「パーフェクト・ワールド」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

ヒューマン

映画「パーフェクト・ワールド」は、ケビン・コスナー主演、クリント・イーストウッド監督の1993年の映画です。

この映画「パーフェクト・ワールド」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころを紹介します。

これで「パーフェクト・ワールド」のすべてがわかります。

 

「パーフェクト・ワールド」キャスト・スタッフ

■ スタッフ
監督: クリント・イーストウッド
脚本: ジョン・リー・ハンコック
制作: マーク・ジョンソン
製作総指揮: バリー・レヴィンソン
音楽: レニー・ニーハウス
撮影: ジャック・N・グリーン

■ 主要キャスト
ブッチ・ヘインズ: ケビン・コスナー
レッド・ガーネット: クリント・イーストウッド
フィリップ・ペリー: T・J・ローサー
サリー・ガーバー: ローラ・ダーン
テリー・ピュー: キース・ザラバッカ
トム・アドラー: レオ・バーメスター
グラディス・ペリー: ジェニファー・グリフィン

 

「パーフェクト・ワールド」あらすじ

「パーフェクト・ワールド」あらすじ

ブッチ(ケビン・コスナー)は同じ囚人のテリー(キース・ザラバッカ)と刑務所を脱走し、押し入った家で少年・フィリップ(T・J・ローサー)を人質に逃亡します。

追いかける州警察署長のレッド(クリント・イーストウッド)は、ブッチを刑務所送りにした人物でした。

逃亡中、どこか境遇の似ているブッチとフィリップは次第に心を通わせていくのですが・・・

イーストウッドが監督・出演、K・コスナーと初顔合わせとなったヒューマンドラマです。

この「パーフェクト・ワールド」を動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「パーフェクト・ワールド」ネタバレ

「パーフェクト・ワールド」ネタバレ

エホバの証人の信者の親に育てられたフィリップ・ペリー(T・J・ローサー)。
キリスト教の友達が開くパーティには参加できず、近所の子供たちが楽しむハロウィンもフィリップたちには関係のない行事でした。

その頃、真夜中の刑務所から脱獄に成功したブッチ・ヘインズ(ケビン・コスナー)とテリー・ピュー(キース・ザワバッカ)。
盗み出した車で逃走を図る二人は、好みの車に乗り換えようと近くの家から車を盗む計画を立てます。

ある民家に侵入したテリー。
そこはフィリップの家でした。

 
テリーはフィリップの母親を銃で脅し、乱暴を働こうとします。
そこへ騒音を聞きつけてフィリップが起きてくると、テリーはフィリップに暴力をふるうのです。

テリーが中々戻らない事を不審におもったブッチが様子を見にくると、テリーがフィリップを殴っているところでした。

ブッチはテリーを殴りつけ、テリーが落とした銃をフィリップに拾わせます。
そしてフィリップに「俺を狙え。そして手を挙げろと言うんだ」と告げると、フィリップは恐怖で震えながらブッチに銃を向け「手を挙げろ。」と言うのです。

そこへ騒ぎを聞きつけた近所の住人がフィリップの家にやって来たため、ブッチとテリーはフィリップを人質に取り逃走を図ります。

スポンサーリンク

 
テキサス州警察の署長レッド・ガーネット(クリント・イーストウッド)はブッチとテリーの脱獄犯を捕える任務を任されます。
そこへ州知事からの指示で派遣された犯罪学者のサリー・ガーバー(ローラ・ダーン)がやってきます。

脱獄犯の性格分析をしてから逮捕するべきだと主張するサリーに呆れたレッドは「これはただの脱獄事件じゃないんだ。のんびり性格分析などしている時間はない」と言い捜査に向かうのです。

