「プレステージ」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

「プレステージ」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!ミステリー/サスペンス

映画「プレステージ」は、ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール主演、クリストファー・ノーラン監督の2006年の映画です。

この映画「プレステージ」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころを紹介します。
これで「プレステージ」のすべてがわかります。

 

「プレステージ」キャスト・スタッフ

■ スタッフ
監督: クリストファー・ノーラン
脚本: ジョナサン・ノーラン他
制作: エマ・トーマス他
製作総指揮: クリス・J・ボール
音楽: デヴィッド・ジュリアン
撮影: ウォーリー・フィスター

■ 主要キャスト
ロバート・アンジャー: ヒュー・ジャックマン
アルフレッド・ボーデン: クリスチャン・ベール
ハリー・カッター: マイケル・ケイン
オリヴィア: スカーレット・ヨハンソン
ニコラ・テスラ: デヴィッド・ボウイ
ジュリア・マッカロー: パイパー・ペラーボ
サラ: レベッカ・ホール
ミルトン: リッキー・ジェイ

 

「プレステージ」あらすじ

「プレステージ」あらすじ

19世紀末のロンドン。
ふたりの天才マジシャン、アンジャー(ヒュー・ジャックマン)とボーデン(クリスチャン・ベール)は、かつて同じ師匠の下で修業を積んだ仲。
だが、アンジャーの妻の死をきっかけに互いに憎しみを募らせ、マジックを通じて激しく対立。

それはやがてある事件を引き起こす…。

ヒュー・ジャックマン&クリスチャン・ベイルの2大スターが、ライバルのマジシャン役で激突。
ふたりの熱演と息詰まる展開、巧みな語り口で、驚愕の結末まで目が離せません。

この「プレステージ」を動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「プレステージ」ネタバレ

「プレステージ」ネタバレ

19世紀末、駆け出しのマジシャンであるロバート・アンジャー(ヒュー・ジャックマン)とアルフレッド・ボーデン(クリスチャン・ベール)は同じ師匠に付き、互いにライバルとして競い合っていました。

しかし、あるマジックの助手をしていた時、ボーデンの不注意でショーに出ていたアンジャーの妻が亡くなってしまい、その事件をきっかけに二人の関係は最悪のものになっていくのです。

それからボーデンは結婚し、ファロンとタッグを組みマジシャンとして活躍していきます。

 
ある日のマジックショーで銃弾つかみのマジックを披露するボーデン。
そこへアンジャーが客としてやって来て銃弾の引き金を引く役になります。

銃弾が抜かれているはずの銃に、アンジャーがこっそり銃弾を仕込みボーデンに向けて引き金を引いたことでボーデンの指は銃に撃たれ2本なくなってしまうのです。

指を失ったボーデンはマジックを披露することができなくなってしまいます。

 
アンジャーもハリー・カッター(マイケル・ケイン)と組みマジシャンとして活躍していきます。

そこへやって来たのがボーデン。
アンジャーがやったのと同じように、マジックに細工をしてショーを失敗させたのです。

 
ボーデンは新しいマジックを考え、素晴らしい瞬間移動のショーを行います。

そのマジックを見たカッターは替え玉を使っていると言いますが、アンジャーは本物のマジックだと言い張ります。

そして、ボーデンよりも自分の方が見せ方が上手だと言いアンジャーも瞬間移動のショーをすることに。

アンジャーに似た替え玉をカッターが用意し瞬間移動のショーが行われ、観客を沸かせることに成功したアンジャー。

ロンドンで一番と言われるマジシャンになったのです。

しかし、本当のマジックをしたわけではないと考え、アシスタントのオリビア(スカーレット・ヨハンソン)をボーデンの元に送りこみます。

マジックのことしか頭にないアンジャーに嫌気がさしたオリビアはボーデンにアンジャーのマジックのタネを明かします。

ボーデンはアンジャーを陥れるため、アンジャーの替え玉に近づきショーを失敗させるのです。

スポンサーリンク

 
大勢の客の前で恥をかかされたアンジャーはスパイに送りこんだオリビアを激しく攻め立てます。

「ボーデンのマジックのタネを探せと言ったのに。」というアンジャーに「彼も替え玉を使ってるわ。舞台では使わないメガネとカツラが楽屋の奥に隠してあるの。」と答えるオリビア。

