「アンストッパブル」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と動画は?

アクション

映画「アンストッパブル」は、デンゼル・ワシントン主演、トニー・スコット監督の2010年のアメリカ映画です。

実際に起きた暴走列車事故が元になっています。

この「アンストッパブル」のネタバレ、あらすじや最後ラストの結末について紹介します。

この「アンストッパブル」を無料で見れるサイトも紹介しますね。

 

アンストッパブルのキャスト・スタッフ

■ スタッフ
監督: トニー・スコット
製作: ジュリー・ヨーン他
製作総指揮:クリス・シアッファ他
脚本: マーク・ボンバック
撮影: ベン・セレシン
音楽: ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

■ 主要キャスト
フランク・バーンズ:デンゼル・ワシントン
ウィル・コルソン:クリス・パイン
コニー・フーパー:ロザリオ・ドーソン
オスカー・ガルビン(ギャルヴィン):ケヴィン・ダン
デューイ(ドゥーイ):イーサン・サプリー
ネッド・オールダム:リュー・テンプル
スコット・ワーナー:ケヴィン・コリガン

 

アンストッパブルのあらすじ

アンストッパブルのあらすじ

ある日、人為的ミスによって貨物列車が無人走行を始めてしまいます。

やがて停止するだろうと思っていた列車は、加速し暴走してしまいます。

この列車を停めるために、新人車掌のウィル・コルソン(クリス・パイン)とベテラン機関士のフランク・バーンズ(デンゼル・ワシントン)が奮闘します。

もともと仲の悪いこのコンビ。

はたして大事故を未然に防ぐことはできるのでしょうか・・・

 

アンストッパブルのネタバレ

アンストッパブルのネタバレ

列車の運転手であるフランク・バーンズに会いに来たウィル・コルソン。

指示書を渡して一緒に仕事をするようになりますが、ウィルは家族共にスタントン出身で働いていたことからコネの入社だろうと噂されていました。

「若者を入社させてベテランをクビにし、経費を浮かせようとしてるんだ」と陰口を叩かれつつも、フランクとウィルは列車を動かしに行きます。

 
その頃、他の運転手が地上にある切り替えのポイントを車両から降りて操作。

そこから走って戻ろうとしますが間に合わずに無人列車が走っていくことに…

その列車はエアブレーキがかかっていないため遠隔で止めることができませんでしたが、単独ブレーキをかけていたからそのうち止まるはずだと思っていました。

司令部のコニーはその報告を聞いて列車が停車した時のためにポイント切り替えを行っておくよう、ネットに車を走らせて待機を命じます。

しかし、6分経っても列車は来ず…

そこでコニーは運転手に改めて電話をして確認するとスロットルは「8」にしていたと分かり急いで止める方法を模索。

ひとまず警察に電話をして踏切の封鎖を頼むのでした。

スポンサーリンク

 
運転手は車で列車に追い付き、仲間と共に車両に乗り込もうと挑戦しますが飛び乗れず…

そのため、本部はガルビン部長を中心とした対策会議を始めるのでした。

暴走列車は加速して走り続けており、39両編成の800mが毒物を乗せたのは8両分…

もし脱線させれば1億ドルの損失と株価が30~40%下がると予期されます。

 
その頃、ウィルは別の場所で20両の車両をつないでいました。

しかし、4両半を余分につないでしまったことでフランクは説教を始めます。

彼は「ミスとして処理をする」と報告をしようとしますが、ウィルはこのままではクビになると口論を始めるとそこに無線が入ります。

暴走列車と衝突する恐れがあるため側線に入るよう言われ、ウィルは引き換えすべきだと言いますがフランクは本線をそのまま進むことを決めました。

 
コニーはガルビン部長に暴走列車には燃料1万9000リットルがのっている危険性から、市街地に着く前に脱線させるべきだと主張しますが、別の案が決行されるのです。

時速114キロで暴走している列車を止めようと、ジャッド・スチュアートは暴走列車の前で2両編成の車両を走らせ、時速88キロを64キロまで落としつつ暴走列車と接触させてさらに速度を落とします。

そこに上空のヘリコプターから運転手が飛び乗ろうとしましたが失敗、走り続けていたスチュアートの列車は脱線して炎上してしまうのでした。

 
一方、フランクたちは運転していた車両をなんとか脱線しない程度に速度を維持しつつ、別の線路に入って正面衝突を逃れます。

最後尾の車両はぶつかって破壊されましたが、ウィルたちは無事…

フランクはすれ違った際に暴走列車の最後尾の連結部が空いていることに気付いて追って止めようとしますが、ガルビン部長は認めませんでした。

「命令に背けばクビだ!」と怒鳴りますがフランクは既に強制早期退職の通知をもらっており、残り数日で退職…

それでも命が危ぶまれる策を実行しようとするその姿をウィルは見て自分も手伝うと言います。

同じくクビだと言われますが「残念、せっかくやりがいが出てきたのに」と笑って言うのでした。

部長との無線を切ってコニーと協力し、暴走列車との連結を決行します。

 
死の危険性からフランクは4年前に妻を亡くし、娘たちとは上手くいっていないとウィルに語り始めると、彼も妻のダーシーに電話に出てもらえないことを打ち明けるのでした。

理由はダーシーがメールで浮気をしていると思い込んで責めてしまい、その相手は彼女の姉だったのです。

その後、接近禁止命令が出て、さらに延長もしてしまったばかりでした。

スポンサーリンク

 

アンストッパブルのラスト最後の結末

アンストッパブルのラスト最後の結末

そう語り合っていると暴走列車に追い付いたため、ウィルがそのためのピンを降ろしに行きますが、暴走列車の一部車両から穀物が漏れて視界は不鮮明…

そんな中でも、連結の方へ降りて手動で直した際に足を負傷。

一旦は倒れて列車から落ちそうになるものの、なんとか持ち直しました。

運転車両に戻って靴ごと足を固定テープを巻いて落ち着かせます。

 
暴走列車の速度を下げようと、アドバイスを受けて発電ブレーキかけつつ減速。

さらにフランクはウィルに「そのまま4段に設定して、ブレーキが焼けても固定しておけ」と言って、暴走列車に飛び乗ります。

そのまま各列車ごとに手動ブレーキをかけていき、順調に速度を下げましたが単独ブレーキが焼けてしまうのでした。

そして、大きなカーブに差し掛かりここで脱線すれば積まれた荷によって大爆発…

緊迫した空気に包まれる中、単独ブレーキを繰り返しかけ続けてなんとか脱線を免れます。

 
しかし、暴走列車は加速を続けて128キロに!

そこにネッドが車で追いついたことで今度はウィルがその荷台に乗って、並走している間に何とか飛び乗り運転席のブレーキをかけるのに成功するのでした。

 
この様子はテレビ中継されていて、一躍二人はヒーローに。

ウィルとフランクは家族の絆も取り戻します。

その後、フランクは解雇の件も無くなり、出世後に円満退社。

ウィルは第二子が誕生予定。

コニーは列車運行部長に昇進。

ガルビン部長は解雇されて物語が終わります。

 
この「アンストッパブル」はU-NEXT で無料で見れます!
31日間無料体験できますので、いろいろな作品を見て下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました