映画「信長協奏曲」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と無料動画!

ヒューマン/コメディ

映画「信長協奏曲(コンツェルト)」は小栗旬主演、松山博昭監督の2016年の日本映画です。

この映画「信長協奏曲」のネタバレ、あらすじやラスト最後の結末、見どころを紹介します。

「信長協奏曲」の動画を無料で見れるサイトも紹介します。

 

映画「信長協奏曲」キャスト・スタッフ

■ スタッフ
監督: 松山博昭
脚本: 西田征史 他
制作: 稲葉直人 他
製作総指揮: 臼井裕詞
音楽: ☆Taku Takahashi
撮影: 江原祥二 他

■ 主要キャスト
サブロー / 織田信長: 小栗旬
織田信長 / 明智光秀: 小栗旬(二役)
帰蝶: 柴咲コウ
池田恒興: 向井理
羽柴秀吉: 山田孝之
前田利家: 藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)
市: 水原希子
徳川家康: 濱田岳
松永弾正久秀: 古田新太
柴田勝家: 高嶋政宏
沢彦: でんでん
蜂須賀小六: 勝矢
丹羽長秀: 阪田マサノブ
佐々成政: 阿部進之介

 

映画「信長協奏曲」あらすじ

「信長協奏曲」あらすじ

テレビドラマ「信長協奏曲」の完結編という形の映画です。

タイムスリップして戦国時代に来てしまった高校生のサブロー(小栗旬)
サブローが織田信長にそっくりだったことから、織田信長として天下統一を目指します。

史実を知らぬまま信長として生きてきたサブローでしたが、歴史の教科書を手にして信長が本能寺の変で死ぬことを知ってしまいます。

サブローはどうするのか?
サブロー=信長の運命やいかに!?

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。この間、お金はかかりません。

 

映画「信長協奏曲」ネタバレ

「信長協奏曲」ネタバレ

歴史音痴な高校生のサブロー(小栗旬)は、突然戦国時代にタイムスリップしてしまいます。

そこで、自分と瓜二つの織田信長(小栗旬)と出会い、体の弱かった信長はサブローに「自分の代わりになってくれないかと」提案するのです。

時代劇の撮影かと勘違いしたサブローはそれを引き受けてしまい、戦国の世で生きることになってしまいます。

 
織田信長として天下統一を目指し、戦の無い未来を作ろうと決心したサブローでしたが、信長に恨みを持っている羽柴秀吉(山田孝之)が、信長への復讐を狙い織田家に潜り込みます。
秀吉は、信長の初陣の戦で家族を亡くしていました。

次第に力をつけていくサブローでしたが、ある日、本物の信長が帰ってくるのです。

信長は名を明智光秀に変えサブローを支える決心をします。
しかし、光秀が知っている織田家はそこには存在せず、家臣たちは同じ顔のサブローを主として慕い団結していたのです。

更に、妻の帰蝶(柴崎コウ)までもがサブローを愛し始めていることを知った光秀はサブローに激しい嫉妬を抱くことに。

スポンサーリンク

 
ある日、秀吉はサブローと光秀が同じ顔をしていることに気付き、本当の信長は光秀だと確信します。
また、帰蝶と池田恒興(向井理)もサブローと光秀の秘密を知ってしまい…。