しかし、アンジャーは「それは君にそう思わせるためにわざと置いてあるんだ。あいつはそこまで徹底した男なんだ。演技しながら毎日を生きているんだ。」と言いオリビアの話を聞き入れません。

オリビアはボーデンから盗み出してきた日記をアンジャーに渡しますが、それは暗号化されていて、キーワードが無ければその暗号が解けないようになっていました。

翌朝までに返さないとオリビアが盗み出してきたことがバレてしまうため、アンジャーはボーデンの作業場をわざと荒らすのです。

 
どうしてもボーデンのマジックのタネを知りたいアンジャーはファロンを人質に取り、暗号のキーワードと引き換えにファロンを解放するとボーデンを脅します。

キーワードには“テスラ”と書かれていて、アンジャーはコロラドにいる科学者ニコラ・テスラを訪ねることに。

テスラの元を訪れたアンジャーは、最初は門前払いされましたがテスラから、物がコピーできる機械を貰います。

テスラからは“これは悲劇をもたらすだけだ。壊せ。”という忠告を受けますが、ボーデンに復讐する事だけが生きがいになっているアンジャーはその警告を無視してしまいます。

 
アンジャーはカッターを呼び戻しテスラから貰った機械を使って瞬間移動のマジックを披露し、舞台へ出演できることに。

一方、ボーデンは妻のサラ(レベッカ・ホール)と上手くいっていませんでした。
サラはボーデンが秘密だらけなことに不信感を抱いていたのです。

そして、自分を愛してくれているボーデンと、そうでないボーデンがいる事に気付きます。

今の生活に耐えられなくなってしまったサラはボーデンの作業場で自ら命を絶ってしまうのです。

 
オリビアと愛人関係にあったボーデンは、サラが亡くなって気落ちしているのではないかと心配するオリビアに「俺は今まで一度もサラを愛したことはない。」と告げます。

オリビアに「でも結婚して子供もいるのに。」と言われ「片方の僕が愛した。もう片方は違う。今君の前にいる片方は君を愛してる。本当だ。この真実が大事なんだ。」と言うボーデン。

しかし、ボーデンの言っている事が理解できないオリビアは「きっとほかの女性にも同じことを言っているのね。そんな冷たい人、人間じゃないわ。」とボーデンを突き放します。

そして「彼が戻った。誰も見たことがないマジックをするそうよ。」と言ってボーデンの前から去ってしまうのです。

スポンサーリンク

 
アンジャーは100回限定のマジックショーを開きます。

今まで誰も見たことが無い瞬間移動のショーを見せ多くの喝采を浴びるのです。

そのショーを見たボーデンはタネを暴こうとしますが、どうしても見つかりません。

タネを暴きたいボーデンは裏方を装い舞台裏へと侵入します。

そこで悲劇が起きてしまうのです。

 
舞台で瞬間移動のショーをしていたアンジャーが、ボーデンがいる舞台裏にある水槽に落ち溺死してしまうのです。

その水槽は前のステージで使った水槽で、通常ならその場にあるはずのなかった物。

変装して舞台裏に侵入していたボーデンはアンジャー殺害の容疑で死刑を求刑されてしまいます。

 
そんな時、ボーデンの元にアマチュアのマジシャンであるコールドロウ卿に雇われた弁護士が会いにやってきます。

ボーデンの瞬間移動マジックのタネを買いたいと言うものでした。

しかし、ボーデンはそれだけは売れないと弁護士を帰そうとします。

しかし、その弁護士は「娘さんの将来を考えてはいかがですか?あなたが死刑になれば娘さんは孤児になる。しかしコールドロウ卿に任せれば娘さんの将来は一生安心です。」と言われ、コールドロウ卿から預かってきたというアンジャーの日記を渡されるのです。

 
アンジャーの日記にはボーデンのマジックのタネを探すため苦悩している様子が書かれており、それを読んだボーデンは、ほくそ笑むのです。

しかしその日記の最後に、“ボーデン、君は独房で俺の日記を読んでいる事だろう。俺を殺した罪で死刑を待ちながら”と書かれているのを読んで、後日訪れてきた弁護士にアンジャーの日記は偽物だと告げるのです。

ボーデンは瞬間移動のタネを弁護士に渡します。
それは「確認(プレッジ)」と「展開(ターン)」までのパートのみで、「偉業(プレステージ)」は娘を連れて来たら渡すというボーデン。

