「西の魔女が死んだ」ネタバレ!あらすじや最後結末と見所!

映画「西の魔女が死んだ」は、サチ・パーカー主演、長崎俊一監督の2008年の日本映画です。
原作は梨木香歩の同名小説です。

そんな、映画「西の魔女が死んだ」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。

■ スタッフ
監督: 長崎俊一
製作: 柘植靖司谷島正之他
製作総指揮:豊島雅郎
脚本: 矢沢由美、長崎俊一
撮影: 渡部眞
音楽: トベタ・バジュン

■ 主要キャスト
おばあちゃん:サチ・パーカー
まい:高橋真悠
ママ:りょう
パパ:大森南朋
ゲンジ:木村祐一
郵便屋さん:高橋克実

スポンサーリンク

「西の魔女が死んだ」あらすじ

「西の魔女が死んだ」あらすじ

心が疲れてしまって学校に行けなくなってしまったまい(高橋真悠)は、山で一人暮らししているおばあちゃん(サチ・パーカー)の家に行く事になりました。

小さい頃から、大好き、と伝えると、I knowと答えてくれる優しいおばあちゃん(サチ・パーカー)。
濃い緑に囲まれた一軒家で始まる二人の時間は優しく、そして様々な思春期の揺らぎを見せながら流れていきます。

これは、魔女の血を引くおばあちゃんと、魔女修行に励む孫娘の夏の一ヶ月をおさめた優しいお話です。

「西の魔女が死んだ」ネタバレ、最後のラスト結末は?

「西の魔女が死んだ」ネタバレ、最後のラスト結末

助手席に乗っているまい(高橋真悠)にママ(りょう)が言いました。
魔女が倒れた、もうだめみたい、と・・・。

それを聞いて顔を覆ってしまうまい(高橋真悠)。
彼女は二年前のことを突然思い出します。

学校に行けなくなっておばあちゃん(サチ・パーカー)と一緒に暮らした一ヶ月あまりのことを・・・。


中学に入って一ヶ月にもならなかった当時、まい(高橋真悠)はママ(りょう)に、学校へはもう行かない、と宣言します。

あそこは私に苦痛を与える場所でしかない、と話す娘を穏やかに認め、実家へ預ける事にしたママ(りょう)ですが内心は動揺していたようです。

夜、電話しているママ(りょう)は、眠れないまい(高橋真悠)が聞いているとは思いもしないで、昔から扱いにくくて感受性の強い子だから・・・とボヤくように話しています。
・・・扱いにくい子・・・と呟くまい(高橋真悠)は、そっと膝を抱えるのでした。

ママ(りょう)の赤い車は山道を走っています。
綺麗に舗装された道から細い山道に入り、吠え立てる犬を飼う家を少し過ぎたところがおばあちゃん(サチ・パーカー)の家。

出迎えてくれたおばあちゃん(サチ・パーカー)はいつもと同じ優しい笑顔で迎えてくれました。

三人でお茶をしながら、心地いい風を感じていたまい(高橋真悠)ですが、やはり頭から離れないのは、扱いにくい子、という言葉。

しかし彼女がサンルームに向かったとき、ダイニングにいるおばあちゃん(サチ・パーカー)はママ(りょう)に言ってくれました。

まいのような子が生まれてきてくれた事を本当に感謝している、と―――。


まい(高橋真悠)は、荷物を取りに車に向かったとき、おばあちゃん(サチ・パーカー)以外の山の住人に初めて会います。

その男は窓に手をかけ、ママ(りょう)の車の中を凝視している不審な姿で現れたのです。

急なことに驚き、固まるまい(高橋真悠)。

険しい顔をした男が振り返った時なんとか挨拶するも、男はそれを無視して、どこのもんじゃ!と怒鳴るようにして聞いてきます。

そしてまい(高橋真悠)がここにしばらく居ることを知ると、ええ身分じゃな!と吐き捨てるように言って去っていったのでした。

男の名前はげんじ(木村祐一)。

彼は小道の入口の、あの犬を飼っている家に住んでいます。
時々庭おばあちゃん(サチ・パーカー)は庭仕事を頼んでいるようです。


おばあちゃん(サチ・パーカー)に来た翌日まい(高橋真悠)は素敵な場所を見付けました。
裏山へ向かったまい(高橋真悠)の目の前に広がったのは、赤く色付いた沢山の野いちごです。

