「ロスト・バケーション」ネタバレ!あらすじや最後ラスト結末は?

映画「ロスト・バケーション」は、ブレイク・ライブリー主演、ジャウマ・コレット=セラ監督の2016年アメリカ映画です。

登場人物はほぼ主人公のナンシー(ブレイク・ライブリー)のみというサメとの対決映画です。

そんな、映画「ロスト・バケーション」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。

■ スタッフ
監督: ジャウマ・コレット=セラ
製作: リン・ハリス、マッティ・レシェム
製作総指揮:ダグ・メリフィールド、ジャウマ・コレット=セラ
脚本: アンソニー・ジャスウィンスキー
撮影: フラビオ・ラビアーノ
音楽: マルコ・ベルトラミ

■ 主要キャスト
ナンシー:ブレイク・ライブリー
カルロス:オスカル・ハエナダ
ナンシーの父:ブレット・カレン
クロエ:セドナ・レッグ

スポンサーリンク

「ロスト・バケーション」あらすじ

「ロスト・バケーション」あらすじ

メキシコのどこかにある秘密のビーチ。

サラサラと光るベージュの砂浜に、透けるブルーの美しい海はサーフィンを愛する者にとって最高の場所です。

ここへ旅行にやってきたのはナンシー(ブレイク・ライブリー)。

この場所は彼女の母親がナンシー(ブレイク・ライブリー)を妊娠していた時に来ていた思い出の場所でもあります。

若き日の母の写真を見ながら訪れた彼女は、この素晴らしい海でサーフィンを楽しもうとやってきました。

ところが、ここで彼女は生死をかけた闘いに身を置くことになるのです。
果たしてナンシー(ブレイク・ライブリー)は生きて帰ることができるのでしょうか―――?

「ロスト・バケーション」ネタバレ、最後のラスト結末は?

「ロスト・バケーション」ネタバレ、最後のラスト結末

サッカーボールを蹴りながら浜辺を歩いていた少年。
彼は波打ち際に寄せられている壊れたヘルメットを見つけました。

不思議に思い拾い上げると、そのヘルメットにはカメラが取り付けられています。
映像を確認した少年は大急ぎで浜辺をあとにします―――。


この少年から時間を遡ること1日。
アメリカからやってきたナンシー(ブレイク・ライブリー)は、現地人・カルロス(オスカル・ハナエダ)の運転する車に乗っています。

片言の英語と片言のスペイン語で楽しく会話を交わしながら到着した海は、まさに彼女が目指していた場所でした。

帰り道だったから、と言って乗せてくれたお礼を受け取ろうとしないカルロス(オスカル・ハナエダ)と別れ、サーフィンの準備を始めたナンシー(ブレイク・ライブリー)。

小さな湾のようなその場所は、透ける美しいブルーの海で青年が二人サーフィンをしている以外、誰もいません。

どこまでも美しく、穏やかに高い波が打ち寄せるこの最高の海に、早速駆け出したナンシー(ブレイク・ライブリー)は、沖へ沖へと進みます。

やっとポイントまで泳ぎ着いた彼女に、ボードに座り漂っていた青年たちが話しかけてきました。
親しく言葉を交わす三人。

彼らはこの海の危険ポイントとして岩礁、そしてヤケド珊瑚の存在を教えてくれると、あとで一緒に飲もう、と言ってヘルメットに取り付けられたカメラの電源を入れたのでした。


三人は思い思いに海を楽しみます。

高波に乗ってボードを操る楽しさを満喫したナンシー(ブレイク・ライブリー)は休憩にと浜辺にあがります。

キラキラと太陽を弾く海を見ながら林檎をかじっていた彼女は、スマホに入れてある母の写真を見て、妹のクロエ(セドナ・レッグ)に電話をかけました。

ママの秘密のビーチに来ていると話し、姉妹が楽しく会話しているところに父が出てきます。
父は、医者になると言って医学校にまで進んだナンシー(ブレイク・ライブリー)が母親の死にショックを受けてその道を絶とうとしていることを心配しているのです。

