、ジョーカーが持っていた転送装置によりファントムゾーンへ送られてしまいます。


そこでゾーンの管理人に今までの身勝手さを突きつけられ、地上の映像を見せられます。

戦闘機に乗ったバーバラ達はジョーカーの元に戻り、3人で戦いますが状況は劣勢…
バットマンは極悪人たちを全て捕まえることを条件に、地上へ戻してもらうよう頼むのでした。

「レゴバットマン ザ・ムービー」ラスト最後の結末

「レゴバットマン ザ・ムービー」ラスト最後の結末

チームのピンチを救ったバットマンは協力して転送装置を奪還。

それぞれがパスを回して極悪人を転送していきました。

ひと段落して安心するとジョーカーが仕掛けた爆弾による爆破音が轟き、地上には大きな断裂が…
バットマンは街の市民たちとも協力し、断裂をつなげられるよう橋をかけます。

そして、ジョーカーを最大の敵と認め、喜んだ彼とも協力して橋になった互いを引き合い、断裂をくっつけて一件落着。


バットマンが取引どおりファントムゾーンへ戻ろうとしますが入口が閉まっており、管理人がメッセージを伝えます。

バットマンは変わろうとしていることを考えて地上にとどまるべきだと言うのでした。

一方、悪人達は逃げようとしたため、バーバラが止めようとしますが、バットマンはハンデのため30分待ってやろうと言います。

そして、ディックを息子と認め、バーバラ達にもお礼を述べてチームはバットマン邸へ。

みんなで食事や映画を楽しみつつ物語は終わります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