草木を超えてポッカリと広がった気持ちのいい空間に、まい(高橋真悠)は何故か学校での自分を思い出します。

笑いさざめくクラスメイトの中、たった一人で座って給食を前に俯いている自分を・・・。

エスケープ、とりあえずエスケープだ!と寝転がって空を見上げるまい(高橋真悠)。

そこへバケツを二つ持ったおばあちゃん(サチ・パーカー)がやってきました。
この野いちごを沢山摘んでジャムにするのです。

この野いちごの畑はおじいちゃんからのプレゼントでした。
おじいちゃんが亡くなった翌年の誕生日に、ここは野いちごの絨毯になったからです。

野いちごのジャムが大好きだったおじいちゃんは、一度もおばあちゃん(サチ・パーカー)の誕生日を忘れたことがありませんでした。

嬉しくって嬉しくって、ここにうずくまって泣きました、と話すおばあちゃん(サチ・パーカー)。
二人はとても愛し合っていたのです。

スポンサーリンク

その夜、床に寝そべって植物の絵を描くまい(高橋真悠)と、縫い物をしているおばあちゃん(サチ・パーカー)。
静かな時間が二人のあいだを流れています。

するとおばあちゃん(サチ・オアーカー)が突然、魔女を知っていますか?と聞いてきました。
おばあちゃん(サチ・パーカー)の祖母は魔女だったというのです。

不思議な力を持っていたという祖先の話に、ウチはそういう家系なの?と興味津々のまい(高橋真悠)は、自分にはそんな力なんてない・・・と肩を落としますが、おばあちゃん(サチ・パーカー)は、どうでしょうね、といつも含みを持たせた笑顔で優しくまい(高橋真悠)を見詰めるのでした。


山の暮らしはまい(高橋真悠)に合っているようです。
彼女は野いちごの丘からの途中に、お気に入りの場所を見付けました。

道を反れた場所にある日だまりです。
美しい鳥たちの鳴き声が響き渡る穏やかな場所で、切り株に腰掛け空を見上げるまい(高橋真悠)。

ここが大好きだ。
そう心から感じたまい(高橋真悠)ですが、心を占めているのは魔女の血の事。
私にも魔女の血が流れてるんだろうか・・・?

夜になって、まい(高橋真悠)はおばあちゃん(サチ・パーカー)に魔女修行を願い出ました。

魔法や奇跡を起こすには精神力が必要だと解きながら、ますおばあちゃん(サチ・パーカー)がまい(高橋真悠)に指示したのは一日のスケジュールを作ることでした。

魔女にとって一番大切なのは意志の力、自分で決める力、そして自分で決めた事をやり遂げる力・・・。

朝は七時に起きて午前中は家事、午後は勉強や読書、就寝は夜の十一時とスケジュールを書いた紙を貼るまい(高橋真悠)。

そんな彼女をおばあちゃん(サチ・パーカー)は、本人以上に信じてくれたのでした。


こうして魔女修行が始まりました。
朝は鶏小屋から卵を取ってくることから一日が始まります。

朝食後は皿洗いに放棄を使っての掃除、それからミミズにびっくりしながらの畑仕事をこなして午後は机に向かってお勉強。

魔女修行はまい(高橋真悠)と思っていたものとは随分違いましたが、新鮮な面白さを彼女に与えてくれたのでした。

しかし、初めて会った時以来げんじ(木村祐一)の事は苦手なままです。

彼の家近くのゴミ収集場所へゴミ出しに出掛ければそこにはむき出しの青年雑誌が何冊も捨てられているし、なぜこんな男が自分の生活に入り込んでくるのか、と怒りで心を塗り潰すのです。


そんなまい(高橋真悠)の毒気を抜いてくれたのもおばあちゃん(サチ・パーカー)でした。
走って帰ってきた彼女に足踏みの洗濯を頼んだのです。

二人で大きく広げて干すシーツ。
ラベンダーの上に広がる真っ白なシーツを見ていると、嫌な事がどこかに飛んでしまったような気がしたのでした。

畑の薬だと言いながらミントティーとセージティーを作るおばあちゃん(サチ・パーカー)は、まい(高橋真悠)にも好きな場所に畑を作って良いと言ってくました。
そこですぐに浮かんだのはあの日だまりです。

おばあちゃん(サチ・パーカー)はその場所を、マイ・サンクチュアリ、と呼んでまい(高橋真悠)の場所だと認めてくれたのでした。


ある朝のこと、いつものように卵を取りに行ったまい(高橋真悠)は、そこで変わり果てた鶏たちを見付けてしまいました。
小屋の金網は破られ何者かの抜けた毛が絡みついています。

