「サマータイムマシン・ブルース」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

ヒューマン

映画「サマータイムマシン・ブルース」は瑛太主演、本広克行監督の2005年の日本映画です。

この映画「サマータイムマシン・ブルース」のネタバレ、あらすじやラスト最後の結末、見どころを紹介します。

今ではスターとなった俳優さん達の若き姿が初々しいです。

 

「サマータイムマシン・ブルース」キャスト・スタッフ

■ スタッフ
監督: 本広克行
脚本: 上田誠
制作: 堀部徹 他
製作総指揮: 阿部秀司
音楽: HALFBY
撮影: 川越一成

■ 主要キャスト
甲本拓馬: 瑛太
柴田春華: 上野樹里
新美優: 与座嘉秋
小泉俊介: 川岡大次郎
石松大悟: ムロツヨシ
曽我淳: 永野宗典
田村明: 本多力
伊藤唯: 真木よう子
保積光太郎: 佐々木蔵之介
用務員: 川下大洋

 

「サマータイムマシン・ブルース」あらすじ

「サマータイムマシン・ブルース」あらすじ

とある大学の「SF研究会」の部員達の前に突然タイムマシンが!

部員たちはおもしろがって、タイムトラベルで過去の世界でふざけたことばかりします。
ところが、過去を変えると今が消えてしまう可能性がある事がわかるのです。

慌てた部員たちは自分たちの「今」を消さないために、大急ぎで以前に自分たちが過去でやらかした一連の行動をリカバリーしようと奮闘するのですが・・・

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「サマータイムマシン・ブルース」ネタバレ

「サマータイムマシン・ブルース」ネタバレ

2005年8月19日、ある大学の校庭で草野球に勤しむSF研究会の部員たち。
その姿を写真に収めているのはカメラクラブの伊藤唯(真木よう子)。

決して上手くない野球ですが、SF研究会の部員は自画自賛…。
しかも人数が足りないので飼い犬ケチャを入れた3対3での勝負でした。

 
野球を終えて銭湯に向かう部員たち。

クーラーを消し忘れたため小泉俊介(川岡大次郎)が一旦部室に戻りスイッチをオフにします。

その直前、リモコンに触る謎の手が…。
その手には誰も気が付きませんでした。

 
その後、銭湯へ向かいます。
銭湯のおばさんに「あんたたち他に行くとこないの?」と言われながらも銭湯で汗を流してスッキリした部員たち。

その姿を脱衣所から除く謎の人物が…。
やはり誰も気が付きませんでした。

一方、大学ではカメラクラブのもう一人の部員柴田春華(上野樹里)が部室に戻り、部員と思われる人物に「今日撮影だったんだよね?どうしたの?」と話しかけます。

スポンサーリンク

 
銭湯を満喫する部員たちでしたが、少しずつ奇妙な事が起きます。

新見優(与座嘉秋)がいつも使っているヴィダルサスーンのシャンプーが消えてしまったのです。
誰が盗んだのかと騒ぎになりますが、結局犯人は見つからず。

 
その帰り、甲本拓馬(瑛太)と石松大悟(ムロツヨシ)は用事があるからとそれぞれ帰っていきます。

甲本は街の映画館で春華をデートに誘うため“ところで、君はUFOを見たか?”という映画のチケットを買い、石松は薬局に置いてあったペンギンの置物を盗み部室に持ち帰ります。

みんなが部室に戻ると鍵がかかっていました。

隠してあった鍵で扉を開け部室に入るといないはずの人物が…。

 
小泉は、凄いイベントが始まるからと、暗室で現像していた春華と唯を呼びに行きます。
甲本が部室に戻ると窓から校庭を覗いているSF研究会の部員とカメラクラブの部員がいました。

皆は「洗面器持ってるじゃないか!おまえやっぱり盛り上げるなー!」と歓声が起きます。
しかし甲本は訳が分からず。

曽我(永野宗典)が、甲本に「洗面器でこうすればいいんじゃないですか?」と股間を隠すようなしぐさをした時に、手に持っていたアイスのパピコの中身が飛び出し、それが石松の顔にかかり、連鎖的に後ろにいた部員達が倒れ、唯が構えていたカメラが落ち、それをキャッチしようとした春華が新見にぶつかり、新見はその反動で持っていたコーラをクーラーのリモコンにこぼしてしまいます。

そのせいでクーラーが付かなくなってしまい部室は大騒ぎ。

 
曽我はリモコンを直してもらおうと顧問の保積光太郎・通称ホセ(佐々木蔵之介)に頼みに来ます。

ホセに修理を頼んだものの、部員たちはホセには全く期待をしていませんでした。
リモコンの蓋すら開けられないんじゃないかと。

その読み通り、リモコンの蓋を開ける時点で壊してしまうホセ…。

スポンサーリンク

 
一方、甲本は、春華と二人っきりになった隙にデートに誘います。
しかし、春華は彼女に悪いから行かないと答えます。

彼女などいない甲本は訳が分かりませんでしたが、春華は、昨日みんながその事で騒いでいたと話します。
覚えのない甲本・・・

その途中で唯が戻ってきてしまって話は中途半端なままになってしまいました。

 
部員がみんな部室に戻ると、見知らぬ男が部室にいます。
その人物はしどろもどろに話し、急いで立ち去ってしまいます。

その男がいた場所には変な機械が置いてありました。
タイムマシンのような機械に、イタズラだと決めつける部員たちでしたが、曽我をタイムマシンのような機械に乗せてダイヤルをまわします。