それでもサブローへの思いと忠誠心を変えない妻と家臣に、光秀の嫉妬の炎は燃え上がり、秀吉の策略にはまってしまうのです。

 
安土城ではサブローの肖像画を描くため家臣が集まって画家にあれやこれやと注文をつけています。
出来上がった肖像画はサブローとは似ても似つかぬ画で…。

宴の席で酔っぱらった柴田勝家(高嶋政宏)は、「この広い日ノ本にその名を轟かせるとは」と泣きながらサブローに絡みます。

そんな勝家を見たサブローは「日本はそんなに広くないから」と地球儀を見せて日本がどこにあって、どのくらいの大きさなのかを家臣たちに説明するのです。

がやがやと騒がしい中、顔が晴れないものが二人。
サブローに嫉妬する光秀と、復讐を誓った秀吉です。

 
そこへ松永弾正久秀(古田新太)がサブローを訪ねてきます。
松永もサブローと同じく現代からタイムスリップしてきた人物。

サブローは松永から信長がもうすぐ死ぬという事を知らされ…。

しかしサブローは、自分が未来からやって来たから、歴史は変わっているはずだと、それを信じようとしません。

松永は、歴史の教科書を見せ、サブローが今まで戦ってきた戦がすべて教科書に載っていると言うのです。
サブローが知らずに行ってきた事全てが歴史通りだったと。

歴史が何も変わらないなら、信長の死も歴史通りだという松永の言葉にショックを受けるサブロー。

 
一方、本物の信長・光秀は沢彦(でんでん)から、光秀が闇に葬った竹中半兵衛は病死として世に公表すると報告を受けます。
そして、そろそろ全てを取り戻したらどうかと言われ…。

落ち込むサブローの元に森長可(北村匠海)から石山本願寺が挙兵し、雑賀衆や上杉謙信などが手を組み、織田家を狙って戦を仕掛けてくると報告が入ります。
サブローは東西から狙われる事を考え、秀吉の助言もあり本願寺討伐を光秀に任せるのです。

秀吉は、光秀を呼び出し「時は満ちましたな」と言いこの機会に偽物を闇に葬れと光秀に伝えます。

秀吉は、この騒ぎで安土城は手薄になるため、一度出陣したと見せかけて安土城へ戻り奴を討つのですと助言するのです。
秀吉は、サブローを討った光秀を逆賊で捕える計画を立てていました。

スポンサーリンク

 
ある日の昼下がり、帰蝶は妹の市(水原希子)に指輪をしていない事を指摘され、まだ祝言をあげていないからと話します。

市はサブローに祝言をあげるよう伝えますが、自分が死ぬことを知っているサブローは「これから戦が始まるからそれどころではない」と断わるのです。

サブローは帰蝶を呼び出し、徳川家康(濱田岳)のところへ避難してくれと話します。
今までそんなことを言われたことが無かった帰蝶は疑問を感じ、「この城を離れる気はない」と断るのです。

するとサブローは自分が死ぬと言うことを帰蝶に伝え、「未来から来た」と本当の事を話しはじめます。

 
未来から持ってきたものを帰蝶に見せ、未来から来たから信長が死ぬことを知っていると話し、「もうすぐ死ぬのに祝言は挙げられない、帰蝶を悲しませるだけだ。俺に出来るのは帰蝶を危ない目に合わせないようにする事だけだ。」と伝えるのです。

しかし帰蝶は、「信長が死ぬなんてバカバカしい」と言って部屋から出て行ってしまいます。

 
その頃、サブローを討とうと計画していた光秀に危機が。
一万八千もの兵が光秀の陣を狙っているというのです。

秀吉と光秀の計画を知って松永が本願寺に密告していたのでした。

サブローは家臣たちからの反対を押し切り、少ない軍勢で光秀の元へ向かう事を決心します。

砦が陥落したとの知らせを聞いた光秀は「これまでか」と諦めますが、そこにサブロー達の兵三千がやってくるとの知らせが。
勝ち目のない戦いでも光秀を守るため、サブロー自らが先陣を切ったと聞き光秀の陣もサブロー達の元へ駆けつけます。

他の家臣たちも集まり、勝利を収めた織田陣営。

サブローを闇に葬ろうと考えていた光秀でしたが、命がけで自分を守りに来てくれたサブローに忠誠を誓うのです。

城へ戻ったサブローは帰蝶に「生きることを諦めない。運命と闘うから俺と結婚して欲しい。」とプロポーズします。

秀吉は松永によって計画が失敗になった事を知り、爆弾によって松永を闇に葬るのでした。

 
サブローは家臣たちに、本能寺で帰蝶と祝言を挙げると報告します。

先に出発するサブローに恒興は「帰蝶様は殿が生きて行こうと思われた事を心より嬉しく思っているでしょう」と伝えるのでした。

恒興は戦に出る前のサブローと帰蝶の会話を聞いていたのです。

スポンサーリンク

 
サブローが出発した後、帰蝶がサブローが未来から持ってきたスマホを片付けていると帰蝶を訪ねてきた佐々成政(阿部進之介)が、その手に持っている物と同じものを見たことがあると言います。