レッドたちと共にFBIの捜査員も同行します。
それだけでもレッドにとってはうっとうしいのに、沢山の資料を抱えたサリーも同行することにうんざりしてしまいます。

 
一方、逃走を続けるブッチたちは食料を確保するため雑貨屋に立ち寄ります。
ブッチはフィリップに銃を持たせ、後部座席に座るテリーを見張らせるのです。

車の中で暴力を振るわれそうになり草むらに逃げたフィリップを追いかけるテリー。
そこへ買い物が終わったブッチが戻り、車に二人がいない事に気付きます。

いつも自分より弱い者に暴力を振るおうとするテリーに腹を立てたブッチはテリーを射殺し、フィリップと二人で再び逃走を続けるのです。

 
ブッチが立ち寄った雑貨屋の主人から通報を受けたレッド。
そこから80キロ先まで検問を張るよう指示をします。

その話を聞いていたサリーは、「何もかも正反対の二人は必ず別れて逃走するわ。」とレッドに告げるのです。

彼らが別れて逃走した場合の経路も考えた方がいいとアドバイスするサリーにレッドは「奴らの考えはもっと単純だ。一人を殺し一人を連れて逃げる。」と言い相手にしません。

傲慢な態度を崩さないレッドに異議を唱えるサリーでしたが、相手にされず真剣に話し合う事をやめるのでした。

 
雑貨店に到着したレッドたちは、畑の中で死んでいるテリーを発見します。
予想通りの展開にレッドは「残ってる奴が分かった」と呟くのでした。

ブッチとフィリップは共に過ごすことで少しずつ打ち解けていきます。

ブッチはフィリップに「この車はタイムマシンだ。前が未来、後ろが過去、早く未来に生きたければアクセルを踏めばいいし、ゆっくり進みたい時はブレーキを踏めばいいんだ。」と話します。