何も起こるはずはないと思っていた部員たちでしたが、それは本当のタイムマシンだったのです。

 
部員たちの目の前で曽我がタイムマシンごと消えてしまいます。
曽我を探していると、タイムマシンと共に部室に曽我が帰ってきて、昨日に行ってきたと話すのです。

唯が持ってきた昨日の写真に、野球をしている部員を見ている曽我が写っていたのを発見します。
その証拠から、本物のタイムマシンだと興奮する部員たち。

未来に行こう、過去に行こうと盛り上がりますが、石松が昨日に戻ってリモコンが壊れるのを阻止しようと言いだし、部員一同それに賛同します。

 
新見、小泉、石松の3人がリモコンを回収するためタイムマシンで昨日に戻ることになりました。

過去の自分たちと鉢合わせしないように部室の裏にタイムマシンを移動させ過去へと出発します。

昨日に戻った3人は、リモコンがきちんと動くことを確認し喜ぶ3人。
そして部室のホワイトボードに“未来人参上”と書き込みます。

すると、昨日の部員たちが帰ってきてしまいます。

 
慌てて隠れる3人。

机の下に隠れていた石松たちは、小泉が戻ってくる前にそっとリモコンを机に戻します。

小泉が戻ってきた時にリモコンを触っていた謎の手は未来からきた石松の手だったのです。

その後、3人は好奇心で過去の自分たちを追いかけてみることにしました。

スポンサーリンク

 
その頃、今の世界には先ほどの見知らぬ男がSF研究会の部室を訪ねてきていました。

田村(本多力)と名乗るその男はSF研究会の部員で、突然現れたタイムマシンで未来からやって来たのだと言うのです。

過去の世界を案内しようと、甲本、春華、唯は田村を引き連れ街に繰り出します。

街でホセに出会った4人は、過去を変えたら未来が変わってしまうと聞きます。

タイムマシンはないと言い切るホセ。
ホセはタイムマシンを作ろうとしていたのです。

 
過去を変えたら未来のすべてが消えてしまうと聞いた4人は急いで部室に戻ります。

すると部室にはタイムマシンだけが戻ってきており、そこに“お前らも来るがいい!!ズッコケ3人組”という張り紙がしてありました。

甲本と曽我は過去に戻ってコーラがこぼれる前に戻すために奔走します。
その姿を見ていたホセはタイムマシンの存在に興奮しているのでした。

春華と唯は、昨日甲本と曽我がぎこちなかったと話します。
春華が「撮影だったんだよね?どうしたの?」と聞いていたのは過去に戻った甲本と曽我だったのです。

 
過去の春華と唯に会って焦る二人は何とかごまかそうとしますが、先に過去に来ていた小泉が春華と唯もタイムマシンで来たのだと勘違いして「あれの乗り心地はどうだった?」と騒ぎ立てます。

どうにかごまかして外に出た甲本たちは、薬局からまたペンギンの置物を盗んできた石松と遭遇します。

そして新見はヴィダルサスーンを盗んだ犯人を見つけに銭湯にいました。
銭湯を覗く謎の人物は未来の新見だったのです。

ペンギンの置物を戻し、新見を確保した甲本は部室に戻ります。

新見はヴィダルサスーンを確保して…。
ヴィダルサスーンを盗んだのは新見本人が犯人でした。

 
甲本は曽我の携帯に電話しますが繋がらず、留守電に“こっちは上手くいった。これから行く。”とメッセージを残します。

曽我がなんとか石松と小泉を説得し帰ろうとしますが、石松と小泉はファミコンのカセットや部室の色々をいじり出します。

何とか石松と小泉を未来へ戻すことに成功しますが、未来で話を聞いてきた石松と小泉は田村を引き連れて戻ってきてしまいます。

 
そこへ管理人さんが現れタイムマシンを見てしまいます。

タイムマシンを消すため、曽我を乗せダイヤルを回しますが焦って99年前にセットしてしまいます。
田村が話をそらし、校庭にある河童像のところへ連れて行き河童の由来を聞きます。