佐々成政から、大阪で捕えられているカッパが「タイムスリップ」と不思議な言葉を発していたと聞き帰蝶は急いで大阪行きの準備をします。

帰蝶の行先を聞いた秀吉は、帰蝶を家臣に見張らせて光秀に本能寺で信長を討てと話します。

光秀はもう信長の座には戻らないと断りますが、断るなら帰蝶、妹、家臣、皆を殺すと脅されてしまうのです。

 
帰蝶は大阪で捕えられているカッパに会い、サブローと同じスマホを発見します。

どこから来たと問うと、“磯ノ浦ビーチ”から来たと答えるカッパ。

「未来からタイムスリップ」してきたと言うカッパに「織田信長を知っているか」と聞くと日本の歴史が好きだと言うカッパは信長も知っていると答えます。
信長がどうやって死ぬのかと聞くと「明智光秀に本能寺で殺される」と答えるのです。

 
一方、サブローは本能寺で結婚式の準備をしていました。
そこへ帰蝶が大阪に寄ったため遅れるという知らせが入ります。

帰蝶を人質に取られてしまった光秀は、自分が本当の信長でサブローは影武者だと正体を皆に明し、本能寺の変を起こすのです。

本能寺には矢で火が放たれ攻め込まれてしまい…。
サブローも矢で狙われ肩を撃たれ重傷を負ってしまいます。

そこに現れた光秀にサブローは「何でこんなことするんだ」と言いますが、光秀は秀吉がサブローを狙っている事、帰蝶が人質に取られたことを話します。

帰蝶を心配するサブローでしたが、光秀の家臣が無事保護していました。

そして、光秀は「織田信長として皆から愛されるお前に嫉妬していた。お前のような太陽に憧れたのだ。しかし、その器のない自分はお前に信長の名を託すことが天命なのだ。」と話し、「逃げろ。生きて信長としての天命を果たせ。」といってサブローを逃がすのでした。

 
サブローが無事逃げたあと、光秀の元に秀吉がやってきます。

光秀は秀吉に「この命を持って全て終わらせてくれないか。」と頭を下げ「あの男を殺してはならぬ!日ノ本にとって必要な男だ!」と続けますが、秀吉は「そんなことどうでも良い。貴様が命がけで守ろうとしたものを奪えれば良い。あの日おまえがしたように。」と言って光秀を斬るのです。

秀吉は光秀を討ったのち、信長を討ったのは信長と同じ顔をしている光秀だと言いサブローを光秀とし逆賊で捕えようとします。

帰蝶は光秀の軍に保護されていましたが、秀吉の軍に攻め入られてしまい…。

 
捕えられそうになった所をサブローに助けられますが、サブローは、秀吉の言った事を皆が信じ光秀だと思われているため、身を隠すしかない状況になってしまったのです。

「歴史は何も変わらない。未来はやっぱり変えられない。」と悲観するサブローに、帰蝶は「夜が明ける前に逃げてどこか静かな所で暮らそう。」と話します。
しかし、サブローは信長としての天命を全うするため、少ない軍勢で秀吉の元へ向かう決心をするのです。

帰蝶には告げずに向かうつもりでしたが、目を覚ました帰蝶が追いかけてきてしまい…。

スポンサーリンク

 

映画「信長協奏曲」ラスト最後の結末

「信長協奏曲」ラスト最後の結末

帰蝶に別れの挨拶をするサブローに、帰蝶は「一緒に生きようと約束したではないか。」と怒ります。

サブローは「ごめん。たとえ歴史が変わらなくても、この思いは未来に繋がるから。」と答えるのです。

そんなサブローに対し帰蝶は「分かった。おぬしがそう決めたなら送り出すのが妻の務めじゃ。」と言って送り出すのでした。

サブローが秀吉と闘っているその頃、サブローと帰蝶を探しに来た恒興が帰蝶に指輪を渡します。
「この指輪は、二人がずっと夫婦だという証だと殿が申しておりました。」と恒興はサブローの思いを帰蝶に伝えるのです。