フォード・セダンを見つけたブッチはフィリップに「先住民ごっこを知ってるか?あのフォードの中を覗いてキーが差してあるか見てこい」と言い車を探らせます。

フィリップが、車のキーが差しっぱなしになっていることを確認すると、ブッチはその車に乗り込みます。

しかし、近くで作業をしていた車の持ち主に気付かれてしまうのです。

スポンサーリンク

 
急いで車を発進させたブッチは、外で用を足していたフィリップに「早く車に乗れ!」と言い窓からフィリップを飛び乗らせアクセルを踏みます。

そんなことをしているうちに持ち主の男性に追いつかれてしまいます。

ブッチは窓にしがみつく男性を銃で撃とうとしますが、フィリップがその男性の腕を噛み振りほどくことに成功するのです。

 
ブッチを追うレッドたちはブッチたちが乗り捨てた車のトランクを調べると、刑務所所員の男性の遺体が見つかります。

ブッチはフィリップのズボンを買うため、ある店に立ち寄ります。
店の店員は二人を親子だと疑わず笑顔で接客するのです。

ブッチはフィリップをバズと呼び、店員にフィリップのズボンを用意してくれと頼みます。

その時外では、巡回していた地元の保安官が、ブッチが乗っている盗難車を見つけ署に通報をしていました。
ブッチが店を出ると既にパトカーに店が包囲されていたのです。

ブッチはパトカーに車で体当たりしパトカーが動かないようにします。

 
まだ店にいたフィリップは服の中にお化けのコスチュームを隠し外の様子を伺います。

店員からは「万引きは犯罪よ!」と怒られますが、ブッチに「乗るか?」と言われコスチュームを持ったまま車へと乗り込むのです。

ブッチはフィリップが万引きしたコスチュームを見て「着てみろよ。」と言いますが、罪悪感のあるフィリップは「しからない?」と怯えます。

そんな様子を見たブッチは「盗みは犯罪だ。だが何かが必要で金が無い時は借りるってことにする。変則ルールだ。」とフィリップに話すのです。

 
レッドたちがブッチたちの逃走経路について話し合う中、サリーはブッチのプロファイリングをレッドたちに聞かせます。
ブッチを演じながらブッチの生い立ちを話すサリー。

ブッチは売春宿で育ち、8歳の頃初めて殺人を犯しました。
殺されたのがならず者だったため表ざたにならなかったブッチが犯した犯罪。

母親はブッチが12歳の時に自ら命を絶ってしまいました。

母親の死後、仮釈放中の父親に育てられたブッチはフォードを盗み警察に捕まってしまいます。

判決は懲役4年を言い渡され、テキサス一厳しい少年院へ送られたことをきっかけに本物のワルになってしまったのです。

サリーはブッチがどこへ向かっているかではなく、何故そこへ向かっているかが鍵なのだとレッドたちに告げます。

スポンサーリンク

 
お化けのコスチュームと仮面を着けたフィリップ。
ブッチはフィリップに地図の見方を教えながら楽しく運転をしています。

その時すれ違ったトレーラー。
それはレッドたちが乗っている車でした。

すれ違いざまにお化けの仮装をした子供が乗っていたのを見たサリーはブッチたちだと判断するのです。

猛スピードで追いかけてくるトレーラーに気付いたブッチは道から外れ草むらを運転します。

スピードに耐えられなくてオーバーヒートしてしまったトレーラーはコントロールを失い林に突っ込んでしまうのです。

 
レッドたちをかわして逃走することに成功したブッチは工事途中で放置された道で途方に暮れていました。

来た道を戻るか先へ行くか迷っていた時、ブッチはアラスカの風景が映された絵葉書を取り出しフィリップに見せます。

ブッチはまず食料を確保するため近くにある民家へと向かうのです。
ブッチは仮装しているフィリップに一日遅れのハロウィンをさせて食料を調達しようと考えました。

しかし、信仰のため厳格な母親にハロウィンを禁止されていたフィリップは一度もハロウィンを経験したことがありません。

そんなフィリップに「おれはお前のおふくろではなくお前に頼んでる。やりたいんだろ?」と言い民家へと向かいます。

さっそく民家のドアを叩くフィリップでしたが、その家の婦人からは「ハロウィンは昨日で終わってしまったの。」と断られてしまいます。

しかし、脇に忍ばせた銃をブッチが婦人に見せると食料と少しのお金をフィリップにに持たせてくれたのでした。

 
アラスカを目指して動き出したブッチたちでしたが、警察の検問があることに気付きます。
その時、フィリップを残してきた車が動き出してしまうのです。

ブッチは「ブレーキを踏め!」と叫びますがフィリップはアクセルを踏んでしまいます。
車が暴走する先にはキャンプを楽しんでいる家族の車が…。

間一髪、その車を避けて止まることができたフィリップを乗せた車。

ブッチはその家族に、車のブレーキが壊れているみたいだから同乗させてもらえないかと頼みます。

無事検問を突破したブッチは、車に乗せてくれた家族を銃で脅し車を奪って逃走を続けるのです。

スポンサーリンク

 
ブッチはローラーコースターを体験したことが無いと言うフィリップを車の上に固定し、ローラーコースターを疑似体験させてあげるのでした。

その夜はトウモロコシ畑の中に車を乗り入れ車で眠ることにしたブッチとフィリップ。

フィリップは「家に帰りたい」とブッチに話します。
ブッチが「店で残るかと聞いただろ?なぜ着いてきたんだ?」と言うと「万引きしたから監獄に入って地獄に落ちる。」と話すフィリップ。

ブッチはそんなフィリップに「すぐに家に帰れる。約束するよ。」と話すのでした。

 
ブッチはフィリップに「今までしたかったのに我慢してきたことをリストにしろ。」と言いやりたいことをメモに書かせます。

それから少し眠りについたブッチたちの元に農夫がやってきます。
親切なその男性は自分の家のベッドを貸すからそこで寝るといいと言ってブッチたちを家に招きます。

 
一方、ブッチを追うレッドは、代わりの車が来るまでサリーとブッチについて話しています。

ブッチを少年院送りにしたのはレッドでした。

父親の元に帰したらブッチは更生できないと考えて少年院に送りましたが、それが裏目に出てしまったのです。

レッドは今でもその選択を後悔していました。

 
農夫の家族と朝食を囲み、その家の子供と遊んだりしながら穏やかな時間を過ごすブッチとフィリップでしたが、聞き分けのない子供に暴力をふるう農夫を見て腹を立て「なぜ子供を殴る?」と言い銃で脅します。

フィリップにロープを持って来いと指示し、そのロープで農夫を縛り上げるブッチ。
ブッチはフィリップに「車で待つか見ているか自分で決めろ」と言い再び農夫に銃を向けます。

神に祈りをささげる夫人と子供の口にテープを貼って黙らせると、農夫の口もテープで塞ぐブッチ。
その一部始終を泣きながら見ていたフィリップは、ブッチが置いた銃を手に取ります。

そしてブッチの行動を止めようとブッチに向けて銃を放つのです。

怖くなったフィリップは外の井戸に銃を投げ入れ車のキーを奪ってブッチの元から逃げ出します。

 
フィリップに脇腹を撃たれたブッチは、小型のナイフをテーブルに置き「世話になった礼を言うよ。」と告げ農夫の家を後にします。

フィリップの後を追ったブッチは先を走って逃げるフィリップに「おれは二人しか殺していない。母親を殴った奴とお前に手を出した奴。良く話し合おう。それから出発しよう。お前が運転してもいい。リストの一番上が消せるだろう。」と言ってフィリップのもとへと歩いて行きます。

