劇場版MOZUのネタバレ!あらすじやキャストとラスト最後の結末!

アクション

映画「劇場版MOZU」は、西島秀俊主演、羽住英一郎監督の2015年の日本映画です。

この映画「劇場版MOZU」ネタバレ、キャスト、あらすじ、最後ラストの結末、見どころを紹介します。

「劇場版MOZU」は、ドラマ版のシーズン1,2の続編となります。
無料で見れるサイトも紹介しますね。

 

「劇場版MOZU」キャスト・スタッフ

■ スタッフ
監督: 羽住英一郎
製作: ROBOT
脚本: 仁志光佑
撮影: 江崎朋生
音楽: 菅野祐悟

■ 主要キャスト
倉木尚武:西島秀俊
大杉良太:香川照之
明星美希:真木よう子
津城俊輔:小日向文世
吉田駒夫/ダルマ:ビートたけし
権藤剛:松坂桃李
高柳隆市:伊勢谷友介
エレナ:マーシュ彩
大杉めぐみ:杉咲花
鳴宮啓介:伊藤淳史
東和夫:長谷川博己
村西悟:阿部力
新谷和彦:池松壮亮

 

「劇場版MOZU」あらすじ

「劇場版MOZU」あらすじ

公安部エースの倉木(西島秀俊)は妻の死の真相に辿り着き気力を失い、捜査一課の大杉(香川照之)は探偵事務所を開いていた。

ある日、テロ集団による高層ビル爆破事件が起きます。
しかしこれはペナム大使館襲撃事件の囮でした。

大杉はペナム共和国前大統領第二夫人の娘で知的障害のエレナ(マーシュ彩)を保護しますがテロ集団により、リナを拉致されてしまいます。

倉木は捜査を進めるうちに、この事件には「ダルマ」が大きく関わっていることが分かり、その正体を追っていくのですが・・・

 

「劇場版MOZU」ネタバレ

「劇場版MOZU」ネタバレ

ある日、高層ビルを爆破し、占拠するテロ事件が起こります。

リーダーは権藤剛(松坂桃李)
ですが本当の目的は、ペナム共和国前大統領第二夫人の娘、エレナ(マーシュ彩)を拉致することでした。

しかしエレナの拉致は、たまたま近くにいた倉木(西島秀俊)に阻止されてしまいます。

拉致失敗の連絡を受けた権藤は、早々に引き上げていきました。

 
一方、大杉(香川照之)は、逃げ出していたエレナを偶然見つけ、保護します。

そして自分の事務所にかくまうのですが、大杉が留守中に権藤が襲撃します。

さいわいエレナは明星(真木よう子)とともに別の場所に移動していたのですが、事務所にいた大杉の娘、めぐみ(杉咲花)が人質に取られてしまいました。

 
エレナといる明星が危ないと感じた倉木は捜査を開始しようとしますが、そこに津城俊輔(小日向文世)が現れます。

津城は「私はダルマの存在を知ってしまった。お前は関わるな。私も関わらない」と・・・

倉木は「ダルマとは人なんですか、組織何ですか?」と聞きますが、津城は何も言わずに去っていきました。

その後、津城は自殺してしまうのでした。

 
エレナは鳴宮啓介(伊藤淳史)の交番にかくまわれていました。

そこに、明星の携帯から倉木へ電話が入ります。

相手は高柳隆市(伊勢谷友介)でした。

明星とめぐみを返してほしければ、エレナを連れて来い。エレナの父親が会いたがっていると・・・

実は津城は彼らに殺されてしまったのでした。

 
ペナム共和国では地元の人身販売組織にエレナを奪われてしまいます。

追う倉木達・・・

人身販売組織のリーダーは、エレナの首筋にあるマークに気が付き事の重大さに気が付きます。
が時すでに遅し。

高柳が現れ「私たちの子供に手を出した」として殺されてしまうのでした。

追いついた倉木は高柳の口から
「君の娘の髪の毛から甘いアップルの臭いがしたよ」と言います。

なぜ、他の人間が知るはずのない事を高柳は知っているのか・・・?
ボスの名前は吉田駒夫であることもわかりました。

高柳はまた会おう。と言って去っていきました。

スポンサーリンク

 
エレナを取り戻した倉木は大杉と二手に分かれます。

大杉はエレナと倉木はひとりで行動します。

倉木はわざと街中で発砲して警察に逮捕されました。

連行中に襲われ倉木は拉致されます。

連れていかれたその先には、村西(阿部力)がいました。
彼は裏切り者だったのです。

 
大杉はエレナを連れて待ち合わせ場所へ向かいました。

そこには権藤とめぐみがいました。

人質交換をしますが・・・そのあとで撃たれそうになります。

が、大杉は保険をかけていました。

エレナの体に爆弾を仕掛けていたのです。

「無事に帰らせないと爆弾のスイッチを押すぞ」

 
一方、倉木は車で連行中に村西に拷問を受けていました。

その車に体当たりする一台のジープ・・・

それは東和夫(長谷川博己)でした。

東はダルマの居場所を倉木に教えます。
そして「ヤツが復活する前に殺せ。じゃなきゃ後悔することになる」と言うのでした。

 
大杉は大ピンチになっていました。
アイスピックで権藤に刺され、今まさにめぐみが・・・

その時助けに来たのが新谷和彦(池松壮亮)でした。

権藤を倒した新谷は去っていきました。

 
ダルマの居場所にたどり着いた倉木。

ついにダルマ(ビートたけし)に会います。

高柳は仲間になれと。
そうすれば、倉木の娘と妻が死んでしまったわけを教えようと・・・

倉木は敵の銃を奪いダルマを撃とうとしましたが、その銃にはタマが入っていませんでした。

取り押さえられる倉木でしたがなんとか逃げ切るのでした。

 
倉木も大杉も明星も日本に帰っていました。

倉木はサミットの警備を任せられることになっていました。

ある日、ペナム共和国大使館が爆破されてしまいます。

ショックを受ける面々でしたが、実は明星は倉木の監視役をしろと高柳に脅迫されていました。

妹家族のために、明星はそれを引き受けています。

スポンサーリンク

 

「劇場版MOZU」ラスト最後の結末

「劇場版MOZU」ラスト最後の結末

最終対決。
高柳が真実を語ります。

倉木の妻は国家の重要事項を握っていました。
そしてダルマの組織の一員・・・

絶対服従させるために組織は倉木の娘を殺したのでした。

高柳に銃を向ける倉木でしたが、高柳の投げたナイフで形勢が逆転してしまいます。

そこに現れたダルマ。

完全に復活していました。

 
倉木が高柳を倒したものの、ヘリがやってきてダルマはそれで去っていきます。

しかし、そのヘリのパイロットは東だったのです。

翌日、ヘリの墜落と身元不明の遺体のニュースが流れました。

 
とあるレストラン・・・

明星と大杉がいます。
倉木は遅れているようです。

大杉は「あのヘリにダルマが乗り込んだのは間違いないのか?」と明星に聞きます。

「倉木は東と手を組んでダルマを殺したと思うか?」

明星はわかりません。と答えます。

なかなか現れない倉木に、どちらが電話をかけるか口喧嘩になります。

ラストシーン。
誰かからの電話が・・・「倉木だ」でTHE ENDです。

 
この「劇場版MOZU」を始めU-NEXTでは、MOZUシリーズ全作を無料で見ることができます。
31日間無料体験期間内であれば一切お金はかかりません。

 

タイトルとURLをコピーしました