「スター・トレック」ネタバレ!あらすじとラスト最後の結末!無料動画は?

映画「スター・トレック」は、クリス・パイン主演、J・J・エイブラムス監督の2009年のアメリカ映画です。

劇場版スター・トレックシリーズの第1作目になります。

「スター・トレック」のネタバレ、キャスト、あらすじ、最後ラストの結末を紹介します。

スター・トレックシリーズを無料で見れるサイトも紹介します。

スポンサーリンク

「スター・トレック」のキャスト・スタッフ

■ スタッフ
監督: J・J・エイブラムス
製作: J・J・エイブラムス他
製作総指揮:ブライアン・バーク他
脚本: アレックス・カーツマン他
撮影:ダニエル・ミンデル
音楽:マイケル・ジアッキーノ

■ 主要キャスト
ジェームズ・T・カーク:クリス・パイン
スポック: ザカリー・クイント
クリストファー・パイク: ブルース・グリーンウッド
レナード・マッコイ: カール・アーバン
ニヨータ・ウフーラ: ゾーイ・サルダナ
モンゴメリー・スコット: サイモン・ペグ
ヒカル・スールー: ジョン・チョー

「スター・トレック」あらすじ

「スター・トレック」2009 あらすじ

スタートレックの主人公であるジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)と、彼の生涯の相棒となるスポック(ザカリー・クイント)との出会いから相棒になるまでを描いています。

敵はロミュラン人のネロ。

ネロは惑星連邦を滅亡させ、ロミュラン帝国の確立を目論んでいました。

若きカークとスポックは対立しながらもこの驚異に立ち向かっていきますが果たして・・・

「スター・トレック」ネタバレ

「スター・トレック」2009 ネタバレ

突然ジョージ・カークが勤務する宇宙艦がネロという男が指揮を取る巨大な艦からの攻撃を受けます。

ネロは交渉のため艦長を呼びました。

そして「スポック大使はどこにいる?」と聞きます。

艦長がそんな人物は知らないと答えます。

今宇宙歴何年だ?ネロの質問に答えた艦長はそのまま殺されてしまうのでした。


艦長を引き継いだジョージは指揮を取り宇宙艦を守ろうとしますが手遅れだと悟った彼は妊娠中の妻を先に逃がします。

自分は宇宙艦に残り反撃し続けますが・・・

しかし時は既に遅し、息子の産声を聞き名前をジェームズ(ジム)にしようと決め妻に愛してると伝えると、爆発により死んでしまうのでした。


アイオワ、成長したジムはバーで宇宙艦隊員のウフーラをナンパしていました。

そのせいで他の宇宙艦隊員たちとけんかになる彼でしたが、そこに宇宙艦隊のパイク艦長が現れます。

お前には父親ジョージの様な才能があるから宇宙艦隊に来ないかとリクルートされ、ジムは志願することになりました。


宇宙学校でずるをして良い成績を残すジムはコバヤシ丸というテストを受け、プログラムを勝手に変えて合格します。

しかしそれがルール違反だとスポックという人間とヴァルカン人のハーフに告発され、協議にかけられる事になります。

スポンサーリンク


ジムへの罰が言い渡される直前、宇宙艦隊の元にヴァルカン星からの緊急信号が入り、皆が出動・・・

成績が優秀にも関わらずテストの不正のせいで出動員の中に含まれず落ち込むジムを見かねた友人で医学の知識があるマッコイは機転を利かせ、彼に病気の様な状態になる注射を打ち、体調が悪いからと強引に出動船へ乗せたのでした。


