メカニック:ワールドミッションのネタバレ!あらすじやラスト最後の結末!

アクション

映画「メカニック:ワールドミッション」は、ジェイソン・ステイサム主演、デニス・ガンゼル監督の2016年のアメリカ、フランス共同制作映画です。

「メカニック:ワールドミッション」のネタバレ、キャスト、あらすじ、最後ラストの結末を紹介します。

メカニック:ワールドミッションが無料で見れるサイトも紹介します。

スポンサーリンク

 

「メカニック:ワールドミッション」キャスト・スタッフ

■ スタッフ
監督: デニス・ガンゼル
製作:デヴィッド・ウィンクラー
製作総指揮:アヴィ・ラーナー
音楽: マーク・アイシャム
脚本: トニー・モジャー他
撮影:ダニエル・ゴットシャルク

■ 主要キャスト
アーサー・ビショップ:ジェイソン・ステイサム
ジーナ:ジェシカ・アルバ
マックス・アダムス:トミー・リー・ジョーンズ
メイ:ミシェール・ヨー
クレイン:サム・ヘイゼルダイン
ジェレミー:ジョン・セナティエンポ
エイドリアン・クック:トビー・エディントン
クリル:フェミ・エルフォウォジュ・Jr
フランク:アンテオ・クィンタヴァッレ
メッセンジャー:ラター・ポーガーム
刑務所長:ヴィタヤ・パンスリンガム

 

「メカニック:ワールドミッション」あらすじ

「メカニック:ワールドミッション」あらすじ

凄腕の殺し屋ビショップ(ジェイソン・ステイサム)

裏社会から足を洗った彼に兄弟子クレイン(サム・ヘイゼルダイン)から依頼が来ます。

断り続けたビショップでしたが、人質を取られやむなく応じることに・・・

標的は大物フィクサー三人。

ビジョップは完璧に守られた標的を倒し、人質を取り戻すことができるのでしょうか?

 

「メカニック:ワールドミッション」ネタバレ

「メカニック:ワールドミッション」ネタバレ

凄腕の殺し屋だったビジョップ(ジェイソン・ステイサム)は引退し、ブラジルのリオで平穏に暮らしていました。

ある日、見知らぬ女性から突然仕事の依頼を受けます。

それはビジョップの兄弟子であるクレイン(サム・ヘイゼルダイン)からの依頼でした。

断るビジョップでしたが、一斉に待機していた部下が襲い掛かります。

敵を倒し、ねぐらの船に戻ると、すでにクレインの手が・・・

ビジョップはセキュリティ装置をスマホで作動させ、船ごと爆破したのでした。

 
ビジョップはタイへ向かいます。

そこには、昔馴染みのメイ(ミシェール・ヨー)が離れ島でコテージを経営していました。

ビジョップは、そこにしばらく滞在することにしました。

スポンサーリンク

 
ある日、島にアザだらけの女性、ジーナ(ジェシカ・アルバ)がやってきます。

ジーナはメイに薬がないか尋ねます。

尋常ではないことを感じたメイは「必要なら補給船に連絡する」と言うのですが、ジーナは「大丈夫」と言って去っていくのでした。

 
その夜、メイは島の沖合の船で、ジーナらしき女性が暴行を受けているのを見つけます。

そしてビジョップに助けを求めました。

ビジョップに助けられたジーナでしたが、実はクレインが送り込んだ人物でした。

人質を取られてしかたなくというジーナをビジョップは信じる事にしました。

慈善活動をするジーナの動画をネットで見たからです。

ビショップは騙されたフリをして、逆にクレインを殺す作戦を練ります。

 