木の上に逃げたフィリップはブッチが話す言葉をじっと聞くのです。

撃たれたところから大量の血を流すブッチは絵葉書に書かれた父親からの手紙をフィリップに聞かせます。

その場に倒れ込んでしまったブッチの側に降りていくフィリップ。
ブッチは「初めて撃たれた。誰かに撃たれるならお前で良かった。そう考えるといい気分だ。」と告げるのです。

スポンサーリンク

 

「パーフェクト・ワールド」ラスト最後の結末

「パーフェクト・ワールド」ラスト最後の結末

そこへ、通報を聞きつけたパトカーがやってきます。
レッドとサリーもその場に合流し、メガホンでブッチに声を掛けます。

「子供を放してゆっくり話そう。」と交渉するレッドにブッチは「あんたらが引き下がってくれたら国境で子供を返す、でなければ子供の頭を撃ち抜く。」と言い抵抗します。

銃を構えブッチを射殺する準備を始めるFBI。
現場にはヘリでフィリップの母親がやって来て再びブッチとの交渉がはじまります。

ブッチはハロウィンのキャンディーと引き換えにフィリップを返すとレッドに伝えるのです。

レッドは保安官たちからキャンディーやガムをかき集めブッチの要望に応えます。

 
ブッチは更にフィリップの書いたリストを見ながら、フィリップを祭りに連れて行くこと、綿菓子を買ってやることを母親に約束させるのです。
母親がそれに答えると、フィリップにお金を持たせゆっくりむこうへ歩いていけと伝えます。

そして「お菓子おくれ!と言うんだ。」と言いフィリップを解放しました。

母親やレッドたちの元へと歩き出したフィリップでしたが、ブッチの事が気になりブッチの元へ駆け出してしまいます。

ブッチが撃たれると心配したフィリップは泣きながらブッチに抱きつくのでした。

そんなフィリップを見たブッチはフィリップと手を繋ぎながらレッドたちの元へと歩き出します。

 
レッドは合図するまでは撃つなと告げ、自分の銃を置いてブッチの元へと歩み寄ります。

ブッチは「銃は相棒が捨てちまった」とレッドに言い、フィリップと話しをさせてくれと交渉するのです。

ジーパンのポッケから絵葉書を出しフィリップに渡そうとしたブッチでしたが、それを銃だと勘違いしたFBIの捜査員がレッドやサリーの制止を聞かずブッチを撃ってしまいます。

フィリップは泣きながらブッチを起こし抱きつきます。

駆けつけた母親にブッチから引きはがされ抱きしめられますが、ブッチの手から絵葉書を受け取り、何度も「ブッチ!」と叫びながら母親に連れられて行くのでした。

 
レッドは合図も無しにブッチを撃った捜査員を思い切り殴ります。
サリーもその捜査員を蹴り上げるのでした。

母親とヘリコプターに乗ったフィリップは、お化けの仮面とフィリップに渡したお金が散らばる草むらに倒れるブッチの亡きがらを、涙を流しながら見つめるのです。

スポンサーリンク

 

「パーフェクト・ワールド」見どころ

「パーフェクト・ワールド」見どころ

脱獄犯と、人質の子供が心を通わせながら旅をするロードムービー。

ケビン・コスナー演じる脱獄犯ブッチと、不幸にも人質に取られてしまったT・J・ローサー演じるフィリップ。
この二人のやり取りがとてもほっこりと温かみがあるのが印象的でした。

 
多くの罪を犯してきたブッチですが、フィリップにはとても優しく父親のように接するのです。

信仰のせいで子供らしい自由を奪われてきたフィリップを思い、逃走中にも関わらず色々な経験をさせてあげる姿にホロっときてしまいます。

 
また、フィリップがとっても可愛い!

静かで口数はあまり多くないのですが、ブッチに心を開くようになってからの笑顔が何とも言えない可愛さです!

また、この作品の監督でもあるレッド役のクリント・イーストウッドの渋い演技も良かったです。

ブッチとレッドの関係や、ブッチの生い立ちなど、切ないストーリーも盛り込まれているので、飽きずに最後まで見ることができます。
最後は切ない別れになっていますが、どこか温かさの残る作品でした。

この「パーフェクト・ワールド」はU-NEXT で無料で見れます。
さらに31日間無料体験できますので、思う存分色々な作品を見ても、期間内に解約すれば一切お金はかかりません。
タイトルとURLをコピーしました