アメリカに戻ってきたら医学校に戻り医者になれ、と話す父親に、救えない病人もいるわ、と返すナンシー(ブレイク・ライブリー)。

ママは全力で闘ったぞ、と諭されても彼女は素直に父親の言葉には頷けないのでした。


少し涙声になりながら断ち切るようにして電話を終えた彼女は、気を取り直すように再び海へ向かいます。

そんなナンシー(ブレイク・ライブリー)とは反対に、青年たちはもう帰るようです。

日が暮れるぞ、と彼女にも帰ることをすすめますが、ナンシー(ブレイク・ライブリー)はあと一本だけと残ります。

波を待つナンシー(ブレイク・ライブリー)が見つけたのは、大きな鯨の死体でした。

何かに食われたのか大きく肉が抉れています。
驚いてボードから落ちてしまったナンシー(ブレイク・ライブリー)の下を横切る大きな黒い影・・・。

急いでボードを操って波に乗り浜を目指しますが、途中で落水してしまい岩礁に体を打ってしまいました。

水面に浮かび上がり急いでボードに捕まったその瞬間です!
何かによって海中へと引きずり込まれたのです。

あっという間にあたり一面が赤く染まります。

必死で水面に顔を出したナンシー(ブレイク・ライブリー)。
大量に出血しながらも必死で泳ぐ彼女の後ろに再び大きな背びれが追ってきます。

掴まる物のない海の上で彼女が選んだのは、さっきの鯨の死体でした。

縋り付くようにして登りなんとか海から出たナンシー(ブレイク・ライブリー)ですが、その左太ももには深い噛み跡が・・・。

急いでボードを繋いでいたバンドを使って脚を縛り、必死で浜に向かって声を上げます。
しかしその声は届きませんでした。


青年たちは車に乗り込み、ナンシー(ブレイク・ライブリー)のピンチに気付くことなく帰ってしまったのです。

取り残されてしまったナンシー(ブレイク・ライブリー)。
しかも命を預けている鯨は安定が悪い上に、サメは虎視眈々と彼女を狙っています。

サメが鯨に体当たりするのと、ナンシーが側に見つけた岩に向かって海へ飛び込んだのが同じタイミングでした。

なんとかたどり着いた岩ですが、それほど大きさがあるものではなくあまり高くもありません。

近くにサメがいないことを確認したナンシー(ブレイク・ライブリー)ですが、足の傷は思っている以上に深くこのまま放置するのは致命的・・・。

そこで彼女は、自分が身につけていたアクセサリーに目を付けます。
ピアスやネックレストップを使って傷口を塞いだのです。

多少鋭角に尖っているとは言え刃物ではないもので、しかも麻酔もなく直接ホッチキスのように傷口を止めて開きを抑える方法を考えたナンシー(ブレイク・ライブリー)は、歯を食いしばりながらその痛みに耐えます。

なんとかやり遂げた彼女は、医学校で習った知識を活かしながらスーツを脱ぐと、包帯替わりに患部に巻いて横たわりました。

きっと誰か助けが来るはずだ、と願いながら・・・。

スポンサーリンク


しかし日が暮れても誰も来ません。
気を失うようにして眠ってしまったナンシー(ブレイク・ライブリー)は、体を這うカニにより目を覚まします。

何も食べていない彼女は思わずカニを口にしますが、すぐに吐き出してしまいました。

そんな彼女の視界に入ってきたものがありました。
ナンシー(ブレイク・ライブリー)のサーフボードです。

そっと辺りを伺いサメの存在を確認して・・・
彼女は静かに海へと足を踏み入れます。

左足にはバンドとスーツの袖部分を履くという形で止血をしてはいますが、それでも抑えきれない出血が海に赤い筋を残しますが、とにかくボードに向かって進むナンシー(ブレイク・ライブリー)。

がしかしその側にサメの背びれが・・・!