ビジョップとジーナは恋仲になったフリをしました。

しかしいつの間にか本当の関係になってしまったのです・・・

クレインの部下、ジェレミー(ジョン・セナティエンポ)が手下を引き連れて襲ってきました。

ビショップはジーナに父親の形見の腕時計をあずけます。

多勢に無勢でジーナは連れ去られ、ビジョップも捕まってしまうのでした。

 
タイ、バンコク。

ビショップはクレインの元に連れていかれました。

そしてクレインの依頼を受けることになります。

標的は3人。
すべて事故に見せかけて殺すこと。

一人目はクリル将軍(フェミ・エルフォウォジュ・Jr)、現在マレーシアの刑務所にいます。

 
マレーシア。
ビショップは指名手配の犯罪者になりすまし、ワザと逮捕されます。

刑務所に潜入したビショップは、クリル将軍を殺そうとした暗殺者を倒し、クリル将軍に信用されます。

そして食事のスキに薬を・・・過剰摂取による死に見せかけたのでした。

 
次はエイドリアン・クック(トビー・エディントン)、鉱業界の大富豪。
36時間以内に殺さなきゃいけません。

ビジョップはオーストラリアのシドニーに飛びました。

エイドリアン・クックのビルの屋上のプールで狙います。

プールの底に割れ目を入れ、プールの底が抜けたように見せかけて始末しました。

 
テレビ電話でジーナの安全を確認する際に、ジーナの機転で背景に移るナンバーをビショップに見せます。

それはある船舶の船舶ナンバーでした。

このナンバーからジーナの監禁されている場所もシドニーだとわかります。

ヘリでその船を探しに出るビショップ。

その船を見つけ出し、乗り込みます。・・・しかしすんでのところで失敗してしまうのでした。

 
クレインは次は許さないと言います。

そして次の標的、黒海にいる武器商人のマックス・アダムス(トミー・リー・ジョーンズ)を指定するのでした。

 
武器商人?
ビショップはあることに気が付きます。

世界の有名な武器商人を消すことによって、クレインは自分のシェアを増やしたいのでした。

ビショップはあることを思いつきます・・・

 
うまくマックス・アダムスの要塞に潜入したビショップ。

マックス・アダムスと取引をします。

クレインがあんたの取り分を狙っていると・・・

クレインが共通の敵だと認識したビショップとマックス、逆にクレインをはめようと計画を立てます。

 
これみよがしに爆発事故を起こし、マックスが死んだように見せかけました。

しかし死体を見せろというクレイン。

ビショップはマックスの潜水艦待避所で、クレインの部下ジェレミーと落ち合うのでした。

スポンサーリンク

 

「メカニック:ワールドミッション」ラスト最後の結末

「メカニック:ワールドミッション」ラスト最後の結末

そこではビショップが待ち伏せをしていて、ジェレミー隊を倒します。

そしてすぐにクレインの船へ向かいます。

そこには人質のジーナがいました。

船に入り、次々と敵を倒していくビショップ。

ただ、クレインには人質のジーナという切り札があります。

クレインは船に爆弾もしかけていました。

ヘリで逃げるつもりです。

 
ジーナと会えたものの、爆発には間に合わないと悟ったビショップは、ジーナだけ脱出ポッドに載せて打ち出します。

そしてクレインとの最終決戦へ・・・

最後はチェーンでクレインを縛り付け、そのまま船とともに爆破するのでした。

 
脱出ポッドのジーナは無事警備隊に救出されます。

生存者は一人だけだと。

現場に現れたマックス・アダムスも残念がるのでした・・・

 
カンビジア、プノンペン。

慈善団体の活動に勤しむジーナ。

しかし、彼女の心は満たされていません。

ふと外を見ると・・・ビショップがそこにいたのでした。

彼はまた死んだふりをして、世界から消えた男になっていたのでした。

 
それに気づいたのは武器商人のマックス。

港の防犯カメラでビショップの姿を見つけると、ニヤリと笑ってその画像を削除したのです。

THE END


この映画「メカニック:ワールドミッション」はU-NEXT で無料で見る事が出来ます。
今なら、無料トライアルが31日間ですよ!