鶏たちは全て襲われて餌とされてしまったのです。
悲鳴をあげて蹲ったまい(高橋真悠)を飛んできたおばあちゃん(サチ・パーカー)は庇うように抱え込んでくれました。

以前にも同じうようなことがあったと語るおばあちゃん(サチ・パーカー)は、小屋の後片付けをげんじさん(木村祐一)に頼みます。

落ち込んでマイ・サンクチュアリに向かったまい(高橋真悠)。
すると突然空を雲が覆い始め、あたりは急に真っ暗になってしまいました。

風も吹き始め、慌てて帰ろうとしますがいつもとは違う山に道を見失ってしまいます。

雨まで降り始め、ずぶ濡れ状態のまい(高橋真悠)を見つけてくれたのは、たまたま近くを通りかかった郵便屋さん(高橋克実)でした。


その夜は、おばあちゃん(サチ・パーカー)と布団を並べて寝るまい(高橋真悠)。
彼女はおばあちゃん(サチ・パーカー)に、人は死んだらどうなるのか?と質問します。

おばあちゃん(サチ・パーカー)は、死んだことがないから分からない、と答えながらもまい(高橋真悠)がその答えに苦しみを抱えていることを知ると、自分の布団に引き寄せ抱きしめてくれました。

辛かったね、との言葉に泣き出してしまった孫におばあちゃん(サチ・パーカー)は自分が信じていることを話してくれます。

人は死んだら魂が体から自由になるのだ、と。
けれども死んでしまう事で今自分が考えていることが消えてしまうのが一番怖いまい(高橋真悠)は、魂が私なの?と聞くのです。

魂が自分なのなら苦しむためにある身体なんかいらない、と言い出した彼女におばあちゃん(サチ・パーカー)は、でもね、魂は身体があるから楽しいことがたくさん経験できて成長できるんです、と答えます。

そして自分が死んだ時には、魂が体から離れた事を知らせてあげますよ、と約束してくれたのでした。


おばあちゃん(サチ・パーカー)が約束してくれたことで気持ちを落ち着けたまい(高橋真悠)でしたが、すぐにまた心を波立たせる事になります。

小屋の仕舞いの支払いを頼まれてげんじ(木村祐一)の家を訪ねたまい(高橋真悠)が、初めて会った時と同じように不躾な物言いをする彼に嫌な思いをさせられ、帰ろうとした時でした。

げんじ(木村祐一)の飼う犬の抜け毛に気がついたのです。
脳裏に浮かんだのは鶏五夜に落ちていたあの抜け毛・・・。

慌てて帰ったまい(高橋真悠)はすぐさまおばあちゃん(サチ・パーカー)に訴えます。

しかしおばあちゃん(サチ・パーカー)は、見ていたわけじゃないでしょ、と穏やかに諭そうとするのです。

直感を大事にする事は大切だが、直感にとりつかれてはいけない、と話すおばあちゃん(サチ・パーカー)の言葉にはまい(高橋真悠)も反駁できません。

あまり上等じゃない魔女は自分の妄想に取り付かれて自滅していった、といつになく強い口調で諭すおばあちゃん(サチ・パーカー)は、まい(高橋真悠)の心が疑惑や憎悪でいっぱいになっている事をちゃんと認識させたいのでした。

夜、部屋で一人空の星を見ているまい(高橋真悠)をおばあちゃん(サチ・パーカー)が訪ねてきました。
焼いたばかりのクッキーとお茶を持って・・・。

ダメだな・・・と落ち込むまい(高橋真悠)ですが、おばあちゃん(サチ・パーカー)はそんな事ない、と優しく告げてくれます。

ここが大好きだ、というまい(高橋真悠)におばあちゃん(サチ・パーカー)は、ずっといても良いんですよ、と言ってくれたのでした。


そんなある日、パパ(大森南朋)がやってきました。
仕事で単身赴任しているパパ(大森南朋)は、そろそろ家族三人で暮らさないか?と言いに来たのです。

引越しとなるとまい(高橋真悠)もまた転校することになります。
急な話に戸惑うまい(高橋真悠)ですが、これからの事も考えなくてはいけません。

そんなまい(高橋真悠)には不思議なことがありました。
それは、パパ(大森南朋)もママ(りょう)もそしておばあちゃん(サチ・パーカー)も、誰も彼女が学校に行かなくなった理由を聞かなかったこと。

みんなまい(高橋真悠)のことを信頼しているからでしょう、と微笑むおばあちゃん(サチ・パーカー)は、まい(高橋真悠)が行かないというからには理由がありと思っている、と言ってくれました。

そこで、自分が学校に行かないと決めた理由を話し始めたまい(高橋真悠)。

女子特有の付き合いに心を疲弊させた彼女の話を、おばあちゃん(サチ・パーカー)は優しく静かに聞いてくれたのでした。

こうして自分の中の澱を吐き出したまい(高橋真悠)は決心しました。
引越し転校することを・・・。

スポンサーリンク

翌朝それを聞いたパパ(大森南朋)は安堵したように胸を撫で下ろし、そして喜びを爆発させます。
自分で学校を選びたい、と言うまい(高橋真悠)の言葉を大喜びで聞いているパパ(大森南朋)の後ろで一瞬動きを止めるおばあちゃん(サチ・パーカー)。