 
娘のジェスを連れてボーデンを訪ねてきたコールドロウ卿。

ボーデンはジェスとの久しぶりの再会を喜びますが、ジェスを連れてきたコールドロウ卿は死んだはずのアンジャーだったのです。

アンジャーはボーデンに「私が勝った。」と告げます。

ボーデンは「娘を巻き込むつもりか。」とアンジャーに詰め寄りますが、「大切な人を奪われる辛さは私も知っている。君は娘を連れてはいけないだろう。私が世話をするから心配するな。」といって立ち去ろうとするアンジャー。

ボーデンは瞬間移動の「偉業」パートのタネが書かれたメモをアンジャー渡します。

しかし、アンジャーは「腕は君の方が上だった。しかし最終的には私が勝ったのだ。」と言いそのメモを破り捨てるのでした。

 
アンジャーが生きているから自分は無罪だと訴えるボーデンでしたが、訴えも空しく死刑が執行されてしまいます。

ボーデンは最後にファロンと面会し「これでお互い一人になるな。お前はあいつに構うなと言ったのにすまない。サラのことも。苦しめる気はなかった。これからの人生を存分に生きてくれ。俺たち二人分を。」と言葉を掛けるのです。

スポンサーリンク

 

「プレステージ」ラスト最後の結末

「プレステージ」ラスト最後の結末

カッターは、瞬間移動の装置を壊して欲しいと願うためにコールドロウ卿に会いに行きます。
しかし、アンジャーがいたことに驚くカッター。

アンジャーは瞬間移動の機械を二度と使わないから自分の舞台倉庫に運んでくれとカッターに頼みます。

機械を倉庫に運び入れ、一人物思いにふけるアンジャーでしたが、目の前にボーデンが現れ銃で撃たれてしまいます。

ボーデンとファロンは双子だったのです。

「君たちは双子か?」というアンジャーに「違う、どちらもボーデンでファロンだ。」と言うボーデン。

マジックも私生活も互いに入れ替わりながら過ごしていたのです。

 
銃弾つかみのマジックで指を失ったボーデンと同じになるようにファロンの指も切断し、それぞれがサラとオリビアを愛し二人で一人の人生を送っていました。

しかし何も知らないサラとオリビアは二人の元を去ってしまいました。

完璧なトリックを使って生きてきた二人にも犠牲があったのです。

 
またアンジャーの今の成功にも犠牲が伴うものでした。

瞬間移動の機械に入るたびに、自分は生きる方なのか殺される方なのか葛藤しながらショーを行ってきたのです。

しかし、それもすべてボーデンに復讐するため。

ボーデンはいつか舞台裏にやってくるだろうと見込んでショーを行っていたのです。

誰にも舞台裏に入れなかったのは毎回アンジャーが水槽に落ちて死んでしまうためでした。

 
アンジャーは息絶え、ボーデンはカッターが面倒を見てくれているジェスを引き取りに向かいます。

何でもない物を見せる「確認」、驚くべきことをしてみせる「展開」、そして消えたものを戻す「偉業」その三つのパートで成り立つマジック。

しかし、カッターは「タネは何も知らない方がいい、騙されていた方がいいのだ。」と言い瞬間移動の機械を焼き払うのでした。

スポンサーリンク

 

「プレステージ」見どころ

「プレステージ」見どころ

とても難解なストーリーで、かなり見応えがあります。

現在と過去が入り混じりながら進んでいくので、理解するのに時間がかかってしまいました。

あらゆるところに伏線が散りばめられていて、最後まで見終わった後に、あれもこれもそういう意味だったのかと分かってとってもスッキリします!

一度見終わったらも一度初めから見直すと新たな発見があって、また違うストーリーに見えてくるのがとても面白かったです。

 
また、出演者が豪華な顔ぶれなのも見どころのひとつです。

ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベールのW主演に加え、マイケル・ケインやスカーレット・ヨハンソンというめちゃくちゃ豪華なキャステイングなのです!

個人的にはデヴィッド・ボウイが嬉しかったです!
あと、捉えどころのないボーデンを演じるクリスチャン・ベールの演技に見入ってしまいました!

最後の大どんでん返しは本当にびっくりしますよ!

この「プレステージ」はU-NEXT で無料ですぐ見る事が出来ます。
今なら、無料トライアルが31日間ありますので、他の作品もたくさん見れますよ!
タイトルとURLをコピーしました