管理人さんが言うには、この土地は昔沼地で、ある日そこで溺れていたあるものがぶわーっと現れ、ぶわーっと消えたことから、河童様がいたという昔話があるというのです。

その為河童像を作って祀っているのだと。

スポンサーリンク

 
新見だけがあまり理解しないまま部室に戻りますが、リモコンが無いことに気付きます。
そこに藻を沢山つけて帰ってきた曽我。

無くなったリモコンは曽我がタイムスリップする時に握っていたのです。

99年前の沼地で溺れたという曽我は、そこでリモコンを落としてきてしまいます。

過去を変えてしまった事に悩む5人でしたが、田村がある事に気付きタイムマシンで自分のいた世界に戻ります。

 
田村は2030年の冬に戻り部室からリモコンを受け取って帰ってきます。
過去は変えてはいけないけど未来なら問題ないだろうと。

未来の部室には新しいクーラーを買ってもらえるので心配無用なのです。

早く帰ろうと焦る部員たちでしたが、過去の部員たちが帰ってきてしまって皆まとめてタイムマシンに乗り込みます。
すると甲本だけはじき出されて帰れませんでした。

 
過去の部員たちに遭遇してしまった甲本は、何故私服に着替えているのかと質問攻めにあいます。

小泉に、女と会うんだろと囃し立てられ、違うと否定する甲本に曽我は、留守電に入っていた“こっちは上手く行った。これから行く。”というメッセージは彼女に掛けたはずが間違えて自分に入れたんだろうと話します。

未来から来た曽我に入れたはずのメッセージは過去の曽我に届いていたのです。

 
否定して時間が経ってしまうのを恐れた甲本は「女と会う」と認めます。

罰ゲームで裸踊りをしろという部員たち、過去で春華たちを呼んで凄いイベントがると言ったのはこのことで、春華はこのせいで甲本に彼女がいると勘違いしてしまったのです。

窓の外に彼女がいると嘘をついた甲本は、みんなが外に集中している隙に部室のロッカーに隠れます。
そして過去の甲本が部室に戻ってきてリモコンが壊れる事件へと繋がるのです。

スポンサーリンク

 

「サマータイムマシン・ブルース」ラスト最後の結末

「サマータイムマシン・ブルース」ラスト最後の結末

昨日の世界から戻る事の出来なかった甲本はロッカーで時間が過ぎるのを待っていたのでした。

何とか過去を変えずに済みましたが、相変わらずクーラーは使えないまま。
そんな時、ずっと土を掘っていたケチャがラップがぐるぐる巻かれたリモコンを掘り出してきます。

曽我が沼地で落としたリモコンです。

曽我が過去に戻った時にリモコンが壊れないようにラップでぐるぐるに巻いていたのです。
そのおかげで使えるリモコンが掘りかえされました。

 
部員たちはホセにこれは過去を変えることにはならないのかと尋ねますが、壊れる前のリモコンは沼地で時を過ごし、壊れたリモコンは未来から持ってきたリモコンなので、過去を変えておらず見事コンプリートされたのでした。

一件落着し盛り上がる部員たちの横でタイムマシンを真剣に調べるホセ。
田村は部室の屋上から未来へと帰っていき、日常が戻る部員たち。

田村が帰った後、ホセがタイムマシンを作ると宣言します。

 
その後、石松が校庭の河童像が曽我だと気づきます。
管理人が言っていた沼で溺れていた河童は99年前にタイムスリップした曽我でした。

甲本と唯が部室に戻ると、田村が持っていたカメラが置き忘れていました。
それは春華が使っている物と同じカメラだったのです。

そこに田村が未来からカメラを取りに帰ってきます。
このカメラは母親が昔使っていた物だから失くすと怒られると言って田村はまた未来へ帰っていきます。

 
田村って春華の未来の子供だよねと話す唯と甲本。

甲本は春華の結婚相手の名字が自分の名字ではないと気づきショックを受けます。
そしていつものように騒ぐメンバーに「名字って変えられないのかな?」と尋ねるのでした。

スポンサーリンク

 

「サマータイムマシン・ブルース」見どころ

「サマータイムマシン・ブルース」見どころ

劇団ヨーロッパ企画の戯曲として公演された作品の映画化です!
タイムトラベルを軸にしたSF青春コメディ。

テンポの速いストーリー展開が見ていてワクワクして、ついついハマってしまう内容です。
あれ?あれ?あれ?と思うシーンが、実はこうだったと分かるとスッキリして爽快な気分になれるのも見どころの一つです。

一度見た後にもう一度見直すと、最初見た時とはまた違った見方が出来るのでオススメです!!

 
そして、出演キャストがかなり豪華!

瑛太さん、上野樹里さん、真木よう子さん、佐々木蔵之介さん、ムロツヨシさんと今や主役級の俳優さんばかりが共演しているのです。

ムロツヨシさんはこの作品がスクリーンデビュー作なのです。
ベテラン人気俳優たちの初々しい姿が見られるのも楽しいですよね!

 
年齢問わず楽しめる作品なので、親子での鑑賞にもオススメです!

この「サマータイムマシン・ブルース」はU-NEXT で無料で見れます。
さらに31日間無料体験できますので、思う存分色々な作品を見ても、期間内に解約すれば一切お金はかかりません。
タイトルとURLをコピーしました