それでも何も言わず、まい(高橋真悠)の答えを受け止めるのでした。

まい(高橋真悠)がここで暮らすのも残り二~三日。
引っ越してしまうと、もうおばあちゃんの家にはなかなか来られなくなります。

そんな思いを噛み締めるようにしてマイ・サンクチュアリに向かったまい(高橋真悠)ですが、そこでげんじ(木村祐一)に会ってしまいました。

庭に使う土掘っとんじゃ、とニヤニヤ笑いながら話すげんじ(木村祐一)に、まい(高橋真悠)は無言で立ち去ります。

彼女にとってサンクチュアリへの侵入は決して許せるものでは無かったのです。


敷地への勝手な侵入を許していたらあの土地は全部取られてしまう!と、帰るなりおばあちゃん(サチ・パーカー)に訴えます。

しかしおばあちゃん(サチ・パーカー)は、挨拶もせずに帰ってきたまい(高橋真悠)の態度こそ問題だ、と彼女を落ち着かせようとしました。

それでも今回ばかりは自分の感情が抑えられないまい(高橋真悠)。
あんな汚らしいやつ、死んじゃえばいいのに!!と叫んだのです。

その言葉に思わず平手打ちしてしまったおばあちゃん(サチ・パーカー)。

この日以来、まい(高橋真悠)は一言もおばあちゃん(サチ・パーカー)と話す事なくサヨナラの日を迎えてしまいました。

そのまま、まい(高橋真悠)は迎えの車に乗り込みます。

あんなに大好きだったおばあちゃん(サチ・パーカー)に何も言わないままに・・・。
そんな彼女をおばあちゃん(サチ・パーカー)はずっと一人佇んで見送るのでした。


そして二年が経ったのです。
今では毎日学校へ通っているまい(高橋真悠)ですが、あれからおばあちゃん(サチ・パーカー)には一度も会っていません。

あんな別れ方でおばあちゃんを一人残してくるんじゃなかった、と今なら素直に思える事も、当時の自分には分からなかった・・・。

それでもおばあちゃん(サチ・パーカー)はきっといつものように迎えてくれる!そう願い続けてやっと辿りついたおばあちゃん(サチ・パーカー)の家から出てきたのは郵便屋さん(高橋克実)でした。

村の人に知らせてきます、そう言葉少なに行ってしまった郵便屋さん(高橋克実)と擦れ違い駆け込んだ家にはげんじ(木村祐一)がいます。

母は?と勢い込んで聞くママ(りょう)に黙って奥の部屋を指差すげんじ(木村祐一)。

駆け込んだその部屋で、おばあちゃん(サチ・パーカー)は顔に白い布をかけて横になっていました。

間に合わなかった・・・。


泣き叫ぶママ(りょう)の声と押し寄せる後悔を抱えて俯くまい(高橋真悠)に、外から声をかけてきたのはげんじ(木村祐一)です。

ここのじいさんにもばあさんにも良くして貰った、と言う彼の姿は二年前の汚らしい男ではなく、拠り所を無くした小さな子供のようにも見えました。

そんなげんじ(木村祐一)が目を止めたのは、サンルームの中でよく育っていたキュウリ草です。
それはまい(高橋真悠)がここで大切に育てていた植物。

久しぶりに水をやろうとかがみこんだ時でした。
曇った窓ガラスに文字が残されていたのです。「ニシノマジョカラ ヒガシノマジョヘ オバアチャンノ タマシイ ダッシュツ ダイセイコウ」この言葉に涙を浮かべ唇を震わせるまい(高橋真悠)。

おばあちゃん(サチ・パーカー)は覚えてたんだ、あの約束・・・。

空を見上げるまい(高橋真悠)はやっと言うのです。
おばあちゃん!大好き!と・・・。
キッチン~I knowと聞こえた気がしました。

「西の魔女が死んだ」見所ポイント!

「西の魔女が死んだ」見所

ずっと見たいと思っていた作品。
とても静かな物語なんだけど、生きていく上で大切にしたいことが、優しく散りばめられていて何度も見返したくなる映画でした。

生きていくということは、困難にぶつかる事の連続だと思います。
そんな時、自分の決定は自分で決めるべきだけど、この映画に背中を押して欲しいと、そんなふうに感じました。

この映画は、自分自身だけでなく自分の子供が悩んだとき、そして悩む子供に胸を痛めた時など、人生の躓いた時には繰り返し見られるよう、手元にだいじに置いておきたくります。

今作で初めて知った女優さんですが、おばあちゃん役のサチ・パーカーさんがとても綺麗で優しく柔らかくて最高です。是非、ご覧下さい。

この「西の魔女が死んだ」はU-NEXTで見れます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加