一目散に逃げるナンシー(ブレイク・ライブリー)は、岩を登る衝撃にすら足を痛めつつも逃げ帰る事が出来たのでした。


太陽が登りました。
満潮まではわずか6時間しかありません。

そこへ昨日の青年たちがやってきました。
岩に横たわり灼熱の太陽に焼かれていたナンシー(ブレイク・ライブリー)は、彼らが海に入るまでその存在に気付きません。

ぼんやりと彼らを見て覚醒した彼女は、必死の声を上げてサメの存在を知らせます。

ところが、ここにはいない、と笑っていなす彼らは海から出ようとはしないのです。

そしてやはりサメの餌食となってしまいました。


照りつける太陽の下、唇をカサカサにしながら横たわるナンシー(ブレイク・ライブリー)。

時刻は5時56分、満潮まで25分・・・

その時、波間に寄れるヘルメットを見つけた彼女は、そこにカメラが付いている事に気付きます。

拾い上げたいけれど、側には泳ぐサメ・・・。
もう自分に残されているのは、僅かに残った岩場だけ。

とうとう満潮・・・。
そこでナンシー(ブレイク・ライブリー)は気付きました。

先ほどのカメラがさっきよりもずっと側、すぐそこの小さな岩近くまでに来ていることに。

彼女は、サメの行動を確認し鯨の死体まで回遊してこちらまで帰ってくる時間を計測します。

時間にして23秒。
鯨の方向に向かい泳ぐサメを確認すると、カメラを拾おうと海に入るナンシー(ブレイク・ライブリー)。

岩に近付き揺れるカメラをなんとか掴んだ・・・
その瞬間!サメが岩に乗り上げてきたのです。

慌ててもといた場所に逃げ帰ると、本当に僅かなスペースとなった岩に登り、カメラの映像確認を始めました。

そこに写っていたのは、サーフィンを楽しみサメに襲われた青年たちの姿・・・。

最後に映っていたのは大きく口を開けて迫るサメの姿でした。
そこで再生を止め、口を開けたサメの姿をアップにしてみます。

するとその口には太い杭が刺さっていました。
そういえば、さっき岩に乗り上げた時も海の中の珊瑚に刺される事を嫌がっていた・・・

そう気付いたナンシー(ブレイク・ライブリー)はヘルメットの破片を胸にしまい、とある決意を固めたのでした。


午後6時11分、満潮まで10分。
ナンシー(ブレイク・ライブリー)はカメラに向かい自己紹介と日時を述べ、自分の状況を話し始めます。

サメのこと、怪我のこと、今からしようとしていること・・・。
彼女は岩から30mほどのところに浮かんでいるブイまで移動するつもりでいるのです。

そこまで話すと言葉に詰まってしまうナンシー(ブレイク・ライブリー)。
この映像を見た人はここへビデオを送って、と話すと父と妹へのメッセージを残します。

心から愛してる・・・と泣き顔で話したナンシー(ブレイク・ライブリー)ですが、母が病と闘ったように私も闘ってみせる、と自分を鼓舞するようにして映像を切ったのでした。