こうして宇宙艦隊に乗り込むことが出来たジムは、体調が戻ると、ヴァルカン救出のミッションに参加させてくれと志願します。

彼が乗船していることで口論になりますが、その時ヴァルカンを攻撃している船からビデオ電話がかかります。

そこにはネロが写っており、パイク艦長を自分の船へ来るよう伝えてきたのでした。


パイク艦長はネロの巨大宇宙船ロミュラン艦に行く途中にジムとスールーら宇宙艦隊員を飛び下ろさせ、ネロがヴァルカンにしている巨大ドリル攻撃を止める作戦に出ます。

作戦通り巨大ドリルを止めようとしたジムらだったが間に合わず、やむを得ず瞬間移動で宇宙艦に戻ります。

だが、スポックはヴァルカンに残っている自分の両親を助ける為一人で瞬間移動をし、今にも崩れそうなヴァルカンに降り立ち生き残った母親らを非難させます。

そして瞬間移動で宇宙艦に戻りますが、スポックの母親のみ間に合わずにヴァルカンと一緒にブラックホールに飲み込まれてしまったのでした。

ショックを受けているスポックに対してウフーラはキスをする。


ロミュラン艦では拘束されたパイクからネロが宇宙艦隊の情報を聞き出そうとしていました。

同じ頃宇宙艦ではパイクが居ない今艦長となったスポックはジムと意見が合わず言い争いになっていました。

結果、スポックはジムを宇宙艦から非難艦で飛ばしてしまいます。


こうしてどこかの寒い惑星にたどり着いたジムは、巨大な生物に襲われそうになった所を未来のスポックに助けられたのでした。

未来のスポックはジムにネロがヴァルカンと連邦を攻撃している理由を説明します。

スポンサーリンク


未来にてロミュラン星が破壊されそうになった時、スポックはロミュラン星を救う為に努力するが結局救うことが出来なかったのだ。

そしてロミュラン星は滅亡してしまいます。

スポックを恨んだネロは彼を捕らえると、この寒い惑星に飛ばしたのでした。

そして自分が味わった苦しみを彼にも味合わせる為、過去に戻りヴァルカンや連邦の惑星を滅ぼす計画を実行しているのでした。


ジムにまだネロを止めることが出来ると信じた未来のスポックはこの寒い惑星に同じくいるエンジニアのスコッティと一緒にジムを宇宙艦隊に瞬間移動させる。

宇宙艦隊に戻ったジムはスポックに見つかり捕まってしまいますが、ジムはスポックに母親事を話題にしけんかを売ります。

怒りをコントロール出来なくなったスポックはジムの首を絞め殺しそうになってしまいます。

我に返ったスポックは、自分には艦長の資格が無いと思い、自ら艦長の座を降りたのでした。


そしてジムは自分を艦長に指名します。

仲たがいした二人でしたが作戦を立て、ネロの次の攻撃ターゲット、地球を救う為に一致団結し一緒にロミュラン艦へ侵入します。

「スター・トレック」ラスト最後の結末

「スター・トレック」ラスト最後の結末

その頃地球にはネロの巨大ドリルが迫っていました。

そしてネロの注意をジムが引いている隙にスポックが巨大ドリルの破壊することに成功します。

ジムはネロの元からパイプ艦長を救出し、転送で無事エンタープライズ号に帰還します。


スポックはネロから人工的に重力の特異点を発生させることができる「赤色物質」を奪い逃げます。

それを追うネロの敵艦。

スポックの作戦は、その「赤色物質」共に敵艦に突っ込むことでした。

ぶつかる寸前で転送されたスポックも無事エンタープライズ号へ。

「赤色物質」に激突した敵艦は、ブラックホールに飲まれて消えていくのでした・・・


地球に戻ったスポックは、未来の自分からジムと良い関係を築くようにと助言されます。

スポックはバルカン星再建のため艦隊を去るつもりでした。

老スポックはこう言います。
「何としても艦隊に残れ」


ジムは艦長として表彰を受けました。

そして新たな使命を受け、エンタープライズ号出発の時・・・

スポックが現れて「副長はまだいないようだな」と言うのでした。


この映画「スター・トレック」を含むスタートレックシリーズ全13作はすべてU-NEXT で無料で見る事が出来ます。
今なら、無料トライアルが31日間ですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