帰蝶は涙を流しながらサブローの思いを受け取るのでした。

 
サブローは捕えられ、秀吉の前に連れて行かれます。

そして「復讐なんか意味ないよ。憎しみからは憎しみがうまれるだけ。猿くんはミッチー殺して幸せになれたか?復讐なんか空しいだけだ。だからもう止めよう。誰かを傷つけたり、恨んだりしなくてもいい世の中をつくろう。猿くんみたいに大切な人を亡くしたり傷ついたりしなくてすむような、そんな世の中を。」と秀吉に伝えるのです。

秀吉が「そんな世は来ぬ」と言うとサブローは「俺が無理なら猿君に任せるよ。平和な時代はいつか必ず来る。争いの無い、笑って暮らせる時代が。」と秀吉と残された皆に未来を託します。

秀吉は何も言わずサブローの首を刎ねました。

 
サブローが目を覚ますと現代に戻っていて、戦国時代にタイムスリップした時と同じ場所にいたのです。

それからサブローの元にウィリアム(カッパ)から手紙が届きます。

その手紙には、自分もサブローと同じく戦国時代にタイムスリップした事、帰蝶に世話になった事、首を斬られたサブローの遺体が忽然と消えたため未来に帰ったのだろうと帰蝶が話していた事、ウィリアムが未来に帰ったらこれをサブローに見せて欲しいと託された事が書かれていました。

手紙にはSDカードが添えられていて、そこにはサブローに向けて話す帰蝶の姿が映っていたのです。

 
帰蝶は「おぬしが居なくなってから良い事も悲しい事も色々あった。時代が流れ様々なことが変わってしまったけど、おぬしの残した思いは変わらなかった。おぬしがいなくなってから皆が必死で戦い秀吉が天下を治め、家康殿が後を継ぎ戦のない世は訪れた。平和を願うおぬしの思いは確かに未来へ繋がった。おぬしの思いは歴史を作り、おぬしの願いは確かに皆に届いた。だから今があるのだ。」と話します。

そしてサブローから貰った指輪を触り「たとえ時代は離れても、この指輪があれば、わらわとおぬしは繋がっている。わらわと皆と同じ時代を過ごしてくれてありがとう。」と笑顔で話すのでした。

そんな帰蝶の姿を見たサブローは「ありがとう帰蝶。」と言って涙を流し、また最初から帰蝶からのビデオレターを見るのです。

そしてタイムスリップした場所に向かったサブローは、家臣たちの声を思い出しながら思いを馳せるのでした。

スポンサーリンク

 

映画「信長協奏曲」見どころ

「信長協奏曲」見どころ

石井あゆみさんの人気歴史漫画が、2014年にドラマ化され、その続編が劇場版となっています。

もしも織田信長がこうだったら…というパラレルワールドを描いている作品で、コミカルとシリアスが絶妙なバランスで盛り込まれているのです。

 
戦国時代が舞台なので、戦のシーンが沢山ありますが、めちゃくちゃカッコよくて迫力があります!
サブローや光秀が、秀吉と対峙するシーンは鬼気迫るものがあって手に汗握る展開です。

対して、サブローと家臣たちのワイワイガヤガヤとしたシーンは微笑ましく、クスッと笑えてしまうシーンが盛りだくさん!
シリアスなストーリーの中癒しになっているのです。

 
また、サブローと帰蝶のシーンには胸キュンが詰まっています。
友達のような言い合いや、素直に気持ちを話せない帰蝶がとってもキュート!
中々本当の気持ちが言い合えなかった二人の最後はとても泣けます!

号泣です!!
帰蝶からのビデオレターはハンカチ無しでは見られません!

ドラマを全部見返してから映画を見ると更に良さが分かると思うので、ドラマと合わせての視聴もオススメです。

この「信長協奏曲」はU-NEXT で無料で見る事が出来ます。
31日間無料体験できますので、その期間中にいろいろな作品を見る事ができます。
期間内の解約であればお金は一切かかりません。
タイトルとURLをコピーしました