スポンサーリンク


カメラをヘルメットに戻し海へ投げると、今度は自分自身のスタートです。

ところが彼女の衣類分からブイまでの間には大量のクラゲが発生してしまっています。
けれどサメは刺されるのが嫌い・・・。

これは私の味方ね、と呟くと思い切って海に飛び込んだナンシー(ブレイク・ライブリー)。
大量のクラゲの間を刺されながらも、進むしか助かる方法はありません。

サメは待っていましたとばかりにナンシー(ブレイク・ライブリー)に襲い掛かるも、やはりクラゲは苦手なのか一気に刺されると進路を変えて逃げていきました。

その間になんとかブイに到着した彼女は、錆びたハシゴにより一度海に落水しながらも、再び襲い来るサメに必死の抵抗をしてその梯子を登り切ります。


やっとの事で満潮時間の関係ない場所に来られたナンシー(ブレイク・ライブリー)は、向こうを行く船をみつけました。

急いでブイに取り付けられた箱を開けようとしますが、ここも錆びていてなかなか開きません。

遠ざかる船に焦りながら、ヘルメットの破片を使ってやっとの事で開いた箱から発炎筒を打ち上げる銃を取り出しました。

ここよ、助けて・・・と囁くように何度も打ち上げますが・・・
彼女に気付く事なく行ってしまう船・・・。


夜が明けました。
サッカー少年がカメラを拾っています。

ナンシー(ブレイク・ライブリー)の映像を見て走り出す少年。

彼女は今無事なのでしょうか―――?

ブイに蹲っているナンシー(ブレイク・ライブリー)は生きていました。

彼女の血痕が海へ滴り落ちています。
そこへサメが体当たりしてきました。

急いでブイを登り、サメめがけて発煙銃を打ち込むナンシー(ブレイク・ライブリー)。

ちょうどオイルが湧いている部分だったのか、一瞬にして炎に巻かれるサメ!


しかしサメはそのまま海中に潜り炎を遠ざけると、怒り狂ってブイに突進してきます。

鋭い歯で噛み付かれては脆いブイはひとたまりもありません。

あっという間に転覆しナンシー(ブレイク・ライブリー)は海の中へ!

ブイの骨組みの中に入り込むも、サメは鉄金属など物ともしないように噛み付いて彼女を狙っています。

その衝撃でブイを海底につないでいる鎖は今にも引きちぎられそうです。

そこに気付いた事が命の明暗を分けました。


鎖が切れることを見越してそれを掴み、切れた瞬間その重みで海底に向かって猛スピードで潜り始めたのです。

それを追うサメ。
あと少しで追いつかれる・・・
これこそが彼女の狙いでした。

自分目掛けて一気に進むサメの目の前で身を翻し、鎖をつないでいた海底の杭に頭から突っ込ませたのです。


カメラを拾った少年が呼んできたのはカルロス(オスカル・ハナエダ)でした。

慌てては間に走ってきた彼は、そこにぐったりと横たわるナンシー(ブレイク・ライブリー)を見つけると、少年に助けを読んでくるよう指示を出すと彼女の側に走ります。

身動き一つしないナンシー(ブレイク・ライブリー)でしたが、やがて水を吹き出し意識を取り戻しました。
彼女は助かったのです。

海を見るナンシー(ブレイク・ライブリー)。仰向けになった彼女を覗き込んだのは太陽を背負った母の姿でした。


一年後。
アメリカに帰ったナンシー(ブレイク・ライブリー)は、父と妹と海に来ています。

学校に戻り医者になった彼女は、今でも母が愛した海を楽しんでいます。
浜に座る父は、仲良く海へと掛けていく娘ふたりを眩しそうに見送るのでした。

「ロスト・バケーション」見所ポイント!

「ロスト・バケーション」見所

映像がとにかく美しい作品です。
サメをモチーフにしたパニックムービーでここまで美しい映像というのは珍しいような気がします。

レオナルド・ディカプリオ主演の【ザ・ビーチ】もサメと美しい浜辺が印象的でしたが、あちらはパニックムービーではありませんし、サメを相手にたったひとりで立ち向かうというストーリーもとても楽しめる一作でした。


パニックムービーなのにそこまでサメが出てくるわけでもないのに、魚影やサメからの視界を映すような海中の映像、またエンディングで観せた青く澄んだ海に走る赤色など、じわじわと恐怖を煽ってくるあたりが上品なパニックを起こさせて目が離せません。


前編ほぼひとり、という文字通り映画を背負ったブレイク・ライブリーもその容姿の美しさだけではない存在感で鑑賞者を映画に引き込んでくれます。
新しいサメの映画としてオススメしたい一本です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加